日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日本留学 > 正文

茶道歴史入門

2006-06-03 00:58   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  お茶を飲む風習は、紀元前からすでに中国で行なわれていました。

  中国から日本にもたらされたお茶は、ただ飲むことから、礼法??作法を

  もった茶の湯へそして茶道へと独自の発展を遂げてきたのです。

  お茶は日常生活に欠かせない憩いを与え、人の心を豊かにしました。

  そして人間としての折目やけじめを教える働きのあるものなのです。

  茶の湯に道を求めたのは日本人の英知でありますが、とくに禅との

  ふれ合いの中で道は深まり、「茶禅一味」「和敬清寂」の精神が強調

  されるようになりました。

  茶の湯は、長い間 日本人の心と文化に深く根をおろし、はかり知れない

  影響を与えてきました。

  団茶

  中国では、唐の時代にお茶を飲むことが流行しました。

  日本では、平安時代に最澄、空海ら留学僧によってもたらされたお茶が、

  嵯峨天皇を中心とする宮廷貴族に愛好されたのです。

  その頃のお茶は「団茶」といって、お茶の葉を蒸し、つき固めて

  団子のようにしたものでした。

  しかし、この団茶はあまりおいしいものではなかったようです。

  一時流行し始めたお茶も、遣唐使の廃止と共に下火となりました。

  栄西

  栄西は、平安時代の終わり頃中国の宋に学ぴ、わが国に禅宗を開きました。

  この時、栄西は新しい茶種を持ち帰り、抹茶の法もたらせたのです。

  また栄西は、時の将軍源実朝に、茶と「喫茶養生記」という書物を献上しました。

  その書物には、「茶は養生の仙薬、延齢の妙術なり」と書かれてあり、

  当時お茶が薬として飲まれていたことがうかがわれます。

  栂尾茶

  高山寺の明恵上人は、栄西から贈られた茶の実を京都栂尾に栽培しました。

  それは栂尾の土地によく合い、良いお茶であるという評判を得ました。

  いわゆる栂尾茶の起こりです。

  さらに山城の宇治に移植し、今日の宇治茶のもとを開きました。

  それ以来、各地に茶園が広まったのです。

  茶と禅

  栄西とも親交があり、禅の修行もつんだ明恵上人は、とくに座禅修行の

  際のやすらぎと健康のために、抹茶の効用を説いたといわれています。

  そして、禅とお茶は切っても切れないものとなったのです。

  曹洞宗を伝えた道元によれば、当時修道生活における日常行儀の一つとして、

  喫茶、行茶、大座茶湯といった儀式化した茶があったことがうかがわれます。

  建仁寺の四頭の式は、この禅寺での茶礼を今に伝える貴重なものでありましょう。

  また、西大寺を再興した叡尊は、説教をする際には必ず施茶という形で

  民衆にも茶を与え、広く一般にお茶を広めました。

  このように、お茶の普及は、僧侶たち、特に禅宗の僧侶との深い関わりの

  中で行なわれてきたのです。

  闘茶

  鎌倉時代の後半から、南北朝、室町時代の中頃にかけて、中国から入ってきた

  闘茶の茶寄合が、流行しました。

  この闘茶というのは、何種類かのお茶を飲み、本茶である栂尾産の茶であるか

  どうかを当てる遊びで、当てた得点によって賞品が与えられました。

  何回もお茶を飲むので、十服茶、五十服茶などという別名もあるほどです。

  闘茶を行なう場所は二階建の会所で、その階上を喫茶亭と呼んでいました。

  またそこの主人のことを亭主といい、後に茶会の主人のことを亭主と呼ぶのは、

  ここから始まったのです。

  「一服一銭」茶

  こうして一般社会の人々の間にも、寄り合って茶会を開く風習が広まりました。

  そして、庶民にも簡単にお茶が飲めるようになり、「一服一銭」と呼び声を

  たてる立売茶があらわれ、やがて茶店も生まれました。

  応永の頃には、東寺の南大門あたりや、祇園祭りにも一服一銭の立売りがでて、

  都の名物となったのです。

  そのようなところの抹茶のことをすぐに泡が消えてしまうところから、

  雲脚茶とも呼んでいたといわれています。

  上一篇:  日本と中国の神様と神社

  下一篇:  日本の包み

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371