日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

和服(わふく)とは(日语)

2006-06-28 14:46   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  和服(わふく)とは、日本における民族服。狭義の着物(きもの)。男子の基本はツーピース型、女子はワンピース型である。

  和服は着付けが大変で、高価であり、また現代の日本人の生活様式からすると必ずしも実用的とはいえない。このため、七五三や成人式のような人生の節目節目で、また日本舞踊などの稽古事でのみ余喘を保っている…このように認識されていたが、昨今は事情が変わってきたようである。輸入製品等により安価で手に入るようになったことから、花火大会での浴衣のように和服がファッションとして再注目されてきており、古着等の安価な和服を専門に扱う呉服店も出現している。 また、「呉服」と呼ばれ由縁は、中国?三国時代の呉の国から日本に伝わった織り方によって作った織物とされる。

  歴史

  縄文時代、弥生時代この時代はワンピース形式である。縄文時代の貝塚から貫頭衣を着た埴輪が出土している。魏志倭人伝には男子は横布を袈裟(けさ)のようにした上で頭に布を巻いた、裸に近い格好であり、女子は布の真中に穴をあけ、腰部分を紐で結んだ貫頭衣を着ていた、とある。邪馬台国女王卑弥呼についても「白い貫頭衣を着ていた」と触れられている。庶民は麻、身分の高い人は絹を着ていた。

  古墳時代

  大陸の影響により、ツーピーススタイルになった。この時代の埴輪では上着としての貫頭衣と、腰巻きに巻く裳、もしくはズボンを太くしたような袴が使われていた。このころの貫頭衣は着易いように胸前が割れてあわせが作られ、脇下を縫うことで袖ができた。上着が詰襟型の「あげくび」と胸前であわせる「たれくび」とに分かれたのはこの頃である。

  奈良時代

  聖徳太子が冠位十二階により位階で冠の色を分け、大宝律令の衣服令により朝廷で着る服が定義され、礼服、朝服、制服が定められた。文官の礼服はわきの下を縫った縫腋の袍を、武官は腋の下を縫わない闕腋の袍を着るようにとされた。武官は文官と違い、活動し易くするためである。

  この時代の服飾は、小野妹子などに代表される遣隋使により中国の文化が輸入されたこともあって隋風のものであった。そのため、この時代まであわせは男女とも左前であったが、719年からは「初令天下百姓右襟」により、右前にすることと決まった。またこの時代に、下着としての小袖が唐より伝わっている。

  平安時代

  菅原道真により遣唐使が廃されると、国風文化が盛んになった。儀式行事が定着したことで、装いも形式的になった。それは衣服の殆どがゆとりを持て余しがちになり、なかんずく武官の衣装が実用性から遠ざかっていったことからも伺える。この頃の男子衣装には、公式の場で使われる束帯(そくたい)、少し軽くした衣冠、私的な場で使われる直衣(のうし)、平民が着ていた水干(すいかん)、狩衣(かりぎぬ)などがあった。やがて狩衣は貴族の生活服になり、武士も好んで着た。武家の台頭により公家は政治の世界から離れ、服飾も公家のものから武士のものへと変わった(この時代の女子衣服は十二単を参照)。

  鎌倉?室町時代

  政権を武家が担うことにより、彼らが着ていた水干から直垂(ひたたれ)ができ、進んで室町時代に入ると直垂は武家の第一正装となった。新しく大紋(だいもん)、素襖(すおう)が出現したのもこの時期である。江戸時代になると一層簡略化され、肩衣(かたぎぬ)と袴(はかま)とを組み合わせた裃(かみしも)が用いられた。

  女子服飾も簡易化の一途をたどった。裳は徐々に短くなり袴へと転化、やがて無くなった(女子服飾のワンピース化)。この後は小袖の上に腰巻き、湯巻きをまとう形になった。小袖の上に丈の長い小袖を引っ掛けて着る打掛ができ、下着として着ていた小袖が表面へと出てくるようになった。

  江戸時代

  町人文化として小袖が大流行した。歌舞伎や芝居の錦絵や浮世絵で役者の服飾が紹介されると、町人の装いは更に絢爛豪華なものとなった。これに対して幕府は、儒教的価値観から倹約令にて度々規制しようとしたが、彼らの服飾への情熱は収まらず、茶の湯の影響もあって、見た目は地味だが実は金のかかっているものを好むようになった。

  女子服飾は長い袂(たもと)の流行から振袖ができた。帯結びや組みひもが発達し、帯を後ろで結ぶようになった。

  鎖国により、外国から輸入されていた絹糸が国産化された。

  明治?大正時代

  身分により厳しく定められていた衣類の制限が解かれた。染色技術の発達により、いままでにないモダンな柄が好まれるようになった。西洋からの服飾の輸入がなされ、間もなく日本国内でも洋服がつくられるようになった。これにより却って、今まで着ていた服が「和服」として認識されるようになった。洋服を着用しだした初期の頃は、上流階級でも洋服は貸衣装屋でレンタルする時代であった。明治時代には洋服は主に男性の外出着や礼服であり、日常はほとんど和服が使われた。男性は軍隊では軍服を着せられ、また陸軍の軍服を規範につくられた詰め襟の学生服が男子学生の制服として採用された。

  女性は華族階級や教員の一部を除きもっぱら和服であったが、大正時代後期から、女学生の制服にそれまでの行灯袴に代えてセーラー服が採用される例が増える。関西で「あっぱっぱ」と呼ばれた簡単に縫えるワンピース型の洋服が考案され、女性の間に瞬く間に広まった。

  昭和

  戦時中男性には国民服、女性にはもんぺを着用することが強いられ、和服の着用はほとんど姿を消した。戦後もんぺを脱いだ女性たちは手製の洋服を着るようになり、和服は日常着として使われることが少なくなった。1960年代までは自宅での日常着として和服を着る男性が多くいたが(1970年代までの漫画での描写からも伺える)、次第に姿を消していった。現在では殆ど見られなくなっている。

  種類

  筒袖

  振袖

  留袖

  色留袖

  袴(はかま)

  訪問着

  付け下げ

  小紋

  色無地

  紬(つむぎ)

  ウール着物

  浴衣(ゆかた)

  羽織(はおり)

  束帯(そくたい)

  十二単(じゅうにひとえ)

  甚平 甚平(じんべえ)

  作務衣(さむえ)

  丹前

  付属品

  ショール

  コート

  長じゅばん

  半衿

  帯揚げ

  帯締め

  根付

  髪飾り

  櫛

  羽織ひも

  扇子

  ハンドバッグ

  懐紙

  雪下駄

  下駄

  草履

  足袋

  呉服

  現在では、「呉服」を「和服」の同義語として扱うことが多いが、元々は絹製品を呉服、綿製品は太物(ふともの)と称し、扱う店も別であった。

  [查看中文]

  上一篇:  日语阅读:あんみつ姫

  下一篇:  日语阅读:桜の種類

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371