日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

日语阅读:耕耘部の時計

2006-05-31 15:32   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  一、午前八時五分

  農場の耕耘部(かううんぶ)の農夫室は、雪からの反射で白びかりがいっぱいでした。

  まん中の大きな釜(かま)からは湯気が盛んにたち、農夫たちはもう食事もすんで、脚絆(きゃはん)を巻いたり藁沓(わらぐつ)をはいたり、はたらきに出る支度をしてゐました。

  俄(には)かに戸があいて、赤い毛布(けっと)でこさへたシャツを着た若い血色のいゝ男がはひって来ました。

  みんなは一ぺんにそっちを見ました。

  その男は、黄いろなゴムの長靴(ながぐつ)をはいて、脚をきちんとそろへて、まっすぐに立って云(い)ひました。

  「農夫長の宮野目さんはどなたですか。」

  「おれだ。」

  かゞんで炉に靴下を乾かしてゐたせいの低い犬の毛皮を着た農夫が、腰をのばして立ちあがりました。

  「何か用かい。」

  「私は、今事務所から、こちらで働らけと云はれてやって参りました。」

  農夫長はうなづきました。

  「さうか。丁度いゝ所だった。昨夜はどこへ泊った。」

  「事務所へ泊りました。」

  「さうか。丁度よかった。この人について行って呉(く)れ。玉蜀黍(きみ)の脱穀をしてるんだ。機械は八時半から動くからな。今からすぐ行くんだ。」農夫長は隣りで脚絆を巻いてゐる顔のまっ赤な農夫を指しました。

  「承知しました。」

  みんなはそれっきり黙って仕度しました。赤シャツはみんなの仕度する間、入口にまっすぐに立って、室(へや)の中を見まはしてゐましたが、ふと室の正面にかけてある円い柱時計を見あげました。

  その盤面(ダイアル)は青じろくて、ツルツル光って、いかにも舶来の上等らしく、どこでも見たことのないやうなものでした。

  赤シャツは右腕をあげて自分の腕時計を見て何気なく低くつぶやきました。

  「あいつは十五分進んでゐるな。」それから腕時計の竜頭(りゅうづ)を引っぱって針を直さうとしました。そしたらさっきから仕度ができてめづらしさうにこの新らしい農夫の近くに立ってそのやうすを見てゐた子供の百姓が俄かにくすりと笑ひました。

  するとどう云ふわけかみんなもどっと笑ったのです。一斉にその青じろい美しい時計の盤面(ダイアル)を見あげながら。

  赤シャツはすっかりどきまぎしてしまひました。そしてきまりの悪いのを軽く足ぶみなどをしてごまかしながらみんなの仕度のできるのを待ってゐました。

  二、午前十二時

  る、る、る、る、る、る、る、る、る、る、る。

  脱穀器は小屋やそこら中の雪、それからすきとほったつめたい空気をふるはせてまはりつゞけました。

  小屋の天井にのぼった人たちは、器械の上の方からどんどん乾いた玉蜀黍(たうもろこし)をはふり込みました。

  それはたちまち器械の中で、きれいな黄色の穀粒と白い細長い芯(しん)とにわかれて、器械の両側に落ちて来るのでした。今朝来たばかりの赤シャツの農夫は、シャベルで落ちて来る穀粒をしゃくって向ふに投げ出してゐました。それはもう黄いろの小山を作ってゐたのです。二人の農夫は次から次とせはしく落ちて来る芯を集めて、小屋のうしろの汽罐室(きくゎんしつ)に運びました。

  ほこりはいっぱいに立ち、午(ひる)ちかくの日光は四つの窓から四本の青い棒になって小屋の中に落ちました。赤シャツの農夫はすっかり塵(ちり)にまみれ、しきりに汗をふきました。

  俄(には)かにピタッとたうもろこしの粒の落ちて来るのがとまりました。それからもう四粒ばかりぽろぽろっところがって来たと思ふとあとは器械ばかりまるで今までとちがった楽なやうな音をたてながらまはりつゞけました。

  「無くなったな。」赤シャツの農夫はつぶやいて、も一度シャツの袖(そで)でひたひをぬぐひ、胸をはだけて脱穀小屋の戸口に立ちました。

  「これで午だ。」天井でも叫んでゐます。

  る、る、る、る、る、る、る、る、る、る。

  器械はやっぱり凍ったはたけや牧草地の雪をふるはせてまはってゐます。

  脱穀小屋の庇(ひさし)の下に、貯蔵庫から玉蜀黍のそりを牽(ひ)いて来た二疋(ひき)の馬が、首を垂れてだまって立って居ました。

  赤シャツの農夫は馬に近よって頸(くび)を平手で叩(たた)かうとしました。

  その時、向ふの農夫室のうしろの雪の高みの上に立てられた高い柱の上の小さな鐘が、前後にゆれ出し音はカランカランカランカランとうつくしく雪を渡って来ました。今までじっと立ってゐた馬は、この時一緒に頸をあげ、いかにもきれいに歩調を踏んで、厩(うまや)の方へ歩き出し、空(から)のそりはひとりでに馬について雪を滑って行きました。赤シャツの農夫はすこしわらってそれを見送ってゐましたが、ふと思ひ出したやうに右手をあげて自分の腕時計を見ました。そして不思議さうに、「今度は合ってゐるな。」とつぶやきました。

  三、午后零時五十分

  午(ひる)の食事が済んでから、みんなは農夫室の火を囲んでしばらくやすんで居ました。炭火はチラチラ青い焔(ほのほ)を出し、窓ガラスからはうるんだ白い雲が、額もかっと痛いやうなまっ青なそらをあてなく流れて行くのが見えました。

  「お前、郷里(くに)はどこだ。」農夫長は石炭函(せきたんばこ)にこしかけて両手を火にあぶりながら今朝来た赤シャツにたづねました。

  「福島です。」

  「前はどこに居たね。」

  「六原(ろくはら)に居(を)りました。」

  「どうして向ふをやめたんだい。」

  「一ペん郷国(くに)へ帰りましてね、あすこも陰気でいやだから今度はこっちへ来たんです。」

  「さうかい。六原に居たんぢゃ馬は使へるだらうな。」

  「使へます。」

  「いつまでこっちに居る積りだい。」

  「ずっと居ますよ。」

  「さうか。」農夫長はだまってしまひました。

  一人の農夫が兵隊の古外套(ふるぐゎいたう)をぬぎながら入って来ました。

  「場長は帰ってゐるかい。」

  「まだ帰らないよ。」

  「さうか。」

  時計ががちっと鳴りました。あの蒼白(あをじろ)いつるつるの瀬戸でできてゐるらしい立派な盤面(ダイアル)の時計です。

  「さあぢき一時だ、みんな仕事に行って呉れ。」農夫長が云ひました。

  赤シャツの農夫はまたこっそりと自分の腕時計を見ました。

  たしかに腕時計は一時五分前なのにその大きな時計は一時二十分前でした。農夫長はぢき一時だと云ひ、時計もたしかにがちっと鳴り、それに針は二十分前、今朝は進んでさっきは合ひ、今度は十五分おくれてゐる、赤シャツはぼんやりダイアルを見てゐました。

  俄(には)かに誰(たれ)かがクスクス笑ひました。みんなは続いてどっと笑ひました。すっかり今朝の通りです。赤シャツの農夫はきまり悪さうに、急いで戸をあけて脱穀小屋の方へ行きました。あとではまだみんなの気のよささうな笑ひ声にまじって、「あいつは仲々気取ってるな。」

  「時計ばかり苦にしてるよ。」といふやうな声が聞えました。

  四、

  日暮れからすっかり雪になりました。

  外ではちらちらちらちら雪が降ってゐます。

  農夫室には電燈が明るく点(つ)き、火はまっ赤に熾(おこ)りました。

  赤シャツの農夫は炉のそばの土間に燕麦(オート)の稈(わら)を一束敷いて、その上に足を投げ出して座り、小さな手帳に何か書き込んでゐました。

  みんなは本部へ行ったり、停車場まで酒を呑(の)みに行ったりして、室(へや)にはたゞ四人だけでした。

  (一月十日、玉蜀黍(きみ)脱穀)と赤シャツは手帳に書きました。

  「今夜積るぞ。」

  「一尺は積るな。」

  「帝釈(たいしゃく)の湯で、熊(くま)又捕れたってな。」

  「さうか。今年は二疋目だな。」

  その時です。あの蒼白い美しい柱時計がガンガンガンガン六時を打ちました。

  藁(わら)の上の若い農夫はぎょっとしました。そして急いで自分の腕時計を調べて、それからまるで食ひ込むやうに向ふの怪しい時計を見つめました。腕時計も六時、柱時計の音も六時なのにその針は五時四十五分です。今度はおくれたのです。さっき仕事を終って帰ったときは十分進んでゐました。さあ、今だ。赤シャツの農夫はだまって針をにらみつけました。二人の炉ばたの百姓たちは、それを見て又面白さうに笑ったのです。

  さあ、その時です。いままで五時五十分を指してゐた長い針が俄(には)かに電(いなづま)のやうに飛んで、一ぺんに六時十五分の所まで来てぴたっととまりました。

  「何だ、この時計、針のねぢが緩んでるんだ。」

  赤シャツの農夫は大声で叫んで立ちあがりました。みんなもも一度わらひました。

  赤シャツの農夫は、窓ぶちにのぼって、時計の蓋(ふた)をひらき、針をがたがた動かして見てから、盤に書いてある小さな字を読みました。

  「この時計、上等だな。巴里(パリ)製だ。針がゆるんだんだ。」

  農夫は針の上のねぢをまはしました。

  「修繕したのか。汝(うな)、時計屋に居たな。」炉のそばの年老(としと)った農夫が云ひました。若い農夫は、も一度自分の腕時計に柱時計の針を合せて、安心したやうに蓋をしめ、ぴょんと土間にはね降りました。

  外では雪がこんこんこんこん降り、酒を(の)呑みに出掛けた人たちも、停車場まで行くのはやめたらうと思はれたのです。

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371