日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

日语阅读:長谷川町子

2006-05-31 15:14   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  TVアニメの超(ちょう)長寿番組(ちょうじゅばんぐみ)「サザエさん」の原作者(げんさくじゃ)、長谷川町子(はせがわまちこ)さんは1920年1月30日、佐賀県(さがけん)多久市(たくし)で生まれました。

  二歳のころから絵を描くことが好きだった。父。勇吉(ゆうきち)の事業開業(じぎょうかいぎょう)にともない、福岡市(ふくおかし)春吉に転居(てんきょ)しました。1932年、福岡県立福岡高等女学校(現在の福岡中央高校)に入学しました。1934年父が亡くなり、叔父を頼って東京の山脇(やまわき)高等女学校2年に編入(へんにゅう)し、このころ「のらくろ」で有名だった漫画家(まんがか)。田河水泡(たがわすいほう)に弟子(でし)入りました。デビュー作は「狸(たぬき)のお面(めん)」でした。

  「サザエさん」、「いじわる婆さん」以外の作品としては「いじわる看護婦(かんごふ)さん」、「エプロンおばさん」などがあります。

  「サザエさん」は町子さんが浜辺(はまべ)を散歩(さんぽ)していたときに着想(ちゃくそう)を得たものとされ、最初は福岡の今はなき「夕刊フクニチ」に 1946年から連載(れんさい)されていましたが、夕刊フクニチの売り上げは順調(じゅんちょう)で「サザエさん」人気も高まっていった。1949年に朝日新聞が「サザエさん」に目をつけ、朝日新聞紙上での連載が始りました。最初、夕刊(ゆうかん)でしたが1951年から朝刊(ちょうかん)に移り、そして朝刊社会面(しゃかいめん)の目玉(めだま)として全国的な人気者となっていく。1974年2月「フジ三太郎」にバトンタッチして終了しました。朝日新聞の掲載分だけでも25年間の長期連載でした。

  連載漫画を頼まれた時のことを長谷川町子はつぎのように語っている。

  「主人公はおてんば娘と、きめましたが、家族(かぞく)構成(こうせい)にまよっていました。病気(びょうき)療養中(りょうようちゅう)の妹は順調(じゅんちょう)に回復 (かいふく)して、海岸(かいがん)を散歩するまでになりました。私は毎日いっしょについて歩き、そんなわけで登場人物がみんな海産物(かいさんぶつ)になったわけです。」

  長谷川は日々のメモからネタを拾い「サザエさん」を通して戦後(せんご)の生活文化(せいかつぶんか)を描きとおした。その間、サザエさん一家も増え、夫のマスオさんとの間にタラちゃんが生まれて三世代家族の展開となっていった。

  実際の長谷川町子の家族は父親を早く失い、母、姉、妹、町子だけの女だけの家族だった。しかしながら磯野ナミヘイ、マスオ、カツオまで実によく男性の世界が観察(かんさつ)されている。

  アニメ「サザエさん」が生まれたのは、1969年10月5日、フジテレビで第1回が放送(ほうそう)されたのが始まり、現在まで30年間放映(ほうえい) され続け、そのテーマ曲はいまだにヒット。ランキングの上位(じょうい)にある、とんでもないロングセラー曲です。番組(ばんぐみ)開始(かいし)当初 (とうしょ)は「ドタバタ喜劇」の色合いが濃く、画風(がふう)も現在のものとはかなり異なっていました。

  1999年には、放送開始30周年を迎え、放送回数も1500回、話数(わすう)(1回の放送で3話)にして、4600話を超えるまでになりました。

  視聴率(しちょうりつ)は、1979年9月16日に39.4%を記録(きろく)したのを最高(さいこう)に、現在も平均25%をキープし続けています。

  人気は安定して続いていましたが、1978年4月から11月まで、朝日新聞に絵文字構成の自伝「サザエさんうちあけ話」を連載、新たなブームを作り出します。この物語(ものがたり)はNHKの朝の連続ドラマ「マー姉ちゃん」(出演:熊谷真美、藤田弓子、田中裕子)として1979年4月~9月に放映されました。

  1992年5月27日町子は死去(しきょ)。その死は三十五日の法要(四十九日だと3月にわたるため)が終わるまで伏せられていました。

  1992年7月28日、家庭漫画を通じて戦後の日本社会に潤いと安らぎを与えた功として、国民栄誉賞受賞.

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371