日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

經典日本文學有聲故事集:楠山正雄-浦島太郎

2006-06-29 01:43   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

經典日本文學有聲故事集:楠山正雄-浦島太郎
 
  浦島太郎
  楠山正雄
  一
  むかし、むかし、丹後(たんご)の国水(みず)の江(え)の浦(うら)に、浦島太郎というりょうしがありました。
  浦島太郎は、毎日つりざおをかついでは海へ出かけて、たい[#「たい」に傍点]や、かつお[#「かつお」に傍点]などのおさかなをつって、おとうさんおかあさんをやしなっていました。
  ある日、浦島はいつものとおり海へ出て、一日おさかなをつって、帰ってきました。途中(とちゅう)、子どもが五、六人往来(おうらい)にあつまって、がやがやいっていました。何(なに)かとおもって浦島がのぞいてみると、小さいかめの子を一ぴきつかまえて、棒(ぼう)でつついたり、石でたたいたり、さんざんにいじめているのです。浦島は見かねて、「まあ、そんなかわいそうなことをするものではない。いい子だから」
  と、とめましたが、子どもたちはきき入れようともしないで、「なんだい。なんだい、かまうもんかい」
  といいながら、またかめの子を、あおむけにひっくりかえして、足でけったり、砂(すな)のなかにうずめたりしました。浦島はますますかわいそうにおもって、「じゃあ、おじさんがおあし[#「おあし」に傍点]をあげるから、そのかめの子を売っておくれ」
  といいますと、こどもたちは、「うんうん、おあし[#「おあし」に傍点]をくれるならやってもいい」
  といって、手を出しました。そこで浦島はおあし[#「おあし」に傍点]をやってかめの子をもらいうけました。
  子どもたちは、「おじさん、ありがとう。また買っておくれよ」
  と、わいわいいいながら、行ってしまいました。
  そのあとで浦島は、こうら[#「こうら」に傍点]からそっと出したかめの首(くび)をやさしくなでてやって、「やれやれ、あぶないところだった。さあもうお帰りお帰り」
  といって、わざわざ、かめを海ばたまで持って行ってはなしてやりました。かめはさもうれしそうに、首や手足をうごかして、やがて、ぶくぶくあわをたてながら、水のなかにふかくしずんで行ってしまいました。
  それから二、三日たって、浦島はまた舟にのって海へつりに出かけました。遠い沖(おき)のほうまでもこぎ出して、一生(いっしょう)けんめいおさかなをつっていますと、ふとうしろのほうで「浦島さん、浦島さん」
  とよぶ声がしました。おやとおもってふりかえってみますと、だれも人のかげは見えません。その代(かわ)り、いつのまにか、一ぴきのかめが、舟のそばにきていました。
  浦島がふしぎそうな顔をしていると、「わたくしは、先日助(たす)けていただいたかめでございます。きょうはちょっとそのお礼(れい)にまいりました」
  かめがこういったので、浦島はびっくりしました。
  「まあ、そうかい。わざわざ礼なんぞいいにくるにはおよばないのに」
  「でも、ほんとうにありがとうございました。ときに、浦島さん、あなたはりゅう[#「りゅう」に傍点]宮(ぐう)をごらんになったことがありますか」
  「いや、話にはきいているが、まだ見たことはないよ」
  「ではほんのお礼のしるしに、わたくしがりゅう[#「りゅう」に傍点]宮を見せて上げたいとおもいますがいかがでしょう」
  「へえ、それはおもしろいね。ぜひ行ってみたいが、それはなんでも海の底にあるということではないか。どうして行くつもりだね。わたしにはとてもそこまでおよいでは行けないよ」
  「なに、わけはございません。わたくしの背中(せなか)におのりください」
  かめはこういって、背中を出しました。浦島は半分きみわるくおもいながら、いわれるままに、かめの背中にのりました。
  かめはすぐに白い波(なみ)を切って、ずんずんおよいで行きました。ざあざあいう波の音がだんだん遠(とお)くなって、青い青い水の底へ、ただもう夢(ゆめ)のようにはこばれて行きますと、ふと、そこらがかっとあかるくなって、白玉(しらたま)のようにきれいな砂(すな)の道(みち)がつづいて、むこうにりっぱな門が見えました。その奥(おく)にきらきら光って、目のくらむような金銀のいらかが、たかくそびえていました。
  「さあ、りゅう[#「りゅう」に傍点]宮(ぐう)へまいりました」
  かめはこういって、浦島を背中(せなか)からおろして、「しばらくお待ちください」
  といったまま、門のなかへはいって行きました。
  二
  まもなく、かめはまた出てきて、「さあ、こちらへ」
  と、浦島を御殿(ごてん)のなかへ案内(あんない)しました。たい[#「たい」に傍点]や、ひらめ[#「ひらめ」に傍点]やかれい[#「かれい」に傍点]や、いろいろのおさかなが、ものめずらしそうな目で見ているなかをとおって、はいって行きますと、乙姫(おとひめ)さまがおおぜいの腰元(こしもと)をつれて、お迎(むか)えに出てきました。やがて乙姫(おとひめ)さまについて、浦島はずんずん奥(おく)へとおって行きました。めのう[#「めのう」に傍点]の天井(てんじょう)にさんご[#「さんご」に傍点]の柱、廊下(ろうか)にはるり[#「るり」に傍点]がしきつめてありました。こわごわその上をあるいて行きますと、どこからともなくいいにおいがして、たのしい楽(がく)の音(ね)がきこえてきました。
  やがて、水晶(すいしょう)の壁(かべ)に、いろいろの宝石(ほうせき)をちりばめた大広間(おおひろま)にとおりますと、「浦島さん、ようこそおいでくださいました。先日はかめのいのちをお助(たす)けくださいまして、まことにありがとうございます。なんにもおもてなしはございませんが、どうぞゆっくりおあそびくださいまし」
  と、乙姫さまはいって、ていねいにおじぎしました。やがて、たい[#「たい」に傍点]をかしらに、かつお[#「かつお」に傍点]だの、ふぐ[#「ふぐ」に傍点]だの、えび[#「えび」に傍点]だの、たこ[#「たこ」に傍点]だの、大小いろいろのおさかなが、めずらしいごちそうを山とはこんできて、にぎやかなお酒盛(さかもり)がはじまりました。きれいな腰元(こしもと)たちは、歌をうたったり踊(おど)りをおどったりしました。浦島はただもう夢(ゆめ)のなかで夢を見ているようでした。
  ごちそうがすむと、浦島はまた乙姫さまの案内(あんない)で、御殿(ごてん)のなかをのこらず見せてもらいました。どのおへやも、どのおへやも、めずらしい宝石でかざり立ててありますからそのうつくしさは、とても口やことばではいえないくらいでした。ひととおり見てしまうと、乙姫(おとひめ)さまは、「こんどは四季のけしきをお目にかけましょう」
  といって、まず、東の戸をおあけになりました。そこは春のけしきで、いちめん、ぼうっとかすんだなかに、さくらの花が、うつくしい絵のように咲き乱(みだ)れていました。青青(あおあお)としたやなぎの枝(えだ)が風になびいて、そのなかで小鳥がないたり、ちょうちょうが舞(ま)ったりしていました。
  次に、南の戸をおあけになりました。そこは夏のけしきで、垣根(かきね)には白いう[#「う」に傍点]の花が咲いて、お庭の木の青葉(あおば)のなかでは、せみやひぐらし[#「ひぐらし」に傍点]がないていました。お池には赤と白のはすの花が咲いて、その葉の上には、水晶(すいしょう)の珠(たま)のように露(つゆ)がたまっていました。お池のふちには、きれいなさざ波(なみ)が立って、おしどり[#「おしどり」に傍点]やかも[#「かも」に傍点]がうかんでいました。
  次に西の戸をおあけになりました。そこは秋のけしきで花壇(かだん)のなかには、黄ぎく、白(しら)ぎくが咲き乱れて、ぷんといいかおりを立てました。むこうを見ると、かっともえ立つようなもみじの林の奥(おく)に、白い霧(きり)がたちこめていて、しかのなく声がかなしくきこえました。
  いちばんおしまいに、北の戸をおあけになりました。そこは冬のけしきで、野には散(ち)りのこった枯葉(かれは)の上に、霜(しも)がきらきら光っていました。山から谷にかけて、雪がまっ白に降り埋(うず)んだなかから、柴(しば)をたくけむりがほそぼそとあがっていました。
  浦島は何を見ても、おどろきあきれて、目ばかり見はっていました。そのうちだんだんぼうっとしてきて、お酒に酔(よ)った人のようになって、何もかもわすれてしまいました。
  三
  毎日おもしろい、めずらしいことが、それからそれとつづいて、あまりりゅう[#「りゅう」に傍点]宮がたのしいので、なんということもおもわずに、うかうかあそんでくらすうち、三年の月日がたちました。
  三年めの春になったとき、浦島はときどき、ひさしくわすれていたふるさとの夢(ゆめ)を見るようになりました。春の日のぽかぽかあたっている水(みず)の江(え)の浜べで、りょうしたちがげんきよく舟うたをうたいながら、網(あみ)をひいたり舟をこいだりしているところを、まざまざと夢に見るようになりました。浦島はいまさらのように、「おとうさんや、おかあさんは、いまごろどうしておいでになるだろう」
  と、こうおもい出すと、もう、いても立ってもいられなくなるような気がしました。なんでも早くうちへ帰りたいとばかりおもうようになりました。ですから、もうこのごろでは、歌をきいても、踊(おど)りを見ても、おもしろくない顔をして、ふさぎこんでばかりいました。
  その様子(ようす)を見ると、乙姫(おとひめ)さまは心配(しんぱい)して、「浦島さん、ご気分でもおわるいのですか」
  とおききになりました。浦島はもじもじしながら、「いいえ、そうではありません。じつはうちへ帰りたくなったものですから」
  といいますと、乙姫さまはきゅうに、たいそうがっかりした様子をなさいました。
  「まあ、それはざんねんでございますこと。でもあなたのお顔をはいけんいたしますと、この上おひきとめ申しても、むだのようにおもわれます。ではいたし方(かた)ございません、行っていらっしゃいまし」
  こうかなしそうにいって、乙姫さまは、奥(おく)からきれいな宝石(ほうせき)でかざった箱(はこ)を持っておいでになって、「これは玉手箱(たまてばこ)といって、なかには、人間のいちばんだいじなたからがこめてございます。これをおわかれのしるしにさし上げますから、お持ちかえりくださいまし。ですが、あなたがもういちどりゅう[#「りゅう」に傍点]宮(ぐう)へ帰ってきたいとおぼしめすなら、どんなことがあっても、けっしてこの箱をあけてごらんになってはいけません」
  と、くれぐれもねんをおして、玉手箱(たまてばこ)をおわたしになりました。浦島は、「ええ、ええ、けっしてあけません」
  といって、玉手箱をこわきにかかえたまま、りゅう[#「りゅう」に傍点]宮(ぐう)の門を出ますと、乙姫(おとひめ)さまは、またおおぜいの腰元(こしもと)をつれて、門のそとまでお見送りになりました。
  もうそこには、れいのかめがきて待っていました。
  浦島はうれしいのとかなしいのとで、胸(むね)がいっぱいになっていました。そしてかめの背中(せなか)にのりますと、かめはすぐ波(なみ)を切って上がって行って、まもなくもとの浜べにつきました。
  「では浦島さん、ごきげんよろしゅう」
  と、かめはいって、また水のなかにもぐって行きました。浦島はしばらく、かめの行(ゆ)くえを見送っていました。
  四
  浦島は海ばたに立ったまま、しばらくそこらを見まわしました。春の日がぽかぽかあたって、いちめんにかすんだ海の上に、どこからともなく、にぎやかな舟うたがきこえました。それは夢(ゆめ)のなかで見たふるさとの浜べの景色(けしき)とちっともちがったところはありませんでした。けれどよく見ると、そこらの様子(ようす)がなんとなくかわっていて、あう人もあう人も、いっこうに見知らない顔ばかりで、むこうでもみょうな顔をして、じろじろ見ながら、ことばもかけずにすまして行ってしまいます。
  「おかしなこともあるものだ。たった三年のあいだに、みんなどこかへ行ってしまうはずはない。まあ、なんでも早くうちへ行ってみよう」
  こうひとりごとをいいながら、浦島はじぶんの家の方角(ほうがく)へあるき出しました。ところが、そことおもうあたりには草やあし[#「あし」に傍点]がぼうぼうとしげって、家なぞはかげもかたちもありません。むかし家の立っていたらしいあとさえものこってはいませんでした。いったい、おとうさんやおかあさんはどうなったのでしょうか。浦島は、「ふしぎだ。ふしぎだ」
  とくり返しながら、きつねにつままれたような、きょとんとした顔をしていました。
  するとそこへ、よぼよぼのおばあさんがひとり、つえにすがってやってきました。浦島はさっそく、「もしもし、おばあさん、浦島太郎のうちはどこでしょう」
  と、声をかけますと、おばあさんはけげんそうに、しょぼしょぼした目で、浦島の顔をながめながら、「へえ、浦島太郎。そんな人はきいたことがありませんよ」
  といいました。浦島はやっきとなって、「そんなはずはありません。たしかにこのへんに住んでいたのです」
  といいました。
  そういわれて、おばあさんは、「はてね」と、首(くび)をかしげながら、つえでせいのびしてしばらくかんがえこんでいましたが、やがてぽんとひざをたたいて、「ああ、そうそう、浦島太郎さんというと、あれはもう三百年も前の人ですよ。なんでも、わたしが子どものじぶんきいた話に、むかし、むかし、この水(みず)の江(え)の浜に、浦島太郎という人があって、ある日、舟にのってつりに出たまま、帰ってこなくなりました。たぶんりゅう[#「りゅう」に傍点]宮(ぐう)へでも行ったのだろうということです。なにしろ大昔(おおむかし)の話だからね」
  こういって、また腰(こし)をかがめて、よぼよぼあるいて行ってしまいました。
  浦島はびっくりしてしまいました。
  「はて、三百年、おかしなこともあるものだ。たった三年りゅう[#「りゅう」に傍点]宮にいたつもりなのに、それが三百年とは。するとりゅう[#「りゅう」に傍点]宮(ぐう)の三年は、人間の三百年にあたるのかしらん。それでは家もなくなるはずだし、おとうさんやおかあさんがいらっしゃらないのもふしぎはない」
  こうおもうと、浦島はきゅうにかなしくなって、さびしくなって、目の前がくらくなりました。いまさらりゅう[#「りゅう」に傍点]宮がこいしくてたまらなくなりました。
  しおしおとまた浜べへ出てみましたが、海の水はまんまんとたたえていて、どこがはてともしれません。もうかめも出てきませんから、どうしてりゅう[#「りゅう」に傍点]宮へわたろう手だてもありませんでした。
  そのとき、浦島はふと、かかえていた玉手箱(たまてばこ)に気がつきました。
  「そうだ。この箱(はこ)をあけてみたらば、わかるかもしれない」
  こうおもうとうれしくなって、浦島は、うっかり乙姫(おとひめ)さまにいわれたことはわすれて、箱のふたをとりました。するとむらさき色の雲が、なかからむくむく立ちのぼって、それが顔にかかったかとおもうと、すうっと消えて行って箱のなかにはなんにものこっていませんでした。その代(かわ)り、いつのまにか顔じゅうしわになって、手も足もちぢかまって、きれいなみぎわ[#「みぎわ」に傍点]の水にうつった影(かげ)を見ると、髪(かみ)もひげも、まっしろな、かわいいおじいさんになっていました。
  浦島はからになった箱(はこ)のなかをのぞいて、「なるほど、乙姫(おとひめ)さまが、人間のいちばんだいじなたからを入れておくとおっしゃったあれは、人間の寿命(じゅみょう)だったのだな」
  と、ざんねんそうにつぶやきました。
  春の海はどこまでも遠(とお)くかすんでいました。どこからかいい声で舟うたをうたうのが、またきこえてきました。
  浦島は、ぼんやりとむかしのことをおもい出していました。
相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时
学员 ajgoq12:
我参加了外语教育网日本语能力测试N1考试辅导课程,很喜欢李菲菲老师的讲课风格。老师授课重点突出,注重日语学习能力的培养,让我受益良多。即将参加考试了,我一定会考出好的成绩。再一次感谢老师,感谢网校!
学员 iehkfn584:
外语教育网日语能力测试网上辅导的李菲菲老师讲得真好,真得很感谢老师。还有网站的高清课件和移动课堂真棒,课程播放流畅,画面清晰,能够随时学习,功能太强大了!
学员 kaku1:
刚上课时觉得课程很多,不知不觉间3个月课就上完了,果然时光易逝啊。这一段时间向李菲菲老师学习了不少东西,从而让我对日语有了更深的了解和体会。虽然课程结束了,但是学习是一辈子的事情。我会继续努力的~~大家也一起加油吧!
学员 yaba1:
一直想找一个学习日语的网校,可以反复听课,因为我不想学哑巴日语。外语网的老师讲得非常好,我很喜欢,打算一直学下去!
学员 liff1:
超喜欢李菲菲老师的日语课!语言简洁流畅不赘述,而且能把枯燥的课程讲得很生动。
学员 lsakld:
日语零起点是我在网校学习的第一个辅导班,以前就知道外语教育网,但当自己真的成为网校学员时,感觉非常好。通过学习类延云老师的课程,为自己打牢了日语基础。以后我会继续在网校学习,为出国做准备。
学员 984jkfjdslhk:
从学习日语零起点,到实用日语,再到新标准日本语,感谢外语教育网一路的陪伴,现在的我已经可以流利地用日语交流了。对于上班族和妈妈级的人来说,网校无疑是最好的学习场所,向各位学友推荐。我要大声说:网校太棒了!
学员 xwpae:
外语教育网课程真得很棒,老师讲得也很好。新标日是很经典的教材,是考试必学的内容,大家都来网校学习一下吧!
学员 xiepam:
眼看着能力考报名就要结束了,一直犹豫要不要报名,今天早上终于下定决心,准备参加今年的考试。N3虽然级别不高,但是,对于我来说已经很有难度了。听了外语教育网的课程,感觉自己能够跟上老师的讲课节奏,日语水平也得到了很大提高。希望今年夏天可以通过考试!
学员 hhaiwp:
是不是因为春天来了,所以漫画家都开始活跃起来,最近的新番真的很多,很喜欢看啊!距离7月份的能力考还有3个月,给自己加油!最亲爱的外语教育网老师,这段时间就要お愿いします!ガンバれ!
版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371