日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语文法 > 正文

日语惯用语(一)

2006-05-27 12:25   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  一 頭

  A:意味と用例

  1、 頭が上がらない=相手のほうが立場が強いという関係

  例:父のほうが母より収入が少ないので、父は母に頭がああらないようだ

  2、 頭が痛い=どうしていいか分からず、悩む

  例:もうすぐ卒業だが、まだ仕事が見つからなくて頭が痛い

  3、 頭が下がる=相手の立派な態度や行いについて尊敬したり感心させら れたりする

  例:彼女は雨の日も風の日も休まずにテニスの練習をする。あの努力には 頭が下がる思いだ

  4、 頭が固い=ひとつの考え方しか出来なくて、物事を広く考えることが 気でない。

  例:父は女の幸せは結婚して子供を生むことだけだと思っている。本当に 頭が固い。

  5、 頭が切れる=頭の回転が速い。頭がいい

  例:彼女は頭が切れるので、どんな仕事も的確に処理してしまう

  6、 頭にくる=怒り、不満などでいっぱいの気持ち

  例:彼は私の顔を見るといつも馬鹿にしたように笑う、本当に頭にくる。

  7、 頭を使う=考える。工夫する

  例:頭を使えば簡単に出来る方法があるはずだ

  二 脸

  A:意味と用例

  1、 いい顔をする=許す。いいと思う

  例:家でタバコをすうと、妻はいい顔ををしない。

  2、 顔から火が出る=とても恥ずかしい思いをして、顔が真っ赤になる

  例:みんなの前で注意され、顔から火が出る思いをした。

  3、 顔が広い=多くの人に知られていて、知り合いが多い

  例:彼は顔が広いから、頼めば結婚相手をたくさん紹介してくれるでしょ う。

  4、 顔を出す=会合などに出席。参加する

  例:明日のパーティーに、山田さんも顔を出すそうです。

  5、 泣き面に蜂=不幸なことの上に、もっと不幸なこ他が重なる。

  例:電車の中で財布を取られたので、警察に行こうと思ったら、駅の階段 から転げ落ちてしまった、今日は泣き面に蜂の一日だった。

  三 耳朵

  A:意味と用例

  1、 耳が痛い=人に自分の悪いところを言われて聞くのがつらい

  例:よく考えないから失敗するんだといわれて耳が痛かった。

  2、 耳が遠い=聞く力が弱くなって、はっきり聞こえない

  例:年をとれば誰でも耳が遠くなる。

  3、 耳にたこが出来る=何度も同じことを聞かされる

  例:子供のとき耳にたこが出来るくらい「勉強しなさい」と母に言われた .

  4、 耳を疑う=聞いたことがすぐには信じられなくて、聞き違いではない かと思う

  例:コンテストで優勝する自信がなかったから、自分の名前を呼ばれたと きには、嘘ではないかと耳を疑った。

  5、 耳を傾ける=熱心に聴く

  例:人々は彼の意見に耳を傾けた。

  四 眉毛、眼睛(1)

  A:意味と用例

  1、 眉をひそめる=心配やいやな気持ちを表情に表す

  例:テレビで動物が殺される場面を見て、眉をひそめた。

  2、 大目に見る=厳しく叱らないで寛大に扱う

  例:スピード違反で捕まったとき、大目に見てもらおうと思ったが、だめ だった。

  3、 長い目で見る=(人や物事を)今の様子で決めないで、時間を掛けて 見守る

  例:投資のためにこんな地方の土地を買うと損をするようだが、もうすぐ 大きな道路が出来て土地の価値も上がるはずだから、長い目で見れば 得だ。

  4、 目が高い=いいか悪いか、物の価値を見分ける力がある

  例:彼女は目が高いから、そんな安物を上げrと、すぐにばれるよ。

  5、 目がない=いいか悪いか、物の価値を見分ける力がない。とても好き

  例:1)父は甘いものに目がないから、私はいつもお土産に饅頭を買う。

  2)こんな偽者を高い値段で買うなんて、目がないね。

  五 眉毛、眼睛(2)

  A:意味と用例

  1、 目が回る=とても忙しい。また、相の様子

  例:今日は会社を休んだ人がたくさん居たので、目が回るほど忙しかった .

  2、 目が飛び出る=とても驚く。また、そのようす。(目玉が飛び出る)

  例:日本は目が飛び出るほど物価が高い。

  3、 目に余る=とてもひどくて見ていられない

  例:木村さんの態度は目に余るから、注意したほうがいい。

  4、 目に浮かぶ=実際その場にいないものの姿や様子が思い出されたり想 像できたりする

  例:鈴木さんから子供が生まれたと電話があった、鈴木さん夫婦が喜んで いる姿が目に浮かんでくる。

  5、 目に入る=見ようと思わなくても、見える

  例:ふと窓から外を見ると、楽しそうに遊んでいる子供たちが目に入った .

  六 眼睛(3)

  A:意味と用例

  1、 目に入れても痛くない=自分の子供や孫をとても可愛いと思う

  例:やはり自分の子は目に入れても痛くないほど可愛い。

  2、 目に見える=はっきりそうだと分かる

  例:今、鈴木さんから電話があって、山田さんの結婚が決まったと聞いた .山田さんの喜ぶようすがめに見えるようだ。

  3、 目の色を変える=(なにかを手に入れようと)一生懸命になる。怒る

  例:蝶の好きな彼は、珍しい蝶を見つけると目の色を変えて追いかけてい く。

  4、 目を疑う=実際に見たことが信じられなくて、とても驚く

  例:しばらく会わないうちに彼女があまりにも痩せてしまったので、私は 自分の目を疑った。

  5、 目を掛ける=目上の人を特別に助けたり、世話をしたりする

  例:どうして監督が実力もない彼に目を掛けるのか分からない。

  七 眼睛(4)

  A:意味と用例

  1、 目を配る=注意してあちらこちらを見る

  例:幼稚園の先生は、子供たちが怪我をしないように目を配っていなけれ ば成らない。

  2、 目を皿にする=驚いたり、物を探したりするとき、目を大きく開く。

  例:皆、目を皿にしてなぎが蝶になるところを見ていた。

  3、 目を三角にする=怒って、こわい目つきをする。目を吊り上げる。

  例:子供の言うことに本気になって目を三角にするなんて、大人のするこ とじゃない。

  4、 目を通す=書類など、書かれたものの全体を簡単に見る。

  例:テストのときは、まず問題に目を通して、簡単そうなものからはじめ たほうがいい。

  5、 目を盗む=人に見つからないようになにかをする。

  例:子供のころ、よく母の目を盗んでお菓子を食べて怒られた。

  八 眼睛(5)、鼻子

  A:意味と用例

  1、 目を引く=ほかの人の注意を向けさせる

  例:この建物は高くて真っ赤になので、とても目を引く。

  2、 目を細くする=うれしかったり、可愛いと思ったりして微笑む

  例:ウエディングドレスをいた姉を見て、母は目を細くした。

  3、 目を丸くする=驚いて、目を大きく開く

  例:山田さんは毎朝御飯を5杯も食べるといっていた、それを聞いて、皆 目を丸くした。

  4、 鼻が高い=得意な様子。自慢する様子

  例:弟の成績がクラスで一番になって、勉強を教えてやった私も鼻が高い .

  5、 鼻に掛ける=人より優れていることを得意に思い、自慢する(その態 度をよく思っていない時によく使う)

  例:林さんはきれいだが、それを花に掛けているので、皆に嫌われている .

  九  口(1)

  A:意味と用例

  1、 開いた口が下がらない=思わず口が開いてしまうほど、驚いたりあき れたりする

  例:先週もらった給料はもう全部使ってしまった何で、開いた口がふさが らない。

  2、 口が重い=あまり話さない

  例:祖父は戦争の話が始まると口が重くなる、きっといやな思いだがたく さんあるのだろう。

  3、 口が堅い=話してはいけないことは話さない様子

  例:山田さんは口が堅いから、どんなことでも安心して相談できる。

  4、 口が軽い=話してはいけないことも話してしまう

  例:「誰にも言わないで」といったのに、林さんは皆に話してしまった、 本当に口が軽い人だ。

  5、 口が滑る=言ってはいけないことを、ついうっかり言ってしまう。

  例:ごめんなさい、口が滑って……

  十  口 (2)

  A:意味と用例

  1、 口が悪い=人の気持ちを傷つけることを平気で言う

  例:山本さんは口が悪いので、一緒に話しをしていると、けんかになって しまう。

  2、 口に合う=食べ物の味がこの好みに合う

  例:私の手料理ですが、奥地に会いますかどうか。

  3、 口を酸っぱくする=同じことを何回も繰り返して言う

  例:先生は学生に、宿題を忘れないように口を酸っぱくしていった。

  4、 口をそろえる=たくさんの人が同じことを言う

  例:あの映画を見た人は皆口をそろえて面白いと言う。

  5、 口を出す=他人の話に割り込んで意見を言う

  例:これは夫婦の問題だから、母さんは口を出さないで。

  十一  牙、唇、舌

  A:意味と用例

  1、 歯を食いしばる=苦しさ、悲しさ、悔しさなどを一生懸命こらえる

  例:体が小さいからバスケットボールはやめたほうがいいといわれたが、 毎日歯を食いしばって練習して、レギュラー選手になることが出来た .

  2、 歯が立たない=自分の力ではかなわない

  例:この問題は難しすぎて、私には歯が立たない。

  3、 唇をかむ=悔しさや怒った気持ちを抑えて我慢する

  例:私の書いた作文が、悪いていとしてみんなの前で読まれて、唇をかん だことがある。

  4、 舌鼓を打つ=美味しい食べ物を食べて舌を鳴らず。舌鼓

  例:りょこうの楽しみは、今日どりょうに舌鼓を打つことだ。

  5、 舌を巻く=言葉もだないほど、驚いたり感心したりする

  例:彼女は5ヶ国語を自由に話せる。あの語学力にはしたを巻く。

  十二  鄂、喉、颈

  A:意味と用例

  1、 あごで使う=威張った態度で思い通りに人になにかをさせる

  例:部長は「タバコを買って濃い」「お茶を入れる」と、女子社員をあご で使っている。

  2、 あごを出す=とても疲れ「もう、だめだ」という様子を見せる

  例:はじめからそんなにがんばると、途中であごを出してしまうよ。

  3、 のどから手が出る=なにかがとてもほしい(のどから手が出るほどほ しい)

  例:ボーナスが出たので、のどから手が出るほどほしいと思っていたカメ ラを買った。

  4、 首にする=仕事をやめさせる。解雇する

  例:不景気のため、社員の半分を首にしなければならない。

  5、 首を長くする=「まだか、まだか」と待ってる様子。

  例:姉は面接試験を受けた会社からの通知を首を長くして待っている。

  十三  肩、腕、指

  A:意味と用例

  1、 肩をならべる=地位や力が同じくらいになる

  例:一生懸命勉強して、成績がいい人と肩を並べれるようになった。

  2、 肩を持つ=味方をする

  例:先生が特定の学生の肩を持つのはよくないことだと思う。

  3、 腕がいい=技術がとてもいい

  例:彼は料理の腕がいいので、高級レストランに就職できた。

  4、 腕が上がる=上手になる

  例:いいコーチに教えてもらったので、ゴルフの腕が上がって、優勝する ことが出来た。

  5、 指をくわえる=自分もほしい。したいと思うが、出来ないので、羨ま しく思いながら見ている様子

  例:風邪を引いて寝ている妹は、友達が元気に遊んでいるのを指を加えて みていた。

  十四  手(1)

  A:意味と用例

  1、 手が空く=一区切りついて、暇になる例:やっと手が空いたから、食事にしよう。

  2、 手がかかる=時間や労力が必要で面倒だ。世話をするのが大変だ。

  例:子供がまだ小さくて手がかかるので習い事をする暇もない。

  3、 手が足りない=働く人の数が足りない例:5人来るはずのアルバイトが二人しか来なくて、手が足りなくなった .

  4、 手が出ない=自分の力ではどうすることも出来ない例:日本語の勉強を始めたばかりなので、こんな難しい試験にはまったく 手が出ない。

  5、 手がない=方法や手段がない例:私の田舎は就職先が少ないので、都会に出て行くよりほかに手がない .

  十五  手(2)

  A:意味と用例

  1、 手が離せない=そのことばかりに熱中したり忙しかったりして、ほか のことが出来ない例:今、忙しくて手が離せないから、後にしてください。

  2、 手に汗を握る=危険な場面や緊迫した状態などを見て緊張したり興奮 したりする様子。手に汗握る例:昨日見た映画は手に汗を握る場面が多くて、面白かったけど、ちょっ と疲れたよ。

  3、 手に余る=自分の力ではどうすることも出来ない例:娘の宿題を手伝ってやったが、難しくて手に余った。

  4、 手に入れる=自分のものにする例:借金してやっとマイホームを手に入れた。

  5、 手も足も出ない=どうしょうもなくて困る。何も出来ない例:今日の試合は相手が強すぎて、手も足も出なかった。

  上一篇:  日语から・まで用法歌诀

  下一篇:  日语どうも的用法

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371