日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

日语阅读:阿Q正传(二)

2006-06-01 01:42   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  阿Qの銅銭は、このようなうたい声のなかで、徐々に別の汗みずくの人間の懐へ流れてゆく。

  しまいに彼は否応なく人垣から押し出されてしまう。そして人垣の後ろで、他人の勝負を気にしながら、

  しまいまで見ている。それから未練そうに地蔵堂へ戻る。翌日は、瞼を腫らして仕事に出て行くのであった。

  ところが「人間万事、塞翁が馬」だ。阿Qは不幸にして一度勝った。しかし彼はほとんど失敗したのである。

  それは未荘の祭りの夜であった。その夜は吉例の芝居がかかり、舞台の付近には吉例によって野天の賭場がたくさん開かれた。

  芝居の鉦太鼓も、阿Qの耳には、十里も遠方のように響いた。彼には胴元のうたう声だけが聞こえていた。彼は勝ちつづけた。

  銅貨が小銀貨に変わり、小銀貨が大銀貨に変わり、大銀貨の山ができた。彼は有頂天であった。

  「天門に二両」

  誰と誰とが、何のために喧嘩をはじめたのか、彼にはわからなかった。怒鳴る声、殴る音、足を踏み鳴らす音、

  無茶苦茶な混乱がしばらく続いた。ようやく彼が起き上がってみたときには、賭場もなければ、人もいなかった。

  体中が痛むようだ。どうやら殴られたり蹴られたりしたらしい。数人のものが、不思議そうに彼の方を見ている。

  魂が抜けたようになって、彼は地蔵堂へ戻った。心が落ち着くと、彼の銀貨の山が失われたことに気がついた。

  祭礼あてこみの賭場は、よそ者が多い。尻の持って行きどころはないのだ。

  真っ白い、キラキラ光る銀貨の山、しかも彼のものである銀貨の山‥‥‥それが失われた。

  せがれに持って行かれたのだ、と考えて見ても面白くない。自分は虫けらなんだ、と言ってみても、やはり面白くない。

  こんどばかりは、彼も失敗の苦痛を嘗めなければならなかった。

  だが、彼はたちまち、敗北を変じて勝利となすことができた。彼は右手を上げて、力いっぱい自分の横面を二つ三つ続けざまに殴りつけた。

  飛び上がるように痛かった。殴った後は、心が落ち着いて、殴ったのは自分であり、殴られたのは別の自分のような気がしてきた。

  まもなく、他人を殴ったと同じような‥‥‥痛いことはまだ痛かったが‥‥‥気持ちになった。満足して、意気揚々と彼は横になった。

  彼はぐっすり睡った。

  第三章 続勝利の記録

  しかし、阿Qは、常に勝利は占めていたものの、有名になったのは、趙旦那に殴られて以来のことである。

  彼は、組頭に二百文心付けを払って、プンプンして横になったが、そのあとで、考えた。

  「いまの世の中はでたらめだ。倅が親を殴る‥‥‥」と、たちまち、趙旦那の威風堂々たる姿が目に浮かんだ。

  しかもその趙旦那が、今では彼の倅である。どうやら彼は得意になってきた。

  そして、起きあがって「若後家の墓参り」を口ずさみながら、居酒屋へ出かけていった。

  そのときの彼の気持ちでは、趙旦那は、人よりも一段高尚な人物であった。

  不思議なことに、それ以来、人々は彼にたいして急に特別の尊敬を払うようにみえた。

  阿Qとしては、それは彼が趙旦那の親父だからだと考えたかもしれないが、実際は、そうではなかった。

  未荘では、通常、阿七が阿八を殴ったとか、李四が張三を殴ったというようなことは、一向珍しくはない。

  ただ、趙旦那のような有名な人と関係のある場合にはじめて、彼らの噂にのぼるのである。

  ひとたび噂にのぼると、殴った方が有名な人だから、殴られた方もそれにつれて有名になる。

  むろん、非が阿Qの方にあることは言うまでもない。何故か。趙旦那に非のあろうはずがないからだ。

  では、非がありながら、なぜ人々は彼をとくべつ尊敬するのか。これは難しい問題である。

  つらつら考察するに、阿Qが趙旦那と同族だと称するからには、たとえ殴られたにしろ、

  ひょっとすると幾分ほんとうかも知れぬという疑いがあって、当たらず触らずに尊敬しておいた方が無難だという気持ちからであったかもしれない。

  そうでなければ、孔子廟に備えられた太牢(牛)のように、豚や羊と同じただの畜生でありながら、聖人が箸をつけられたがために、

  先儒たちも妄動できない、というような関係であったかもしれない。

  その後は多年、ともかく阿Qは得意であった。

  ある年の春、彼はほろ酔い機嫌で街を歩いていた。すると、陽だまりの塀ぎわで、ひげの王が肌脱ぎになって虱を取っているのがめについた。

  それを見ると、彼も急に体が痒くなった。このひげの王というのは、禿があるのとひげが濃いのとで、人々から「ひげの禿の王」と呼ばれていたが、

  阿Qだけは「禿」を抜いて呼び、しかも、非常に軽蔑していた。阿Qの意見では、禿は奇とするに足りないが、

  この頬から頤(おとがい)にかけてのひげだけは、実に奇妙千万で、見られたザマじゃない、というのである。

  そこで阿Qは、彼と並んで腰をおろした。これがほかのひま人連だと、阿Qはうかつに近寄りはしない。

  このひげの王だけは、そばへ寄っても怖くはなかった。むしろ、彼が腰をおろしてやったのは、相手が光栄に思っていいくらいなものである。

  阿Qも、ぼろ袷を脱いで、ひっくり返してみた。洗い立てのせいか、それとも見方がぞんざいのせいか、長いことかかって三、四匹つかまえただけであった。

  ひげの王はと見ると、一匹また一匹、二匹また三匹、後から後から口へ入れて、ピッピッと噛んでいる。

  最初、阿Qはがっかりした。そのうちに、癪にさわってきた。見られたザマじゃない。

  ひげの王でもあんなに多いのに、自分にはちっともいない。これでは面目丸つぶれだ。

  一、二匹でかい奴をつかまえたいと焦るが、さっぱり見つからない。

  やっと中くらいのを一匹つかまえて、いまいましそうに厚い唇のなかへ押し込んで、懸命に咬むと、ピッと音がしたが、ひげの王ほど高い音でなかった。

  彼は、禿のひとつひとつをまっ赤にして、着物を地面へ叩きつけるなり、ペッと唾を吐いてどなった。

  「毛虫野郎め!」

  「禿犬、そりゃ誰のことだ」ひげの王は、さげすむように眼をあげて言った。

  このごろでは、阿Qは、人からも尊敬もされるし、自分でもお高くとまっていたが、それでも、喧嘩ばやいひま人連の前へ出ると、おずおずしてしまう。

  ところが今日に限って、馬鹿に元気がよかった。こんなひげだらけの野郎に、言いたい放題を言わせておけるか。

  「きくだけ、やぼよ」彼は立ちあがると、両手を腰にあてて言った。

  「揉んでもらいたいのか」ひげの王も、立ちあがって、着物をきながら言った。

  阿Qは、彼が逃げるのだと思った。いきなり飛びついて、拳骨をふりあげた。

  その拳骨が相手へ届かぬ先に、相手の手に握られてしまった。引かれる拍子に、阿Qはよろよろとよろめいた。

  たちまち辮髪をひげの王につかまれ、塀のところへ連れて行かれて、例の調子でこずかれた。

  「君子は口は出すが手は出さず」阿Qは、頭をゆがめて言った。

  ひげの王は君子ではないらしかった。一向構わずに、連続五回小突いて、それから力いっぱい突き飛ばしたので、阿Qは一間も前にのめらされた。

  ひげの王は、ようやく満足して立ち去った。

  阿Qの記憶では、おそらくこれは最近第一の屈辱事件であった。

  なぜならば、ひげの王は、そのひげ深いという欠点のために、これまで彼から馬鹿にされこそすれ、

  彼を馬鹿にしたことはなく、いわんや手出しなどしたことはなかったからである。

  しかるに、いまや彼に向かって手を出したのである。実に意外なことだ。

  まさか世間で噂するように、皇帝が科挙を廃止されて、秀才も挙人もなくなったので、

  それで趙家の威風が地に墜ちて、従って彼までも馬鹿にされるようになったのだろうか。

  阿Qは途方に暮れて立っていた。

  向こうから男がやってくる。阿Qの敵がまた現れたのだ。これも阿Qの大きらいなひとり、つまり銭旦那の長男である。

  この男は、以前、城内へ行って、西洋の学校へはいった。それから、どういうわけか、また日本へ行った。

  半年たって帰ってきたときには、足も西洋人のようにまっすぐになっていたし、辮髪もなくなっていた。

  そのため、母親は十数回泣きわめいたし、細君は三回井戸へ飛び込んだ。

  そのうちに、母親はこう言ってふれ廻るようになった。

  「あの辮髪は、悪者のために、酒で酔いつぶれたところを切られてしまったんです。

  えらいお役人になれるはずでしたが、今じゃ髪が伸びるまでお預けです」しかし阿Qは、その話を信用しなかった。

  あくまで「にせ毛唐」と呼び、また「毛唐の手先」と呼んでいた。彼に出会うと、必ず腹の中でひそかに罵倒した。

  ことに阿Qが「深刻に憎悪」したのは、カツラの辮髪であった。辮髪がカツラであるに至っては、人間としての資格がゼロである。

  彼の細君が四回目の飛込みをやらないのは、これもよからぬ女に違いない。

  その「にせ毛唐」が近づいてきた。

  「坊主頭、驢馬(ろば)の‥‥‥」いつもなら阿Qは、腹のなかで悪口を言うだけで、口に出して言わなかったが、

  あいにく、むしゃくしゃの最中で、仕返しをしたくてうずうずしていた際とて、ついうっかり低い声が口から漏れてしまった。

  意外や、この「坊主頭」は、ニス塗りのステッキ‥‥‥つまり阿Qの言う葬い棒‥‥‥を携えていて、

  ずかずかと彼の方へ寄ってきた。その瞬間、阿Qは打たれるものと覚悟を決めた。

  全身の筋肉をこわばらせて、肩ばかり突き出して待っていると、案の定、パンと音がして、

  確かに頭をやられたような気がした。

  「あいつのことなんで」阿Qは、そばにいた子供を指差して、言い訳を言った。

  パン、パン、パン!

  阿Qの記憶において、おそらくこれが最近第二の屈辱事件であった。

  さいわい、パンパンの音がしてからは、もう彼はそれで事件が落着したような気がして、むしろさばさばした。

  しかも「忘却」という祖先伝来の宝物が効果を現しはじめた。ゆっくり歩いて、居酒屋の門口まできたときには、

  もう彼は幾分上機嫌にさえなっていた。

  すると向こうから、静修庵の若い尼さんがやってきた。阿Qは普段でも尼さんを見ると、唾を吐きかけたくなる。

  まして今は屈辱事件の直後である。記憶が甦ってきて、彼は敵愾心にもえた。

  「俺は今日、どうも日が悪いと思ったら、やっぱりおまえの面を見たせいだったな」と彼は思った。

  彼は尼さんの行く手に立ちはだかって、思い切り唾を吐いた。

  「カッ、ペッ!」

  尼さんは、見向きもしないで、首を垂れたまま歩いていく。阿Qは、ずかずか歩み寄って、突然手を伸ばして、

  尼さんの剃りたての頭を撫でた。そして、ゲラゲラ笑いながら、

  「坊主頭、早く帰れ、和尚さんがまっとるぞ」

  「なにさ、手出しなんかして‥‥‥」尼さんは、顔じゅう赤くなって、そう言いながら足を早めた。

  居酒屋にいた連中が、どっと笑った。阿Qは、自分の手柄が賞賛を博したので、ますます意気揚揚となった。

  「和尚ならいいが、おいらが手を出しちゃいけねえかよ」彼は、尼さんの頬をつねりあげた。

  居酒屋にいた連中が、どっと笑った。阿Qは得意になり、この見物人たちに満足を与えるために、

  もう一度力を入れてぎゅっとつねった。そして、ようやく手を放した。

  この一戦によって、彼はひげの王のことをきれいに忘れた。にせ毛唐のことも忘れた。

  今日の一切の「不運」の仇を取ったような気になった。その上、不思議なことに、

  全身がパンパンやられたときよりも軽くなって、ふらふらして今にも舞い上がりそうな気がした。

  「跡取なしの阿Q!」遠くの方から尼さんの半分泣いている声が聞こえる。

  「ハッハッハ」阿Qは、十分の得意さをもって笑った。

  「ハッハッハ」居酒屋にいた連中も、九分の得意さをもって笑った。

  第四章 恋愛の悲劇

  一説にいう。ある種の勝利者は、敵が虎のごとく鷹のごとくなることを願い、かくてはじめて勝利の喜びを感ずる。

  もし羊やヒヨコのようだと、むしろ勝利の味気なさを感ずるのだ。また、ある種の勝利者は、一切のものを征服した後に、

  死ぬものは死に絶え、降伏するものは降伏して「臣某恐惶恐懼頓首頓首」となった暁には、彼にはもはや敵もなく、

  対者もなく、友もなく、自分だけが上位にいて、ただ一人、ぽつんとして、うら淋しく、取り残され、かえって勝利の悲哀を感ずるという。

  しかしながら、われらの阿Qは、そんな弱虫ではない。彼は永遠に得意である。これまた、中国の精神文明が世界に冠絶する証拠の一つであるかもしれない。

  見よ、彼はふらふらとなって、今にも舞い上がりそうではないか。

  ところが、今回の勝利の場合は、どうも調子が少し変であった。彼はふらふらとなって、長いあいだ飛び回って、

  ふらっと地蔵堂へ戻ってきた。いつもの例では、彼は横になるとすぐ鼾(いびき)をかくはずであった。

  それがこの晩に限って、彼は容易に寝つかれなかった。自分の親指と人差し指とが、普段と違って、妙にすべすべしていることを彼は感じたのである。

  いったい、尼さんの顔に何かすべすべしたものがあって、それが彼の指へ移ったのだろうか。それとも、指がすべすべになるほど尼さんの顔を撫でたせいだろうか。

  「跡取りなしの阿Q!」

  阿Qの耳に、またもこの言葉がひびいた。ちがいない、と彼は考えた。女がいなければいけない。

  子が、孫がなかったら、死んでから誰が飯を供えてくれるか‥‥‥女がいなければいけない。

  そもそも「不幸に三あり、後嗣なきを最大となす」(孟子)のに「若敖の亡者の餓死」(左伝)のようなことになってはすこぶる人生の悲惨事である。

  したがって、彼のこの思想は、一から十まで聖賢の経伝に合致すると見なければならない。

  ただ惜しむらくは、後に至って「放心を収むる能わず」(孟子)となっただけのことである。

  「女、女‥‥‥」と彼は考えた。

  「‥‥‥和尚なら手を出せる‥‥‥女、女‥‥‥女」と彼は考えつづけた。

  その晩、何時ころ阿Qが鼾(いびき)をかき出したか、われわれは知ることができない。

  しかしともかく、このときから彼は、指先のつるつるするのが気になり、そのたびにふらふらするようになった。

  「女‥‥‥」と彼は考え込むのであった。

  この一事をもってしても、われわれは、女が有害な存在であることを判断しうる。

  元来、中国の男は、大半が聖賢になる資格があるのだが、惜しいかな、すべて女のため失敗してしまう。

  商は姐己(だっき)によって亡ぼされた。周は褒じ(ほうじ)によって毒された。

  秦は‥‥‥歴史に名文はないがおそらく女のせいだと仮定しても全然の誤りではあるまい。

  そして漢の董卓は、確実に貂蝉のために殺されたのである。

  元来、阿Qは正人なのである‥‥‥われわれは、彼がどんな偉い先生の教えを受けたかは知っていないが、

  彼は「男女の別」については従来きわめて厳格であった。また、異端‥‥‥若い尼さんとか、

  にせ毛唐のような‥‥‥を排斥するという正気も、彼は十分に持ち合わせていた。彼の学説は、

  すべて尼というものは、必ず和尚と私通するものであり、女が一人歩きをするのは、必ず男を引っ掛けるためであり、

  男と女が二人で話しているのは、必ずあやしい関係がある、というのだ。従って彼は、この連中をこらしめるために、

  しばしば睨みつけたり、大声で「不心得を責め」たり、あるいはまた、人通りのない場所なら、

  背後から石をぶつけたりするのである。

  その彼が「而立」(三十歳)にも近い年になって、若い尼さんから、ふらふらになるような目にあわされてしまったのである。

  このふらふら精神は、礼教上許すべからざるものだ‥‥‥だからこそ、女は憎むべきものなのだ。

  仮に尼さんの顔が、つるつるしていなかったならば、阿Qは魂を奪われるようなことがなかったろうし、また、

  仮に尼さんの顔が布か何かで覆われていたら、やはり阿Qは魂を奪われなくて済んだろう‥‥‥五、六年前、

  彼は芝居小屋の人ごみの中で、女の尻を抓(つね)ったことがあったが、そのときはズボン越しであったから、

  後でふらふらにはならなかった‥‥‥が、尼さんはそうでなかった。これまた異端の憎むべきを証するものである。

  「女‥‥‥」と彼は考えた。

  彼は「必ず男をひっかけたがっている」にちがいない女に行き会うと、いつも注意してみたが、

  さっぱり笑いかけてこなかった。彼と話しをする女の言葉も注意して聴いてみたが、別に怪しげな事柄に触れてこなかった。

  ああ、これまた女の憎むべき半面ではないか。女たちは、ことごとく「猫をかぶって」いるのだ。

  その日、阿Qは、趙旦那の家で一日米つきをした。晩飯を済ませてから、台所に腰を下ろして一服つけていた。

  ほかの家なら、晩飯を済ませば帰ってかまわぬのだが、趙家では晩飯が早かった。

  普段は、燈をともすことが禁じられていて、晩飯を食い終わると寝てしまうのだが、たまにこの例外があった。

  一つは、息子が秀才の試験に合格するまでは、燈をともして勉強することが許されていた。

  もう一つは、阿Qが日雇いに雇われたときは、燈をともして米をつくことが許されていた。

  この例外によって、阿Qは、米つきにかかる前に、台所でまず一服吸いつけていたのである。

  趙旦那の家のただ一人の女中である呉媽が、食事の後片付けを済ませてから、これも床几(しょうぎ)に腰をかけて、阿Qに話しかけてきた。

  「奥様は二日も御飯をあがらねえだよ。旦那様が若いのを囲いなさるというので‥‥‥」

[1][2][3][4][5][6]
相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时
学员 ajgoq12:
我参加了外语教育网日本语能力测试N1考试辅导课程,很喜欢李菲菲老师的讲课风格。老师授课重点突出,注重日语学习能力的培养,让我受益良多。即将参加考试了,我一定会考出好的成绩。再一次感谢老师,感谢网校!
学员 iehkfn584:
外语教育网日语能力测试网上辅导的李菲菲老师讲得真好,真得很感谢老师。还有网站的高清课件和移动课堂真棒,课程播放流畅,画面清晰,能够随时学习,功能太强大了!
学员 kaku1:
刚上课时觉得课程很多,不知不觉间3个月课就上完了,果然时光易逝啊。这一段时间向李菲菲老师学习了不少东西,从而让我对日语有了更深的了解和体会。虽然课程结束了,但是学习是一辈子的事情。我会继续努力的~~大家也一起加油吧!
学员 yaba1:
一直想找一个学习日语的网校,可以反复听课,因为我不想学哑巴日语。外语网的老师讲得非常好,我很喜欢,打算一直学下去!
学员 liff1:
超喜欢李菲菲老师的日语课!语言简洁流畅不赘述,而且能把枯燥的课程讲得很生动。
学员 lsakld:
日语零起点是我在网校学习的第一个辅导班,以前就知道外语教育网,但当自己真的成为网校学员时,感觉非常好。通过学习类延云老师的课程,为自己打牢了日语基础。以后我会继续在网校学习,为出国做准备。
学员 984jkfjdslhk:
从学习日语零起点,到实用日语,再到新标准日本语,感谢外语教育网一路的陪伴,现在的我已经可以流利地用日语交流了。对于上班族和妈妈级的人来说,网校无疑是最好的学习场所,向各位学友推荐。我要大声说:网校太棒了!
学员 xwpae:
外语教育网课程真得很棒,老师讲得也很好。新标日是很经典的教材,是考试必学的内容,大家都来网校学习一下吧!
学员 xiepam:
眼看着能力考报名就要结束了,一直犹豫要不要报名,今天早上终于下定决心,准备参加今年的考试。N3虽然级别不高,但是,对于我来说已经很有难度了。听了外语教育网的课程,感觉自己能够跟上老师的讲课节奏,日语水平也得到了很大提高。希望今年夏天可以通过考试!
学员 hhaiwp:
是不是因为春天来了,所以漫画家都开始活跃起来,最近的新番真的很多,很喜欢看啊!距离7月份的能力考还有3个月,给自己加油!最亲爱的外语教育网老师,这段时间就要お愿いします!ガンバれ!
版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371