日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

日语阅读:畳について

2006-06-02 00:08   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  日本の文化は、古来(こらい)、中国大陸(たいりく)からの伝承(でんしょう)をもとにしたものが多いのですが、畳(たたみ)は大和民族(やまとみんぞく)の生活の知恵(ちえ)が生み出した固有(こゆう)のもので、湿度(しつど)が高く、気象(きしょう)の変化が激しい日本の風土(ふうど)に、最も適した敷物(しきもの)として育てられ、継承(けいしょう)されてきました。

  畳が生まれたのは、いまから1300年ほど前。その頃の畳はまだ畳と呼べるものではありませんでした。瑞穂(みずほ)の国にふさわしく、稲(いな)わらを利用(りよう)して床(ゆか)をつくり、野生(やせい)のいぐさを改良(かいりょう)して畳表(たたみおもて)を織り、畳という素晴しい敷物をつくりあげたわけです。

  旧漢字(きゅうかんじ)でたたみを「疊」と書きます。これは田圃(たんぼ)からとれる稲わらを交互(こうご)に積み重ねたとの意味(いみ)があります。

  ▲畳の歴史

  畳の語源(ごげん)は、「たたむ」から来ていると言われています。古くは「畳」とは、敷物の総称(そうしょう)でした。その歴史は古く、古事記(こじき))の中に「八重畳(やえだたみ)」、「皮畳(かわだたみ)」、「絹畳(きぬだたみ)」、「菅畳(すがだたみ)」などの言葉が記されています。

  平安時代(へいあんじだい)(794年~1192年)には、貴族(きぞく)たちの権力(けんりょく)の象徴(しょうちょう)として使用されました。置き畳として用い、畳縁(たたみべり)の色(いろ)と柄(がら)によって身分(みぶん)を表したようです。

  江戸時代(えどじだい)(1603年~1867年)以前(いぜん)まで、一般(いっぱん)の庶民(しょみん)の畳敷きはありませんでした。当時、畳はとても貴重(きちょう)なもので、このような贅沢(ぜいたく)な使い方が出来るのは貴族でもその一部で、富(とみ)の象徴でもあったようです。

  畳が一般庶民のものとなったのは、江戸中期以降(いこう)のことでした。

  江戸中期以降になると、庶民の家にも畳敷きの部屋が見られるようになります。しかし、畳に縁(ヘリ)はついていなかったようです。

  江戸時代後期(こうき)には畳の職人制(しょくにんせい)が確立(かくりつ)され、 次第(しだい)に一般庶民の住まいに普及(ふきゅう)していきました。

  文明開化(ぶんめいかいか)の明治時代(めいじじだい)、大正(たいしょう)?昭和(しょうわ)の厳しい生活環境(かんきょう)にあっても、畳は日本人の住生活の中心的役割(やくわり)を演じてきました。

  戦後(せんご)、経済(けいざい)の高度成長(こうどせいちょう)とともに日本人の生活様式(ようしき)も洋風化(ようふうか)し、座る生活から椅子 (いす)の生活に変わり、じゅうたんが普及し、さらにフローリングが普及してきました。しかし、フローリングによる不便(ふべん)さも認識(にんしき)されて、くつろげる畳スペースの必要性(ひつようせい)を見直す動きもあり、フローリングに敷いて使用する「置き畳」など畳(たたみ)新製品(しんせいひん)が普及しつつあります。

  最近では、畳の素材(そざい)も昔の藺草(いぐさ)とワラだけでなく、さまざまな新しい化学素材などが開発(かいはつ)されて使われるようになって、機能性(きのうせい)も高く多様化(たようか)した消費者(しょうひしゃ)ニーズに対応(たいおう)できるようになりニュー畳ライフを楽しんで頂けます。

  ▲畳の構造

  畳の構造(こうぞう)は、表面(ひょうめん)に見える畳表(たたみおもて)と芯(しん)の部分(ぶぶん)に当たる畳床(たたみどこ)を重ねたものに畳縁(たたみべり)を縫い付けています。

  畳表は、最近では化学製品やパルプで作られたものも開発されていますが、本来(ほんらい)は天然(てんねん)藺草を織り上げたものです。

  畳床(たたみどこ)は以前はワラだけで作られていましたが、さまざまな社会情勢(しゃかいじょうせい)などの変化や新しい建築工法(けんちくこうほう) に対応するため、フォームポリエスチレンやインシュレーションボードが使われるようになり、残念(ざんねん)な事にワラ床の生産(せいさん)は減少(げんしょう)傾向(けいこう)です。

  畳縁は化学素材が主に使われるようになりましたが、昔から使われているのは、綿(わた)や麻(あさ)、絹(きぬ)などの天然素材です。

  ▲畳の機能

  畳は湿気(しっき)を吸収(きゅうしゅう)したり排出(はいしゅつ)して室内(しつない)の湿度(しつど)を調節(ちょうせつ)する機能(きのう)があります。四季(しき)の変化に富み、特に高温(こうおん)?多湿(たしつ)の夏のある日本の気候風土に最も適した敷物であると言われています。畳表の藺草は空気をたくさん含んでいるので、夏場(なつば)には爽やかな感触(かんしょく)があり、冬場(ふゆば)にはちょっと冷たく感じられますが、時間(じかん)が経つと適度(てきど)な温かさが感じられます。

  さらに、畳には人間にとって有害(ゆうがい)である二酸化窒素(にさんかちっそ)を吸着(きゅうちゃく)し、一酸化窒素(いっさんかちっそ)に還元(かんげん)し、部屋の空気を浄化(じょうか)する能力があります。

  その他、防音(ぼうおん)効果や、断熱(だんねつ)効果など、畳には様々な機能があります

  ▲畳のサイズ

  本間間「京間(きょうま)」 95.5cm×1910cm 主に近畿、中国、四国、九州地方で使用。

  三六間「中京間(ちゅうきょうま)」91.0 cm×1820cm 主に愛知、岐阜、三重県で使用。

  五八間「関東間(かんとうま)」 88.0cm×1760cm 主に静岡県以東で使用。

  団地間(だんちま) 85.0cm×1700cm主に高層共同住宅で使用。

  畳はそれぞれの部屋の寸法(すんぽう)を測り、変形(へんけい)やカギがあっても修正(しゅうせい)して制作(せいさく)します。厚さは通常5.5cmですが薄いものもあります。

  ▲ 畳の文化

  畳が日本人の気質(きしつ)や美意識(びいしき)づくりに深くかかわっていたことを示す事例(じれい)があちこちに残っています。例えば「畳の上で死ぬ」という言葉です。これは「家で穏やかに最後(さいご)を迎える」という時に使われるもので、畳が生活の本拠(ほんきょ)や命の拠りどころであることを、素直(すなお)に示したものです。

  Tatamiser(タタミゼ)というフランス語が日本式の生活と訳されているように、畳が日本式の生活スタイルを象徴しているという事実もあります。そして、茶道(さどう)の様式の完成(かんせい)とともにつくり上げられた日本間(にほんま)という空間(くうかん)です。それは、日本的な美の結晶 (けっしょう)です。そこに座り、気持ちを落ちつける。そういう空間づくりに日本人は心血(しんけつ)を注(そそ)ぎました。そして、座ることから始まり、日本人の文化の形成(けいせい)の舞台(ぶたい)となった日本間に畳はなくてはならないものになりました。座るのに固すぎず、柔らかすぎず。その微妙 (びみょう)なバランスを生み出す風合いと肌触(はださわ)り。

  また、日本の気候(きこう)や大地(だいち)を思い起こさせるようなほのかな香り。日本文化が畳文化と称される所以(ゆえん)のひとつが、ここにあります。

「敷物新聞」より

  ◆注解◆

  畳(たたみ)─榻榻米。日本住居内铺在地板上的草席。

  大和民族(やまとみんぞく)─大和民族。大和是对日本的异称。

  瑞穂(みずほ)の国─日本的美称。

  稻(いな)わら─稻草杆。

  床(ゆか)─地板。

  いぐさ(蔺草)─灯心草。

  畳表(たたみおもて)─草席表面。

  田圃(たんぼ)─田地,庄稼地。

  積み重ね─堆积。

  たたむ─折叠。

  古事記(こじき)─日本最早的史书。

  八重畳(やえだたみ)─重叠在一起的草席。

  皮畳(かわだたみ)─用皮子做成的草席。

  絹畳(きぬだたみ)─用丝织品做成的草席。

  菅畳(すがだたみ)─蓑衣草。

  畳縁(たたみべり)─草席的边儿。

  柄(がら)─花样,花纹。

  贅沢(ぜいたく)─奢侈,豪华。

  職人制(しょくにんせい)─手艺人制度。工匠制度。

  じゅうたん─地毯。

  フローリング─地板。

  くつろげる─不受拘束,放松,缓和。

  スペース─空间。

  ニーズ─需求,需要。

  畳床(たたみどこ)─草席的芯。

  縫い付ける─缝上,缝在。

  パルプ─植物纤维。

  フォームポリエスチレン─聚乙烯泡沫。

  インシュレーションボード─保温材料。

  二酸化窒素(にさんかちっそ)─二氧化氮。

  一酸化窒素(いっさんかちっそ)─一氧化氮。

  日本間(にほんま)─日本式房间。

  気持ちを落ちつける─心神安定。

  バランス─平衡。安定。

  風合い─感触。

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371