日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日本留学 > 正文

开封留学生在日本

2006-05-27 18:03   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  李 金鑫  女 河南省开封市 庆应义塾大学

  刚满22岁的李金鑫感慨地回顾来日的三年:“人生真有意思。昨天是我的生日,采访结束后,我得马上赶到新宿和朋友吃饭祝贺。”她声音爽朗地说。

  三年前,金鑫还根本没想到要来日本留学。小时侯,母亲总说:“长大了,你要到外国去学习知识,开阔眼界啊。”金鑫只想当一名医生,她报名叁加考试,却没被报考的大学录取。“既然如此,就去国外上大学吧。”当初,金鑫并没想来日本,她查阅了法国,德国,新加坡等几个国家的大学招生情况。暑假来了,金鑫的一个朋友告诉她:“我要到日本留学去。”金鑫想,既然她们去日本,那我也去日本算了。就这样金鑫才动了来日本的念头。她和小学时的三名学一起于2001年4月登上了飞往东瀛的飞机,憧憬起新的人生。

  在王立学院刻苦学习

  金鑫来日之前,单身赴北京在人大的日语班学习了半年。毕竟是初学,没记住什么东西。2001年4月来日后,通过朋友亲戚的介绍进了本乡教育学院。过了一段时间,金鑫发觉在这里学习很难考上大学,于是她开始寻找其他学校并于第二年转学到东京中央日本语学院。到了东京中央日本语学院后,金鑫又发现在这里虽然能学到“日常会话”,“国际交流”等知识,可要凭这点实力恐怕很难考上大学。她看报纸,查网,得知在鹫宫有一所培养养学生考入大学的日本语学校,叫王立学院,于是金鑫毅然决然地转到王立学院上学。

  王立学院每周只有二天上课,课程安排得很紧凑,从下午2点开始一直上到晚上10点,作业也留得很多。金鑫从5月开始在王立学院上课,直到12月叁加庆应大学考试,每天学习都很紧张。回顾当时刻苦学习的情景,她说:“长这么大,我也没这么玩命地学习过。” 金鑫上高中时学的是理科,但在日本却学习了两年文科课程,尽管她说“这很不像自己”,但最终还是改成了文科。金鑫之所以改学经济。经营专业,是因为王立学院有一位老师是庆应大学的毕业生。他向金鑫推荐考庆应义塾大学,上智大学,早稻田大学,一桥大学等大学

  金鑫来日本的头三个月往住日本语学校的宿舍里,后来在她父亲朋友的介绍下到新小岩一个日本人家庭寄舍。本来金鑫只想托人帮忙介绍个住处,谁知那家人家说: “你就住在我家吧”,金鑫感激地接受了邀请。每天她用日语进行沟通,对提高日语会话能力是一个大好的机会。寄宿人家还和金鑫商量报考大学的事,使在日本举目无亲的金鑫就像找到了自己的家一样。

  来日翌年11月,金鑫叁加了留学考试和TOEFL考试,科目有日语,数学,综合科目(地理,历史,政治)。12月迎战庆应面试,不久接到了合格通知书。金鑫回想起刻苦学习的这一年时感慨良多:“去年一年我都在拼命地学习,连自己都觉得自己了不起。”

  目标明确非常重要

  现为庆应大学一年级学生的金鑫回顾度过的几年时光,她认为正是因为自己树立起目标并为之备斗,才开拓了自己的人生。从和朋友凑热闹来日留学,在日本人家里寄宿,到一心考上大学频频转校,拼死地学习……等等仿佛恍如昨日。2003年春,金鑫回开封市探亲,妈妈高兴得掉下了眼泪。金鑫自豪地对母亲说: “妈妈,您的决定非常正确。”母亲曾不止一次地鼓励她说:“只要你努力去做自己想要做的事就好,即使没考上名牌大学也没关系……”

  金鑫说,他来日本后一直确信——“别人能做到的事,我通过努力也一定能够做到。”“留学不是一件轻松事儿,可你轻松对待,它就会变得轻松。”“没有目标就没有成功。”现在金鑫和日本学生一起上课听讲,有时感到吃力,“虽然能听懂却来不及记笔记”。但她决不气馁,力争拿满44个学分。为了愉快地度过大学生活,金鑫叁加了大学的摄影俱乐部和国际交流小组,在俱乐部里她结识了许多日本朋友,金鑫再一次感慨:“人生真是其乐无穷。”

  参考

  http://www.keio.ac.jp/index-jp.html

(<<出国与就业>> 04年2月登载

  李 金キン(慶応義塾大学)

  「人生はおもしろい」22歳になったばかりの李金キンはこの3年間を振り返りながら語った。「昨日誕生日だったの、このインタビューが終わったら新宿で友達と食事をするの。祝ってくれるのよ!」と明るい声で話してくれた。

  3年前は自分が日本に留学するとは思ってもみなかった。母はキンキンが子供のころから「いつか外国に行って、知識と体験を積んだほうがいい」と言っていたが、キンキンは医者を目指して大学受験した。自分の希望する大学に入れなかったキンキンは浪人状態になってから「外国の大学に行こうかな」と考えフランス、ドイツ、シンガポールなどの大学入学について調べていた。その時点では日本留学はまったく考えていない。夏休み、友達が「日本に留学する」という話をした。「友達が行くなら自分も行ってみようかな」と考えたのが始めて日本を意識した時だった。小学校時代からのクラスメート3人で「新しい人生を頑張ろう」と夢を語り合いながら2001年4月、同じ飛行機で日本に来た。

  キンキンは日本に来る前に半年間、北京で一人住まいして人民大学の日本語コースで勉強した。初めて勉強した日本語でありほとんど力がつかなかった。 2001年4月来日して友達の親戚が紹介してくれた本郷教育学院に入学する。しかし、そこで勉強したのでは大学入学の実力をつけるには難しいと感じたキンキンは他の学校を探し、2年目は東京中央日本語学院に移った。しかしそこも、「日常会話」「国際交流」などの知識、体験は身につくが、キンキンが目的とする大学入学の勉強には不十分に感じた。新聞、インターネットなどで調べた結果、鷺宮に王立学院という大学受験を目的にした日本語学校があるのを知ってそこにも入学した。

  王立学院は週2回しか授業がないが、午後2時から10時までみっちり授業があり宿題も多かった。5月に入学して12月の慶応義塾大学の試験まですごくきつい勉強の毎日だった。「あんなに勉強したことは今までなかった」とキンキンは振り返る。キンキンは、高校時代に理系コースで勉強していたが、日本での2年間の勉強生活で「自分には似合わない」と思い文系コースに変えた。経済?経営系にしたのは王立学院の先生が慶応経済学部大学院卒業だからだった。その先生はキンキンに慶応義塾大学、上智大学、早稲田大学、一橋大学などの受験を薦めてくれた。

  来日して最初の3カ月は日本語学校の寮に入った。その後、父の友達の紹介で新小岩にホームステイした。アパートを紹介してもらう予定が「家に住んでもいいですよ」という申し出を受け、キンキンはありがたく受けいれた。その家では日本語で会話をして、キンキンにとっては会話力上達の絶好の機会になった。大学受験のことでも相談に乗ってくれて、日本に身寄りのいないキンキンにとって頼りになる存在だ。

  来日して2年目の11月、留学試験とTOEFL試験を受けた。日本語、数学、総合科目(地理、歴史、政治の含めた科目)だ。12月には慶応義塾大学面接を受け、その後合格の通知が届いた。この1年間はハードな勉強の連続で「自分でも偉いと思うくらい昨年は頑張った」とキンキンはつい最近のことを思い出す。

  振り返ると、今、慶応義塾大学の1年生だが、目標を持って挑戦しながら自分の人生を切りひらいてきた数年だった。友達の日本留学に便乗して来日したキンキン、偶然であった日本の家庭でのホームステイ、「大学受験」に目標をあてた日本語学校探し、死ぬほど頑張った受験勉強???など。2003年春、開封市の実家に帰ったとき、母が泣いて喜んでくれた。キンキンは母に「お母さんの決断は間違っていなかったですよ」と胸を張って言った。母は幾度となく「元気にやりたいことをやればいい。名門大学に入れなくてもいいから???」と励ましてくれていたからだ。

  キンキンは来日して確信したことがある。それは「他の人ができることは自分も頑張ればできる」「留学はそんなに楽しくない。しかし、楽しいと思えば楽しくなる」「目標をたてないと成功しない。また目標は変更することも必要だ」などだ。今、日本人学生と一緒に授業を受けているが講義の聴き取りに苦しんでいる。「わかるけどノートを取れない」。しかし、44単位の授業を一生懸命受けている。キンキンは大学生活をエンジョイするために写真部とコスミック(国際交流サークル)に入った。そこでは日本人の友達がたくさんできる。キンキンは改めて思う。「人生はおもしろい」。

  李 金キン(ひとやねの下に金が三つ)、女、22歳、原籍河南省開封市。河南開封高級中学卒業.2002年本郷教育学院、2003年東京中央日本語学院、王立学院を修了し、2003年4月慶応義塾大学経済部に入学、現在1年生。

  上一篇:  留日生活早知道

  下一篇:  日本留学总论

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371