日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

日语阅读:剣道

2006-05-31 15:27   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  剣道

  剣道(けんどう)とは防具(ぼうぐ)をつけた二人の競技者(きょうぎしゃ)が竹刀(しない)を持って相対(そうたい)し、決められた相手の打突部位 (面、小手、胴、突き)を、互いに打ったり突いたりして勝敗(しょうはい)を争う競技である。その起源(きげん)は古く、古代にさかのぼると言われている。

  剣道の歴史

  正確にいえば、剣道は明治以降のもので、それ以前は剣術(けんじゅつ)、あるいは撃剣(げきけん)、さらにさかのぼると兵法(へいほう)と呼ばれていて、これらは明治以降の「剣道」とはその内容や目的が異なる。

  封建時代(ほうけんじだい)は武士(ぶし)の表芸(ひょうげい)として、自らに課せられた義務(ぎむ)を遂行(すいこう)するために、これを修練(しゅうれん)した。したがって、その内容も日本刀で相手を切り倒すことに重点(じゅうてん)がおかれ、そのために肉体(にくたい)や精神(せいしん)を鍛え、技術(ぎじゅつ)を錬磨(れんま)したのである。しかし、封建制度が崩壊(ほうかい)居し、武士階級(かいきゅう)が消滅(しょうめつ)し、日本刀を使用して義務を果たすという目標(もくひょう)もなくなった。だが、鍛練(たんれん)の方法や過程(かてい)において、肉体的にも精神的にも、素晴らしい効果 (こうか)をもち、人間形成(にんげんけいせい)にも意義(いぎ)をもつこの剣の錬磨は、教育的意義や、体育的効果を主たる目標に再出発したのが、明治以降で、名も「剣道」と改めたのである。

  剣道の理念

  剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である。

  剣道修練の心構え剣道を正しく真剣に学び、心身を錬磨し、旺盛なる気力を養い、剣道の特性を通じて、礼節を尊び、信義を重んじ、誠を尽くして、常に自己の修練に努め、以て、国家社会を愛して、広く人類の平和繁栄に、寄与せんとするものである。

  試合の進め方とルール1.試合には、個人戦(こじんせん)と団体戦(だんたいせん)があり、団体戦は一チーム五人制で行われることが多い。

  2.それぞれの試合は1対1で行い、その試合の勝敗は3本勝負(しょうぶ)で2本先取(せんしゅ)したほうが勝ちになる。

  試合時間(しあいじかん)

  試合時間は高校生の場合、4分、もし試合時間内に勝負が決しない場合、2分間の延長戦(えんちょうせん)が行われる。団体戦の場合はここで引き分けが、個人戦の場合は2分刻みで勝負が決するまで行われる。

  勝敗の判定(はんてい)

  3本勝負が原則とする。

  あらかじめ届けられたオーダー(5人制の場合、先鋒、次鋒、中堅、副将、大将で構成)によって各個人の試合を行い、その個人の試合結果を総合して団体の勝敗を決する。ただし、同勝者数、同取得本数の場合は代表者1名による代表者戦を4分1本勝負、勝敗が決するまで行われる。

  剣道の服装

  他の格闘技(かくとうぎ)において、体力(たいりょく)は常に利点(りてん)を持つ。健康(けんこう)で体力があれば、大部分の敵に勝つことができる。戦いの間に殴られても、やり返して勝つことが出来る。剣道はそうではない。剣道には第二のチャンスはない。打撃(だげき)を受ければ、戦いは終わりだ。このような状況下では、心構えと自己の精神的理解がもっとも重要である。「敵を決して見くびるな」という言葉が剣道ほど当て嵌まるものはない。術の型に対する正しい態度(たいど)と尊敬(そんけい)がなければ、敵に対する一つの隙(すき)が、敗北(はいぼく)への全てとなる。体力と速さの組合せは重大な役割 (やくわり)を演じるが、心と魂(たましい)の純粋(じゅんすい)な状態(じょうたい)なしには剣道の術をマスターすることはできない。

  精神的(せいしんてき)な成熟(せいじゅく)、内なる力、魂の静けさ、そして純粋な心が、体力と速さに結合する-―それが剣道の「本質」である。

  上一篇:  日语阅读:渡辺淳一

  下一篇:  日语阅读:川端康成

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371