日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

日语阅读:日本文学史レポート

2006-06-27 15:46   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  日本文学史

  ――上代から近世まで

  日本の文学は千年ぐらいの歴史があって、世界文学も深く影響を与える。例えば、「源氏物語」は日本文学の最高峰であるばかりでなく、今や世界文学史上での第一級の作品という評価を勝ち得ている。

  日本の文学は政治の発展につれて変わってくる。明治維新前、中国文化に影響された。

  明治維新後、日本文学は欧米文化を吸い込んだ。明治維新の前、文学史は上代、中古、中世、近世三つの部分になっている。それから、一つずつ紹介したい。

  一、上代の文学:

  日本では四世紀頃の漢字の伝来までは、漢字がなかった時代で、文学といえば口承しなかった。五、六世紀ごろ、日本に漢字がもたらされると、伝承されていた<語りごと>徐徐に漢字を用いて記載されるようになる。また、外国との交流が盛んになるにつれて統一国家が形成されると、口承文学は集大成して記載された。それが、「古事記」「日本書紀」「風土記」などである。これらに掲載されている話の内容は、神話、伝説、説話の三つに分類することができる。

  「古事記」は現存する日本最古の書者である。そこに記されている神話や伝説などからは、古代人のものの見方や考え方、豊かな感情が感じられ、十分な文学性を持ち合わせているといえる。「古事記」の表記には、純粋の漢文体で書かれた序文のほか、漢字の音訓を交えた変則の漢文体で書かれたものもある。

  上代では、言葉には霊力があると信じられており、よい言葉は<幸>をもたらし、悪い言葉が<禍>とされていた。祭りの場面ではこの言霊が重視された。祝詞と宣命が出てきた。ここに文学や演劇の起源があると考えられている。

  上代歌謡は、人々が共同体の祭りの場で歌った歌を起源とする。当時の人々の祭りや生活の中で伝承され歌われたと思われる歌謡が、記紀の神話や伝説で結び付けて引用されれいるものが多い。歌謡の内容は狩猟、祭り、恋愛、酒宴などであり、人々の生活に全般にわたり、生き生きとした思いが読み取れる。

  「万葉集」にも、本来は歌謡であったと推測される歌が多くある。今現存する日本最古の歌集である。巻数二十巻で、約四千五百首の歌を収めている。作者層は、天皇から一般の人々いたるまで幅が広く、地域は大和を中心都市ながらも、東国、九州などと、広がりある。漢字を表音文字として用いた万葉がなは、表記の特徴となっている。

  上代の文学には、自然の恵みを祈る人々の気持ちや喜び、悲しみの気持ちを、率直に表現するという特徴がある。

  二、中古の文学:

  中古時代の初期、遣唐使による大陸との往来が盛んになるにつれて、唐風の文化が尊重されるようになった。貴族の間では漢詩文が流行した。九世紀の前半は空前の隆盛期に迎えた。

  唐が衰えると、唐風文化に変わって再び国風文化への自覚が高まった。そして、かな文字の発明と普及に伴って、和歌が多く作られるようになり、「古今和歌集」は最初の歌論として後世のさまざまな評論への影響が大きい。

  また、散文もかな文字で記されるようになり、物語がかな仮名で書き表された。その初めのものとしては、物語では作り物語である「竹取物語」、歌物語である「伊勢物語」。

  一条天皇の時代、清少納言の随筆「枕草子」、紫式部の「源氏物語」などがかかれ、女流文学が隆盛を極めた時代となった。 「源氏物語」はその長さとその完成度の高さにおいて、ほかに類を見ない作品となっていて、空前絶後の一大長編である。そのはか、「蜻蛉日記」「和泉式部日記」などの日記が書かれた。

  平安時代後期、過去の歴史的な事実に題材を求めてかなで記された歴史物語が生まれた。この中に「栄花物語」「大鏡」がある。

  三、中世の文学:

  鎌倉幕府成立から江戸幕府成立までのおよそ四百年間を中世とする。武家が政治の中心となって、人々の現実意識を高めるとともに、伝統的なものへの憧憬、異文化への関心などに基づく新しい価値観を生み出すことになる。          古くから行われていた連歌も一つ形態として独立し、広く流行して俳諧の連歌へと発展していく。中世の代表する文学の一つが軍記物語である。「平家物語」に代表される軍記物語が盛んに書かれ、歴史物語や史論とともに、この期の特色をなしている。「平家物語」は表現、構成、素材など多くの面で後続の軍記物語、近世の 小説、謡曲や歌舞伎などの戯曲に影響を及ぼしている。

  随筆も前代に引き続きかかれたが、中でも、清少納言の「枕草子」と並んで古典三大随筆と呼ばれものが、鴨長明の「方丈記」、兼好法師の「徒然草」である。この二作は中世の隠者文学を代表するもので、作者の人間性と思想性が作品全体にみなぎり、社会や人間に対する鋭い洞察が見られ、現代にも通じる普遍性がある。

  また、芸能の分野では、世阿弥によって能が完成され、芸能としてだけでなく文学としての資質をも高めた。

  中世末には印刷機が移入され、近世に向かってさらに変化を促してゆく。

  四、近世の文学:

  江戸幕府成立から大政奉還までのおよそ二百六十年間を近世とする。この時代は、幕府とその支配下にある藩によって国を統治する幕府体制がとられた。対外的にも、厳重な鎖国政策を取り、国内の秩序を守ろうとした。

  十七世紀後半から十八世紀のはじめにかけて、京都、大阪を中心とする上方文学が起こった。上方文学は産業の発達に伴う京阪の新興町人階級の台頭を背景として、近世文学の最盛期を演出した。

  詩歌では松尾芭蕉を第一として俗を超越し、俳諧を芸術の域まで高めることに成功したのである。小説では、井原西鶴が浮世草子の第一人者として優れた作品を数多く著した。浮世草子とは仮名草子が質的に変化したもの出、現実の生活や風俗を性格納観察によって描き出した小説だ。また、浄瑠璃では近松門左衛門が義理と人情との葛藤に悩む人間の姿を描く打度、優れた作家が活躍した。

  上方文学が衰退し、十八世紀の中頃から文学の中心は江戸に移った。このころの文学を江戸文学と呼ぶ。江戸文学の時代になると、文学及び演劇は一層繁栄し、都会的で洗練されたものになったが、同時に享受性と退発の度を深めていった。詩歌では川柳や狂歌が、小説では読み本、洒落本、滑稽本、人情本などの戯作と呼ばれる作品が次々に成立した。国学は思想的にも大きな影響を及ぼし、日本の古典研究を推し進めた。

  歌舞伎は中世の風流踊りから派生したもので、派手な衣装で踊るものであった。そのような人目に立つ身なりや異様な行動をすることを<傾く>といい、歌舞伎の語源となっている。

  日本文学史を学ぶことは、折に触れ、時に応じて、どのように心に感じ、物を見てきたかを知ることになる。

  これは私自分で書いたものですが、正しいかどうか分かりません、もし、他人に役に立つと、うれしいと感じます。

  ――上代から近世まで

  日本の文学は千年ぐらいの歴史があって、世界文学も深く影響を与える。例えば、「源氏物語」は日本文学の最高峰であるばかりでなく、今や世界文学史上での第一級の作品という評価を勝ち得ている。

  日本の文学は政治の発展につれて変わってくる。明治維新前、中国文化に影響された。

  明治維新後、日本文学は欧米文化を吸い込んだ。明治維新の前、文学史は上代、中古、中世、近世三つの部分になっている。それから、一つずつ紹介したい。

  一、上代の文学:

  日本では四世紀頃の漢字の伝来までは、漢字がなかった時代で、文学といえば口承しなかった。五、六世紀ごろ、日本に漢字がもたらされると、伝承されていた<語りごと>徐徐に漢字を用いて記載されるようになる。また、外国との交流が盛んになるにつれて統一国家が形成されると、口承文学は集大成して記載された。それが、「古事記」「日本書紀」「風土記」などである。これらに掲載されている話の内容は、神話、伝説、説話の三つに分類することができる。

  「古事記」は現存する日本最古の書者である。そこに記されている神話や伝説などからは、古代人のものの見方や考え方、豊かな感情が感じられ、十分な文学性を持ち合わせているといえる。「古事記」の表記には、純粋の漢文体で書かれた序文のほか、漢字の音訓を交えた変則の漢文体で書かれたものもある。

  上代では、言葉には霊力があると信じられており、よい言葉は<幸>をもたらし、悪い言葉が<禍>とされていた。祭りの場面ではこの言霊が重視された。祝詞と宣命が出てきた。ここに文学や演劇の起源があると考えられている。

  上代歌謡は、人々が共同体の祭りの場で歌った歌を起源とする。当時の人々の祭りや生活の中で伝承され歌われたと思われる歌謡が、記紀の神話や伝説で結び付けて引用されれいるものが多い。歌謡の内容は狩猟、祭り、恋愛、酒宴などであり、人々の生活に全般にわたり、生き生きとした思いが読み取れる。

  「万葉集」にも、本来は歌謡であったと推測される歌が多くある。今現存する日本最古の歌集である。巻数二十巻で、約四千五百首の歌を収めている。作者層は、天皇から一般の人々いたるまで幅が広く、地域は大和を中心都市ながらも、東国、九州などと、広がりある。漢字を表音文字として用いた万葉がなは、表記の特徴となっている。

  上代の文学には、自然の恵みを祈る人々の気持ちや喜び、悲しみの気持ちを、率直に表現するという特徴がある。

  二、中古の文学:

  中古時代の初期、遣唐使による大陸との往来が盛んになるにつれて、唐風の文化が尊重されるようになった。貴族の間では漢詩文が流行した。九世紀の前半は空前の隆盛期に迎えた。

  唐が衰えると、唐風文化に変わって再び国風文化への自覚が高まった。そして、かな文字の発明と普及に伴って、和歌が多く作られるようになり、「古今和歌集」は最初の歌論として後世のさまざまな評論への影響が大きい。

  また、散文もかな文字で記されるようになり、物語がかな仮名で書き表された。その初めのものとしては、物語では作り物語である「竹取物語」、歌物語である「伊勢物語」。

  一条天皇の時代、清少納言の随筆「枕草子」、紫式部の「源氏物語」などがかかれ、女流文学が隆盛を極めた時代となった。 「源氏物語」はその長さとその完成度の高さにおいて、ほかに類を見ない作品となっていて、空前絶後の一大長編である。そのはか、「蜻蛉日記」「和泉式部日記」などの日記が書かれた。

  平安時代後期、過去の歴史的な事実に題材を求めてかなで記された歴史物語が生まれた。この中に「栄花物語」「大鏡」がある。

  三、中世の文学:

  鎌倉幕府成立から江戸幕府成立までのおよそ四百年間を中世とする。武家が政治の中心となって、人々の現実意識を高めるとともに、伝統的なものへの憧憬、異文化への関心などに基づく新しい価値観を生み出すことになる。          古くから行われていた連歌も一つ形態として独立し、広く流行して俳諧の連歌へと発展していく。中世の代表する文学の一つが軍記物語である。「平家物語」に代表される軍記物語が盛んに書かれ、歴史物語や史論とともに、この期の特色をなしている。「平家物語」は表現、構成、素材など多くの面で後続の軍記物語、近世の 小説、謡曲や歌舞伎などの戯曲に影響を及ぼしている。

  随筆も前代に引き続きかかれたが、中でも、清少納言の「枕草子」と並んで古典三大随筆と呼ばれものが、鴨長明の「方丈記」、兼好法師の「徒然草」である。この二作は中世の隠者文学を代表するもので、作者の人間性と思想性が作品全体にみなぎり、社会や人間に対する鋭い洞察が見られ、現代にも通じる普遍性がある。

  また、芸能の分野では、世阿弥によって能が完成され、芸能としてだけでなく文学としての資質をも高めた。

  中世末には印刷機が移入され、近世に向かってさらに変化を促してゆく。

  四、近世の文学:

  江戸幕府成立から大政奉還までのおよそ二百六十年間を近世とする。この時代は、幕府とその支配下にある藩によって国を統治する幕府体制がとられた。対外的にも、厳重な鎖国政策を取り、国内の秩序を守ろうとした。

  十七世紀後半から十八世紀のはじめにかけて、京都、大阪を中心とする上方文学が起こった。上方文学は産業の発達に伴う京阪の新興町人階級の台頭を背景として、近世文学の最盛期を演出した。

  詩歌では松尾芭蕉を第一として俗を超越し、俳諧を芸術の域まで高めることに成功したのである。小説では、井原西鶴が浮世草子の第一人者として優れた作品を数多く著した。浮世草子とは仮名草子が質的に変化したもの出、現実の生活や風俗を性格納観察によって描き出した小説だ。また、浄瑠璃では近松門左衛門が義理と人情との葛藤に悩む人間の姿を描く打度、優れた作家が活躍した。

  上方文学が衰退し、十八世紀の中頃から文学の中心は江戸に移った。このころの文学を江戸文学と呼ぶ。江戸文学の時代になると、文学及び演劇は一層繁栄し、都会的で洗練されたものになったが、同時に享受性と退発の度を深めていった。詩歌では川柳や狂歌が、小説では読み本、洒落本、滑稽本、人情本などの戯作と呼ばれる作品が次々に成立した。国学は思想的にも大きな影響を及ぼし、日本の古典研究を推し進めた。

  歌舞伎は中世の風流踊りから派生したもので、派手な衣装で踊るものであった。そのような人目に立つ身なりや異様な行動をすることを<傾く>といい、歌舞伎の語源となっている。

  日本文学史を学ぶことは、折に触れ、時に応じて、どのように心に感じ、物を見てきたかを知ることになる。

  これは私自分で書いたものですが、正しいかどうか分かりません、もし、他人に役に立つと、うれしいと感じます。

  上一篇:  富士山

  下一篇:  資格でステップアップ

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371