日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

日语阅读:夏祭りの夜は何か起こりやすい(一)

2006-06-02 11:12   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  藍色に金魚と水草をあしらった浴衣姿の少女が、小走りに駆け寄ってくる。

  「ごっめーん。」

  「おい、遅いぞ。」

  彼女を待っていたらしい少年が、少し不満げに言葉を返す。

  時刻は、既に夕刻から、夜へと移ろうとしている。

  昼の暑苦しかった空気も、次第に爽やかさを帯びた風が混じり始めていた。

  「ごめんごめん、うちのお婆ちゃん,和服にはうるさくて。」

  申し訳なさそうに、少女は呟く。

  浩一と裕子。

  2人は、互いの両親が,親戚同然のつき合いだったこともあり、小学校に入る前、そして入った後も,兄妹のように遊んできた間柄だった。

  しかし、学区制の問題で、中学は、別々になり、また、この頃,両親の方も仕事が忙しかったり休みが合わなかったりと,両家は、少しずつ疎遠になっていたせいもあって、2人が会う機会は、大幅に削られることになった。

  また、中学生となれば、必要以上に異性を意識してしまう年頃でもある。

  意識的にも無意識的も,2人は、互いに、相手に避けるような行動ばかり取っていた。

  そして、高校の入学,2人は、再会した。

  同じクラスとして。

  特に親しかった友人が、他の高校やクラスにいってしまったこともあって、知っている人間が、周囲にいないと言う心細さからか,好きとかキライといういう以前に、2人は、なにかにつけ、一緒に行動することが多くなった。

  高校生活にも慣れ、新しい友人が出来た頃には、2人は、互いの存在が自分に不可欠なものになっていることに気づいた。

  特にプロポーズをしたわけでもないが、いつのまにやら、2人は、誰から見ても、恋人同士以外の何者でもなくなっていた。

  もっとも、当の本人達が,それが、「恋愛感情」であることに気づき、それを受け入れるまで、もう若干の時間を必要としたが。

  最初は、照れやら周囲の目やらが気になったものの,一度、受け入れてしまえば,自分にとって大切な人がいるという状態は、どこか束縛されているようにも関わらず,妙に、心を和ませるものがあった。

  今夜の7月の夏祭りに一緒に行くのは,小学4年の時以来実に6年ぶりのことだ。

  御神輿や山車などがでる方の祭りは、8月下旬の別の祭りで、今夜の夏祭りは、その前哨戦とも言える夜の屋台の列が中心になるものなのだが,むしろ、高校生である彼らには,その方が、嬉しい。

  「あーあ、やっぱり,和服って、髪長い方がいいよね。」

  自分の前髪を摘んでみながら、裕子は,少し残念そうに呟く。

  浴衣であることを気にしてか、ショートの髪を、彼女は,いつもより多めに前髪をあげて、少し額を出すようにしていた。

  可愛らしいおでこが、浴衣と共に、納涼感を醸し出している。

  「やっぱり,浴衣には、長い髪をアップにしてたほうが情緒あるよね。浩一もそう想うでしょ。」

  「そんなことないって。よく似合ってるよ。」

  「ありがと。お世辞でも、嬉しいよ。」

  浩一の言葉に、裕子は、にっこりと笑顔を見せる。

  「お世辞じゃないから、安心しろよ。」

  浩一は,少し照れるようにそっぽを向きながら応える。

  「浩一。」

  裕子は、しがみつくように、浩一の左腕に自分の腕をまわす。

  「おい、まだ暑いんだから、そんなにくっつくなって。」

  そう言いながらも,浩一の顔もまた、まんざらではないようだった。

  鯛焼きタコ焼きイカ焼き大判焼きお好み焼きべっこう飴リンゴ飴杏飴ワタ飴ラムネ型抜き

  金魚すくいカメすくい水風船ヨーヨー射的輪投げお面風車

  そして、その間を押し合うようにすれ違っていく人の混雑

  ひといきれと喧噪普段なら,鬱陶しいハズのそれも、お祭りの夜には、それこそが、求められているのだ。

  2人は、つき合い程度に金魚すくいをし、ワタ飴をかじり,タコ焼きをぱくつく。

  お祭りの持つ独特の雰囲気は,人を明るく楽しく開放的にしてくれる。

  特に買うものが無くても、屋台の列の中を、散策でもするかのように、歩くだけで、なぜか得をした気分になってしまう。

  ましてや、恋人同士で,そんな中を歩くとなれば、楽しさ累乗算というところだろう。

  浩一と裕子も例外ではない。

  意味もなく、屋台の列を何往復もしてしまう。

  時計は、9時に差し掛かろうとし、屋台の列の中の人も次第にまばらになっていく。

  2人は、どちらかというでもなく、帰路を歩み始めた。

  互いに、大切な相手と一緒に、年に一度しかない夏の貴重な一夜を過ごせたことに、満足感を覚えながら,それだけに別れを惜しむように、ゆっくりと歩を進めていく。

  町内の公民館のそばを通ったとき、そのそばの丘の上に小さな灯りが見えた。

  「あ、あれ、神社のじゃない?」

  裕子は、驚いたように声をあげた。

  「あ、そうだな。」

  そう応えながら、浩一は、ゆっくりと、丘の上の灯りを仰ぎ見る。

  あの神社に関しては、2人とも,忘れようにも忘れられない思い出がある。

  もう、10年近くも前のことだ。

  やはり、夏祭りの夜のことだった。

  祭りの帰り道、浩一は、裕子を,無理矢理、神社へと、引っ張り込んだ。

  夜中の神社で、裕子を怖がらせてやろう。という子供の発想からだ。

  ところが,引っ張り込んだ張本人も,夜中の神社という独特な雰囲気に呑まれてしまい、更にタイミング良く裕子が泣き出してしまったことで、2人仲良く、恐怖に泣き出してしまった。

  こうなると、もはや、怖さで身動き1つ出来ない。

  通行人が,神社から子供の声が聞こえるということで、届け出てくれたおかげで、事なきを得たが,あの後,浩一は、こっぴどく叱られることになった。

  今となっては、ちょっと恥ずかしいものの,いい思い出だ。

  「ね、ね、お祭りなんだし、ちょっと寄っていってみようよ。」

  裕子は、昔のことが懐かしくなったのか,そう提案する。

  浩一にしてみても、特に反対する理由はない。

  2人は向きを変え、神社へと続く石段を登り始めた。

  神社へと続く石段は、照明など無かったが,満天の星空と,満ちきるまで後数日という具合の月が照らし出してくれたお陰で,暗闇に慣れた目には,歩くのに支障はない。

  慣れない下駄の裕子の歩調に合わせるようにして,浩一は、緩やかな石段を登る。

  下駄が石段を叩く,小さなしかし甲高い音が,石段の左右に広がった竹林の中に響く。

  子供の頃は、天にすら届くかのように高いと想われた石段の上の神社は,意外なほど呆気なく,たどり着いてしまった。

  祭りの夜だけに、近所の人が用意してくれたのだろう。

  神社の境内には、灯明に,御神酒、お供えが添えられていた。

  「懐かしいね。この神社,こんなに小さかったっけ」

  感慨深そうに,裕子は呟く。

  境内へ続く階段の埃をはらい、浩一は腰掛ける。

  裕子もその隣に腰を下ろした。

  「子供の時の思い出って,忘れられないのに,どこか不鮮明なんだよね。」

  裕子の瞳は、遠くを見つめるモノに変わり、浩一は、その表情に、心臓が高鳴るのを覚えた。

  夏祭り、2人きり,薄暗い神社の境内。

  シチュエーション的には,かなりオイしい状況が、彼の前に用意されていた。

  (こ、これなら、キスぐらい、いいよな)

  そんなことを考えていると、不意に夜空が明るく照らし出された。

  数秒遅れで、ドーンという,腹その底まで響く大音響が。

  「あ,花火。」

  裕子は,夜空を見上げながら呟く。

  尺玉やスターマイン連発が飛び交う本格的な花火は,8月の祭りになるのだが,今夜の花火も,規模でこそ負けてはいるものの,見る者の心を奪うだけの壮麗さは十分に備えている。

  事実、2人は、境内に腰掛けたまま,しばらくの間,空に開く,壮大な花に見とれていた。

  名残惜しい気持ちと空気が、2人の間に生まれる。

  来年の夏は,たしかに,また訪れる

  しかし、こんな大切な人と一緒に楽しい時を過ごせる夏は、もう2度とやってきてはくれないのでは?

  それならば、いっそのこと、このまま、別れたくない。

  このまま,ずっと一緒にいたい。

  期せずして、2人は、同じ事を考えていた。

  いきなり、夜が明けたのではないかと錯覚しそうなほど,空が、明るく、そして白く照らし出される。

  全てが、その中に溶けてしまいそうなほど,強烈な光。

  あまりの光の烈しさに,2人は、その意識さえも、その中に呑み込まれていった。

  呑み込まれたかと想ったのは,ほんの数秒のことだったらしい。

  「いやー、今のは、すごかったなあ」

  意識を取り戻し、何という気もなしに、裕子のそう話しかけようとした浩一は、自分の口から聞こえた声に、自分の耳を疑った。

  いつも聞き慣れた自分の声ではない。

  それよりも、ずっと甲高い、まるで女のコのような声

  花火の音のせいで,聴覚がおかしくなったのでは想い、あわてて、耳に手をやろうとした浩一は、今度は腕から手首までの違和感に気づいた。

  自分は着ていたのはTシャツのハズなのに,なぜか、手首辺りにまで布地の感触があった。

  さらに、鳩尾の辺りから腹部にかけて、締め付けられるような圧迫感。

  足にまとわりつく布地の感触は、ジーンズのものではなく,足の親指と人差し指の間には、鼻緒の感触があった。

  「え?」

  跳ねるようにして立ち上がると、視線を身体へと向ける。

  薄暗闇の中に,神社の蛍光灯と蝋燭で照らし出されたそこには、濃紺のいや、暗闇の中のことなので、実は、青か藍色なのかもしれないがとにかく、そういう系統の浴衣を、浩一は身に付けていた。

  胸から腹にかけては、オレンジ色と思しき帯これが、圧迫感の原因だろう。

  更に視線を下に向けると,小さな下駄とその中に収まった小さな足、そして小さな指。

  その服装に、浩一は覚えがあった。

  ま、まさか

  すぐそばに,人の気配を覚え、浩一は、視線をそちらに向けた。

  絶句するのに、3秒とかからなかった。

  Tシャツにジーンズ姿の少年が、唖然とした顔で。立ちつくしていた。

  そして、その少年の顔は、浩一のものだった。

  浩一は、絶句を続けるしかなかった。

  まあ無理はない。

  死体が起きあがっても、これだけびっくりできるかは、自信がなかった。

  なにしろ、目の前に、自分が立っているのだから。

  これで、驚くなという方が,横暴な話だ。

  浩一が,絶句から抜け出すのに、3分近い時間を要した。

  「お、おまえ、一体、誰だ?」

  相変わらず甲高い声だったが,今は、それよりも、目の前にいる自分そっくりな少年の正体が気になった。

  「お、おまえって人のこと,おまえなんていう、あんたこそ、誰なの?」

  浩一そっくりの少年は、上擦った口調で言い返してくる。

  向こうも、こちらのことが分からず、かなり戸惑っているようだった。

  しかし、なぜ、語尾が女言葉になっているのだろう?

  声まで、自分そっくりだったため、浩一は、かなり気持ち悪いものを感じていた。

  ん、女言葉?今の自分の服装は浴衣目の前にいる自分の姿

  「まさかお前,裕子か?」

  自分の姿になった裕子らしき人物に,浩一は、震える口調で、問いかける。

  「お前、裕子かって,確かに,あたしは、裕子だけど、それより、あんたこそ誰よ!」

  間違いない。

  その計算結果をはじき出した自分自身が、信じられない答えだったが,証拠が揃いすぎている。

  「おれ、浩一だよ。」

[1][2]

  上一篇:  日语阅读:雪女

  下一篇:  十六夜咲夜(中日对照)

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时
学员 ajgoq12:
我参加了外语教育网日本语能力测试N1考试辅导课程,很喜欢李菲菲老师的讲课风格。老师授课重点突出,注重日语学习能力的培养,让我受益良多。即将参加考试了,我一定会考出好的成绩。再一次感谢老师,感谢网校!
学员 iehkfn584:
外语教育网日语能力测试网上辅导的李菲菲老师讲得真好,真得很感谢老师。还有网站的高清课件和移动课堂真棒,课程播放流畅,画面清晰,能够随时学习,功能太强大了!
学员 kaku1:
刚上课时觉得课程很多,不知不觉间3个月课就上完了,果然时光易逝啊。这一段时间向李菲菲老师学习了不少东西,从而让我对日语有了更深的了解和体会。虽然课程结束了,但是学习是一辈子的事情。我会继续努力的~~大家也一起加油吧!
学员 yaba1:
一直想找一个学习日语的网校,可以反复听课,因为我不想学哑巴日语。外语网的老师讲得非常好,我很喜欢,打算一直学下去!
学员 liff1:
超喜欢李菲菲老师的日语课!语言简洁流畅不赘述,而且能把枯燥的课程讲得很生动。
学员 lsakld:
日语零起点是我在网校学习的第一个辅导班,以前就知道外语教育网,但当自己真的成为网校学员时,感觉非常好。通过学习类延云老师的课程,为自己打牢了日语基础。以后我会继续在网校学习,为出国做准备。
学员 984jkfjdslhk:
从学习日语零起点,到实用日语,再到新标准日本语,感谢外语教育网一路的陪伴,现在的我已经可以流利地用日语交流了。对于上班族和妈妈级的人来说,网校无疑是最好的学习场所,向各位学友推荐。我要大声说:网校太棒了!
学员 xwpae:
外语教育网课程真得很棒,老师讲得也很好。新标日是很经典的教材,是考试必学的内容,大家都来网校学习一下吧!
学员 xiepam:
眼看着能力考报名就要结束了,一直犹豫要不要报名,今天早上终于下定决心,准备参加今年的考试。N3虽然级别不高,但是,对于我来说已经很有难度了。听了外语教育网的课程,感觉自己能够跟上老师的讲课节奏,日语水平也得到了很大提高。希望今年夏天可以通过考试!
学员 hhaiwp:
是不是因为春天来了,所以漫画家都开始活跃起来,最近的新番真的很多,很喜欢看啊!距离7月份的能力考还有3个月,给自己加油!最亲爱的外语教育网老师,这段时间就要お愿いします!ガンバれ!
版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371