日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

日语阅读:阿Q正传(五)

2006-06-01 01:42   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  「貧乏人?‥‥‥おまえはおれより、よっぽど金持ちだ」そう言い捨てて、阿Qは立ち去った。

  一同は憮然(ぶぜん)となって、話もそれきり絶えた。趙旦那の親子は、家へ帰ると、

  燈(ひ)ともしころまで相談しあった。趙白眼は家へ帰ると、腰から巾着をはずして細君に渡し、

  行李の底へしまい込むように命じた。

  阿Qは、ふらふらして飛び廻って、地蔵堂へ戻ったときには、酒の酔いもすっかり醒めていた。

  この晩は、地蔵堂管理の老人もバカに親切で、お茶をふるまってくれた。

  阿Qは、餅を二つ所望して、それを食ってしまうと、さらに使いかけの四十匁蝋燭一本と燭台を求めた。

  蝋燭に火をつけて、ただひとり自分の小部屋に横になった。彼は、口に出して言いようのないくらい気分が新鮮で、

  愉快であった。蝋燭の光は元宵の夜のようにキラキラ閃き、彼の空想も次から次へと湧いた‥‥‥

  ?謀反か。おもしれえぞ‥‥‥白兜白鎧(しろかぶとしろよろい)の革命党が乗り込んで来る。

  手には青竜刀、鉄の鞭、爆裂弾、鉄砲、三叉の剣、鎌先の槍。

  地蔵堂の前を通りがかって、「阿Qいっしょに来い」って誘うんだ。そこで、いっしょについて行く‥‥‥

  「そうなると未荘の有象無象(うぞうむぞう)が見ものだろうて。

  土下座して「阿Q、お助け!」と来るだろう。誰が聴いてやるものか。

  まっさきにやっつける野郎は、小Dと趙旦那だ。それから、秀才。それから、にせ毛唐。

  何匹残してやるかな。ひげの王は、残してやってもいいんだが、ええ、やっちまえ‥‥‥

  「分取り物‥‥‥踊り込んで行って、箱をあけてみると、出るわ出るわ。

  馬蹄銀、銀貨、モスリンの単衣‥‥‥まず秀才のかみさんの寧波(ニンポー)寝台を地蔵堂へ運んでくる。

  それから銭の家の家財道具‥‥‥それとも趙の家のにするかな。自分じゃ手を出さないで、小Dの奴に運ばせてやる。

  早く運べ。おそいとガーンといくぞ‥‥‥

  「趙司晨の妹は、おたふくだ。鄒七嫂の娘は、まだ二、三年早い。

  にせ毛唐のかかあは、辮髪のない男と寝やがって、ふん、ろくでなしだ。

  秀才のかかあは、瞼にできものの痕があるし‥‥‥呉媽(うーま)は、そういえば長いこと見かけないな。

  どこへ行ったか‥‥‥惜しいことに大足だが」

  おしまいまで考えきらぬうちに、阿Qはもう鼾(いびき)をかいていた。四十匁蝋燭はまだ五分とは燃えていなかった。

  赤みのある、ゆらゆらした光が、彼の開いた口元を照らしていた。

  「おーう」と、阿Qは急に大きな声を立てた。頭をもたげて、きょろきょろ周囲を見まわした。

  四十匁蝋燭が目につくと、またもごろっと頭を倒して、そのまま睡ってしまった。

  次の日、彼はおそく起きた。街へ出てみたが、何一つ変わっていなかった。相変わらず腹もへる。

  思い出そうとしても、何も思い出せなかった。しかし彼は、ふと思案が浮かんだようであった。

  のそのそ歩くうちに、いつのまにか静修庵の前まで来てしまった。

  庵は、春のころと同じように静かであった。白い塀と黒い門.彼は、しばらく考えてから、近づいて門を叩いた。

  犬が内で吠えた。彼はあわてて煉瓦のかけらを拾い集めた。それから、もう一度、力をこめて叩いた。

  黒い門に無数のアバタができたころ、やっと内から門を開ける音がした。

  阿Qはいそいで煉瓦のかけらを握りなおし、足を踏ん張って、黒犬との開戦に備えた。

  しかし、庵の門は細目にあいただけで、黒犬は飛び出してくる気配もなかった。

  覗いてみると、年とった尼さんがひとりいるだけであった。

  「おまえ、また何しに来たの?」尼さんは、びっくりして言った。

  「カクメイだぞ‥‥‥知ってるかい‥‥‥」阿Qは、あいまいな口調で言った。

  「カクメイ? カクメイはもう済んだよ‥‥‥おまえたち、私たちをどうカクメイするのさ」尼さんは両目を赤く腫(は)らしている。

  「えっ‥‥‥」と、阿Qは腑に落ちない。

  「知らないのかい。もう来てカクメイしてしまったんだよ」

  「誰が‥‥‥?阿Qはますます腑に落ちない。

  「秀才と毛唐だよ」

  あまりの意外さに、阿Qは茫然となった。阿Qの鋭気のくじけた隙に、尼さんはすばやく門を閉めた。

  阿Qが再び推したときは、門はびくともしなかった。重ねて叩いたが、返事がなかった。

  それはまだ午前中のことであった。趙秀才は、早耳で革命党が夜前入城したことを知った。

  彼は辮髪を頭の頂きに巻き上げて、起き抜けに、それまで交際のなかった銭毛唐を訪問に行った。

  時はまさに「御一新」時代である。従って彼らは、うまが合って、たちまち意気投合の同志となり、

  相携えて革命への邁進を約した。彼らは研究に研究を重ねた。

  その結果、静修庵には「皇帝万歳万万歳」と書かれた竜牌があることを思い出して、

  これを革命の血祭りにあげようと話がきまり、さっそく相携えて庵へ革命しに出かけて行った。

  年取った尼が出てきて邪魔したので、ニ、三押し問答の末、両人は尼を満州政府なりとして、

  したたか頭上にステッキと鉄拳とを加えた。両人が帰った後で、尼さんが気を落ち着けて調べてみると、

  竜牌はもちろん粉々に砕けて地に落ちているし、そのうえ、観音像の前に供えてあった宣徳焼の香爐が失われていた。

  そのことを、阿Qは後になって知った。彼は、自分が寝過ごしたことを残念がった。

  しかしまた、両人が彼を迎えに来なかったのを怨んだ。だがまた、一歩退いてこうも考えるのであった。

  「さては奴らは、おれが革命党になったのをまだ知らないな」

  第八章 革命禁止

  未荘では、日一日と人心が安定していった。城内から伝わってくる風説によると、革命党は入城したものの、

  別に大した変化はないとのことであった。知事閣下はやはり元のままで、ただ官名が変わっただけである。

  それから挙人旦那も、何とやらいう‥‥‥これらの名前は未荘人にはきいてもわからない‥‥‥官職についた。

  兵隊の長はやはり以前の緑営軍准尉が当たっている。ただ、ひとつだけ恐ろしい事件が発生した。

  それは、別に悪い革命党が何人かまじっていて乱暴をし、次の日からは辮髪を切りはじめたことである。

  何でも隣村の船頭の七斤がやられて、ふた目と見られないザマにされたという。

  しかしこれは、大してこわがるほどのことではなかった。というのは、未荘の連中はめったに城内へは行かなかったし、

  また、たまに行きかけたものでも、さっそくその計画を変更しさえすれば、危険にぶつからずに済んだからである。

  折から阿Qも、城内の昔の友達を訪問する予定であったが、この噂をきいたので、止むなく取りやめにした。

  しかし、未荘にも革命がなかったわけではない。四、五日たつと、辮髪を頭の頂きにぐるぐる巻きにしたものが次第にふえてきた。

  前に述べたように、先鞭はむろん秀才先生だった。次は趙司晨と趙白眼であった。阿Qはその後である。

  これが夏のころなら、人々が辮髪を頭の頂きにぐるぐる巻きにしたり、あるいは束ねたりするのは、少しも珍しくない。

  しかし、今はもう秋も末であるから、この「冬の帷子(かたびら)」式の風俗は、

  巻き上げ家にとっては大英断と言わざるをえないし、未荘にとっても革命と無関係だとは言えないわけである。

  趙司晨が後頭部をサバサバさせて来かかるのを、見ていた連中がさかんにはやしたてた。

  「ほれ、革命党だぞ」

  それをきくと、阿Qは羨ましくてならなかった。秀才が辮髪を巻き上げたというビッグニュースは、

  彼はとっくに承知していたが、自分にもまねができるということには考え及ばなかった。

  いま、趙司晨もそうだと知って、はじめてまねる気になり、実行の決心をした。

  彼は、竹の箸で辮髪を頭の頂きに巻きつけ、しばらくためらった末、ようやく思い切って外へ出てみた。

  彼は街を歩いていった。人々は彼の方を見たが、何とも言ってくれなかった。

  阿Qは最初、おもしろくなかった。そのうちに不満になってきた。このごろ、彼はおこりっぽくなっている。

  実際は、彼の生活は、謀叛の前に較べて決して悪くはなく、人も彼に一目置いているし、

  商店も現金をよこせなどと言わなかったのだが。だが阿Qは、それにしても得意になれなかった。

  いやしくも革命したからには、こんなことであってはならない。しかも、あるときなど、

  彼は小Dにぶつかって、ますます癇癪をつのらせることになってしまった。

  小Dも、辮髪を頭の頂きにぐるぐる巻きにしていた。しかも、やっぱり竹箸に巻いているのだ。

  阿Qにしてみれば、まさか彼にこんなまねができようとは夢にも思わなかったし、

  また彼にこんなまねをさせて黙っているわけにもいかなかった。小Dなんて、いったいどこの馬の骨だ。

  さっそく彼をつかまえて、その竹箸をへし折り、辮髪を解いてしまい、かつ鉄拳を食らわせて、

  彼がおのれの素性を忘れて革命党になろうとした罪を懲(こ)らしてやろうと本気に考えた。

  だが、結局は勘弁してやることにした。ただ睨みつけて「ペッ」と唾を吐くだけに止めた。

  この数日間に城内へ行ったものは、にせ毛唐がただひとりであった。

  趙秀才は、衣裳箱を預かってやった恩顧を盾に取って、自身で挙人旦那を訪問する腹でいたところが、

  髪切り騒ぎが起こったので中止してしまった。彼は「第一公式」の手紙を書いて、

  にせ毛唐に託して城内へ届けてもらい、あわせて自由党(ヅーイウタン)への入党のための紹介方を懇望した。

  にせ毛唐は戻ってくると、秀才に銀四元の立て替えを請求した。それ以後、秀才は銀の桃を上衣に吊るすようになった。

  未荘人は感服して、あれは柿油党(ヅーイウタン)の勲章で翰林(かんりん)に相当するものだと噂しあった。

  そのため趙旦那までが急に威張りだしたことは、息子がはじめて秀才になったとき以上で、眼中何ものもなく、

  阿Qなどに出会っても、ほとんど葉牙にかけないそぶりを見せた。

  ちょうど阿Qは、内心不満で、時々刻々自分が落ち目にあるのを感じていた際とて、この銀の桃の風説をきくと、

  彼はただちに自分の落ち目の原因を了解した。革命するなら、口で参加を言うだけではダメなのだ、

  辮髪をぐるぐる巻きにしただけでもダメなのだ。何よりもまず革命党と懇意にならなければダメだ。

  彼がかねて知っている革命党はたったふたりだけだった。そのひとり、城内にいたのは、

  とっくに「バサリ」とやられてしまった。今では、にせ毛唐がひとり残っているだけだ。

  さっそく出かけていって、にせ毛唐に相談するよりほかには、もう道はないのだ。

  銭の邸の表門はちょうど開いていたので、阿Qは恐る恐る忍び足にはいって行った。みると、彼はびっくりした。

  にせ毛唐が内庭のまん中につっ立っている。全身まっ黒な、たぶん洋服というものだろう、それを着て、

  その上に、これも銀の桃を吊るして、手には、阿Qが見舞われたことのあるステッキを携えている。

  やっと一尺ばかり伸びた辮髪をばさばさに解いて、肩の上まで垂れ、髪を振り乱したところは、

  まるで画にかいた劉海仙人にそっくりだ。その真向かいに、畏(かしこ)まって立っているのが、

  趙白眼と三人の遊び人で、今まさに謹んで演説を拝聴しているところだった。

  阿Qは、こっそり近寄って、趙白眼の背後に立った。言葉をかけようと思ったが、

  なんといって呼びかけたものかと迷った。にせ毛唐、むろん、これはダメだ。異人さん、これもよくない。

  革命党、やはりダメ。西洋先生、まあこんなものだろうか。

  西洋先生は彼に気がつかなかった。ちょうど目を白くして演説に油が乗っているときだったから。

  「私は短気なものでありますから、顔さえ見ればこう申しました。

  黎元洪(リーユアンホン)君、われわれも着手しよう。ところが相手は、きまってこう申しました。

  ノウ‥‥‥これは外国語であるから、諸君にはわからない。そうでなければ、とっくに成功しとったのであります。

  しかし、これこそ彼が用心深い点なのであります。彼は再三再四、私に湖北へ行ってくれと頼むが、

  私はまだうんと言わない。誰もこんな小さな県城で仕事をしようなどとは思わんが‥‥‥」

  「え‥‥‥その‥‥‥」阿Qは、彼が一息つくのを待って、とうとう思い切って勇気を出して、口をきった。

  ただ、どうしたわけか、西洋先生と呼びかける言葉は、口から出てこなかった。

  演説を聴いていた四人がびっくりして振り返った。西洋先生も、やっと彼に気がついた。

  「何だ?」

  「その‥‥‥」

  「出て行け」

  「わしも‥‥‥」

  「うせろ!」西洋先生は、葬い棒をふりあげた。

  趙白眼と遊び人とは、口々にどなった。「先生が出て行けと言われるのだ。わからんか」

  阿Qは、手で頭をかばうようにして、知らぬまに門の外まで逃げ出していた。だが西洋先生は、追っては来なかった。

  彼は六十歩ばかり駈け足してから、並足に戻った。すると心のうちに、悲しみがこみあげてきた。

  西洋先生が彼に革命を禁ずるとすれば、もうほかに道はない。

  白兜白鎧の人が彼を誘いに来るあては、絶対になくなってしまった。

  彼のもっていた抱負、意図、希望、前途、それらは全部ご破算だ。

  遊び人たちが言いふらして、小Dやひげの王などまでバカにされる、なんてことは、そもそも第二の問題だ。

  こんな味気ない思いをしたことは、かつてなかったような気がした。

  辮髪をぐるぐる巻きにしたのさえ、無意味なことに思われて、バカらしくなった。

  腹いせに思い切って垂らしてやろうかとも考えたが、それもやりかねた。

  ぶらぶら歩いているうちに夜になり、つけで酒を二杯ひっかけた。

  酒が腹へはいると、次第に機嫌がなおり、ようやく白兜白鎧の破片が再び頭に浮かんでくるのであった。

  ある日、彼はいつものように、夜中までぶらつき、居酒屋が看板になってから、ようやく地蔵堂へ引き上げた。

  パーン、ガラガラガラ‥‥‥

  突然、異様な物音を彼はききつけた。爆竹の音のようではない。

  野次馬が飯より好きな阿Qのこととて、さっそく、闇のなかを駈けつけた。

  向こうから人の足音がするらしい。聞き耳を立てていると、突然、ひとりの男がこちらへ逃げてきた。

  それを見ると、阿Qもいそいで身を翻して、後へついて駈け出した。その男が角をまがると、阿Qもまがった。

  まがったところでその男が立ち止まったので、阿Qも立ち止まった。うしろを振り向いたが、何もいない。

  その男を見ると、それは小Dであった。

  「何だい?」阿Qは、つまらなくなってきた。

  「趙‥‥‥趙の家が、やられた」小Dは、息をせいて言った。

  阿Qの心臓はドキドキ波を打った。小Dは、そう言ったまま去ってしまった。

  阿Qは、逃げたり止まったり、また逃げたり止まったりした。

  しかし、なんといっても「この商売」に経験があるだけに、肝っ玉が太い。

  彼は、道の角からはい出て、よくよく聞き耳を立てた。ガヤガヤしているようだ。

  よくよく透かして見た。無数の白兜白鎧がいるようだ。

  後から後から、衣裳箱を担ぎ出し、家具を担ぎ出し、秀才の細君の寧波寝台まで担ぎ出しているようだ。

  ただ、はっきり見えないので、もっと前へ出ようとしたが、両足とも言うことをきかなかった。

  この晩は月がなかった。未荘は暗黒の底に静まり返っていた。

  静まり返って、伏義(ふっき)(伝説の帝王)時代のごとくに太平であった。

  阿Qは立って見ていた。見ているうちに自分でもいらいらしてきた。

  が、向こうは、相変わらず前と同じように、行ったり来たりして運んでいるようだ。

  衣裳箱を担ぎ出し、家具を担ぎ出し、秀才の細君の寧波寝台まで担ぎ出し‥‥‥あまり担ぎ出すので、

  彼はどうやら自分の眼が信じられなくなってきた。

[1][2][3][4][5][6]
相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371