日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

經典日本文學有聲故事集:楠山正雄-猿かに合戦

2006-06-29 01:51   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

經典日本文學有聲故事集:楠山正雄-猿かに合戦
 
 
 

  猿かに合戦

  楠山正雄

  一

  むかし、むかし、あるところに、猿(さる)とかにがありました。

  ある日猿(さる)とかにはお天気(てんき)がいいので、連(つ)れだって遊(あそ)びに出ました。その途中(とちゅう)、山道(やまみち)で猿(さる)は柿(かき)の種(たね)を拾(ひろ)いました。またしばらく行(い)くと、川(かわ)のそばでかにはおむすびを拾(ひろ)いました。かには、「こんないいものを拾(ひろ)った。」

  と言(い)って猿(さる)に見(み)せますと、猿(さる)も、「わたしだってこんないいものを拾(ひろ)った。」

  と言(い)って、柿(かき)の種(たね)を見(み)せました。けれど猿(さる)はほんとうはおむすびがほしくってならないものですから、かにに向(む)かって、「どうだ、この柿(かき)の種(たね)と取(と)りかえっこをしないか。」

  と言(い)いました。

  「でもおむすびの方(ほう)が大きいじゃないか。」

  とかには言(い)いました。

  「でも柿(かき)の種(たね)は、まけば芽(め)が出て木になって、おいしい実(み)がなるよ。」

  と猿(さる)は言(い)いました。そう言(い)われるとかにも種(たね)がほしくなって、「それもそうだなあ。」

  と言(い)いながら、とうとう大きなおむすびと、小さな柿(かき)の種(たね)とを取(と)りかえてしまいました。猿(さる)はうまくかにをだましておむすびをもらうと、見(み)せびらかしながらうまそうにむしゃむしゃ食(た)べて、「さようなら、かにさん、ごちそうさま。」

  と言(い)って、のそのそ自分(じぶん)のうちへ帰(かえ)っていきました。

  二

  かには柿(かき)の種(たね)をさっそくお庭(にわ)にまきました。そして、「早(はや)く芽(め)を出(だ)せ、柿(かき)の種(たね)。

  出(だ)さぬと、はさみでちょん切(ぎ)るぞ。」

  と言(い)いました。すると間(ま)もなく、かわいらしい芽(め)がにょきんと出ました。

  かにはその芽(め)に向(む)かって毎日(まいにち)、「早(はや)く木になれ、柿(かき)の芽(め)よ。

  ならぬと、はさみでちょん切(ぎ)るぞ。」

  と言(い)いました。すると柿(かき)の芽(め)はずんずんのびて、大きな木になって、枝(えだ)が出て、葉(は)が茂(しげ)って、やがて花(はな)が咲(さ)きました。

  かにはこんどはその木に向(む)かって毎日(まいにち)、「早(はや)く実(み)がなれ、柿(かき)の木よ。

  ならぬと、はさみでちょん切(ぎ)るぞ。」

  と言(い)いました。すると間(ま)もなく柿(かき)の木にはたくさん実(み)がなって、ずんずん赤(あか)くなりました。それを下からかには見上(みあ)げて、「うまそうだなあ。早(はや)く一つ食(た)べてみたい。」

  といって、手(て)をのばしましたが、背(せい)がひくくってとどきません。こんどは木の上に登(のぼ)ろうとしましたが、横(よこ)ばいですからいくら登(のぼ)っても登(のぼ)っても落(お)ちてしまいます。とうとうかにもあきらめて、それでも毎日(まいにち)、くやしそうに下からながめていました。

  するとある日猿(さる)が来(き)て、鈴(すず)なりになっている柿(かき)を見上(みあ)げてよだれをたらしました。そしてこんなにりっぱな実(み)がなるなら、おむすびと取(と)りかえっこをするのではなかったと思(おも)いました。それを見(み)てかには、「猿(さる)さん、ながめていないで、登(のぼ)って取(と)ってくれないか。お礼(れい)には柿(かき)を少(すこ)し上(あ)げるよ。」

  と言(い)いました。猿(さる)は、「しめた。」

  と言(い)わないばかりの顔(かお)をして、「よしよし、取(と)って上(あ)げるから待(ま)っておいで。」

  と言(い)いながら、するする木の上に登(のぼ)っていきました。そして枝(えだ)と枝(えだ)との間(あいだ)にゆっくり腰(こし)をかけて、まず一つ、うまそうな赤(あか)い柿(かき)をもいで、わざと、「どうもおいしい柿(かき)だ。」と言(い)い言(い)い、むしゃむしゃ食(た)べはじめました。かにはうらやましそうに下でながめていましたが、「おい、おい、自分(じぶん)ばかり食(た)べないで、早(はや)くここへもほうっておくれよ。」

  と言(い)いますと、猿(さる)は、「よし、よし。」と言(い)いながら、わざと青(あお)い柿(かき)をもいでほうり出(だ)しました。かにはあわてて拾(ひろ)って食(た)べてみますと、それはしぶくって口がまがりそうでした。かにが、「これこれ、こんなしぶいのはだめだよ。もっとあまいのをおくれよ。」

  と言(い)いますと、猿(さる)は「よし、よし。」と言(い)いながら、もっと青(あお)いのをもいで、ほうりました。かにが、「こんどもやっぱりしぶくってだめだ。ほんとうにあまいのをおくれよ。」

  と言(い)いますと、猿(さる)はうるさそうに、「よし、そんならこれをやる。」

  と言(い)いながら、いちばん青(あお)い硬(かた)いのをもいで、あおむいて待(ま)っているかにの頭(あたま)をめがけて力(ちから)いっぱい投 (な)げつけますと、かには、「あっ。」と言(い)ったなり、ひどく甲羅(こうら)をうたれて、目をまわして、死(し)んでしまいました。猿(さる)は、「ざまをみろ。」と言(い)いながら、こんどこそあまい柿(かき)を一人(ひとり)じめにして、おなかのやぶれるほどたくさん食(た)べて、その上両手 (りょうて)にかかえきれないほど持(も)って、あとをも見(み)ずにどんどん逃(に)げて行(い)ってしまいました。

  猿(さる)が行ってしまったあとへ、そのときちょうど裏(うら)の小川(おがわ)へ友(とも)だちと遊(あそ)びに行っていた子がにが帰(かえ)って来(き)ました。見(み) ると柿(かき)の木の下に親(おや)がにが甲羅(こうら)をくだかれて死(し)んでいます。子がにはびっくりしておいおい泣(な)き出(だ)しました。泣 (な)きながら、「いったいだれがこんなひどいことをしたのだろう。」と思(おも)ってよく見(み)ますと、さっきまであれほどみごとになっていた柿(かき)がきれいになくなって、青(あお)い青(あお)いしぶ柿(がき)ばかりが残(のこ)っていました。

  「じゃあ、猿(さる)のやつが殺(ころ)して、柿(かき)を取(と)っていったのだな。」

  とかにはくやしがって、またおいおい泣(な)き出(だ)しました。

  するとそこへ栗(くり)がぽんとはねて来(き)て、「かにさん、かにさん、なぜ泣(な)くの。」

  と聞(き)きました。子がには、猿(さる)が親(おや)がにを殺(ころ)したから、かたきを討(う)ちたいと言(い)いますと、栗(くり)は、「にくい猿(さる)だ。よしよし、おじさんがかたきをとってやるから、お泣(な)きでない。」

  と言(い)いました。

  それでも子がには泣(な)いていますと、こんどは蜂(はち)がぶんとうなって来(き)て、「かにさん、かにさん、なぜ泣(な)くの。」

  と聞(き)きました。

  子がには猿(さる)が親(おや)がにを殺(ころ)したから、かたきを討(う)ちたいと言(い)いました。すると蜂(はち)も、「にくい猿(さる)だ。よしよし、おじさんがかたきをとってやるから、お泣(な)きでない。」

  と言(い)いました。

  それでも子がにがまだ泣(な)いていますと、こんどは昆布(こんぶ)がのろのろすべって来(き)て、「かにさん、かにさん、なぜ泣(な)くの。」

  と聞(き)きました。

  子がには猿(さる)が親(おや)がにを殺(ころ)したから、かたきを討(う)ちたいと言(い)いました。すると昆布(こんぶ)も、「にくい猿(さる)だ。よしよし、おじさんがかたきをとってやるから、お泣(な)きでない。」

  と言(い)いました。

  それでも子がにがまだ泣(な)いていますと、こんどは臼(うす)がころころころがって来(き)て、「かにさん、かにさん、なぜ泣(な)くの。」

  と聞(き)きました。

  子がには猿(さる)が親(おや)がにを殺(ころ)したから、かたきを討(う)ちたいと言(い)いました。すると臼(うす)も、「にくい猿(さる)だ。よしよし、おじさんがかたきをとってやるから、お泣(な)きでない。」

  と言(い)いました。

  子がにはこれですっかり泣(な)きやみました。栗(くり)と蜂(はち)と昆布(こんぶ)と臼(うす)とは、みんなよって、かたき討(う)ちの相談(そうだん)をはじめました。

  三

  相談(そうだん)がやっとまとまると、臼(うす)と昆布(こんぶ)と蜂(はち)と栗(くり)は、子がにを連(つ)れて猿(さる)のうちへ出かけて行きました。猿(さる)はたんと柿(かき)を食(た)べて、おなかがくちくなって、おなかこなしに山へでも遊(あそ)びに行ったとみえて、うちにはいませんでした。

  「ちょうどいい。この間(あいだ)にみんなでうちの中にかくれて待(ま)っていよう。」

  と臼(うす)が言(い)いますと、みんなはさんせいして、いちばんに栗(くり)が、「わたしはここにかくれよう。」

  と言(い)って、炉(ろ)の灰(はい)の中にもぐり込(こ)みました。

  「わたしはここだよ。」

  と言(い)いながら、蜂(はち)は水がめの陰(かげ)にかくれました。

  「わたしはここさ。」

  と、昆布(こんぶ)は敷居(しきい)の上に長々(ながなが)と寝(ね)そべりました。

  「じゃあ、わたしはここに乗(の)っていよう。」

  と臼(うす)は言(い)って、かもいの上にはい上(あ)がりました。

  夕方(ゆうがた)になって、猿(さる)はくたびれて、外(そと)から帰(かえ)って来(き)ました。そして炉(ろ)ばたにどっかり座(すわ)り込(こ)んで、「ああ、のどが渇(かわ)いた。」

  と言(い)いながら、いきなりやかんに手(て)をかけますと、灰(はい)の中にかくれていた栗(くり)がぽんとはね出(だ)して、とび上(あ)がって、猿(さる)の鼻面(はなづら)を力(ちから)まかせにけつけました。

  「あつい。」

  と猿(さる)はさけんであわてて鼻面(はなづら)をおさえて、台所(だいどころ)へかけ出(だ)しました。そしてやけどをひやそうと思(おも)って、水がめの上に顔(かお)を出(だ)しますと、陰(かげ)から蜂(はち)がぶんととび出(だ)して、猿(さる)の目の上をいやというほど刺(さ)しました。

  「いたい。」

  と猿(さる)はさけんで、またあわてておもてへ逃(に)げ出(だ)しました。逃(に)げ出(だ)すひょうしに、敷居(しきい)の上に寝(ね)ていた昆布 (こんぶ)でつるりとすべって、腹(はら)んばいに倒(たお)れました。その上に臼(うす)が、どさりところげ落(お)ちて、うんとこしょと重(おも)しになってしまいました。

  猿(さる)は赤(あか)い顔(かお)をありったけ赤(あか)くして苦(くる)しがって、うんうんうなりながら、手足(てあし)をばたばたやっていました。

  そのとき、お庭(にわ)の隅(すみ)から子がにがちょろちょろはい出(だ)してきて、「親(おや)のかたき、覚(おぼ)えたか。」

  と言(い)いながら、はさみをふり上(あ)げて、猿(さる)の首(くび)をちょきんとはさみではさんでしまいました。

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371