日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

日语阅读:追憶(一)

2006-06-01 14:21   来源:芥川龍之介       我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  一 埃

  僕の記憶の始まりは数え年の四つの時のことである。と言ってもたいした記憶ではない。ただ広さんという大工が一人、梯子(はしご)か何かに乗ったまま玄能で天井を叩(たた)いている、天井からはぱっぱっと埃(ほこり)が出る――そんな光景を覚えているのである。

  これは江戸の昔から祖父や父の住んでいた古家を毀(こわ)した時のことである。僕は数え年の四つの秋、新しい家に住むようになった。したがって古家を毀したのは遅(おそ)くもその年の春だったであろう。

  二 位牌

  僕の家(うち)の仏壇には祖父母の位牌(いはい)や叔父(おじ)の位牌の前に大きい位牌が一つあった。それは天保(てんぽう)何年かに没した曾祖父母(そうそふぼ)の位牌だった。僕はもの心のついた時から、この金箔(きんぱく)の黒ずんだ位牌に恐怖に近いものを感じていた。

  僕ののちに聞いたところによれば、曾祖父は奥坊主を勤めていたものの、二人の娘を二人とも花魁(おいらん)に売ったという人だった。のみならずまた曾祖母も曾祖父の夜泊まりを重ねるために家に焚(た)きもののない時には鉈(なた)で縁側を叩(たた)き壊(こわ)し、それを薪(たきぎ)にしたという人だった。

  三 庭木

  新しい僕の家の庭には冬青(もち)、榧(かや)、木斛(もっこく)、かくれみの、臘梅(ろうばい)、八つ手、五葉の松などが植わっていた。僕はそれらの木の中でも特に一本の臘梅を愛した。が、五葉の松だけは何か無気味でならなかった。

  四 「てつ」

  僕の家(うち)には子守(こも)りのほかに「てつ」という女中が一人あった。この女中はのちに「源(げん)さん」という大工のお上さんになったために「源てつ」という渾名(あだな)を貰(もら)ったものである。

  なんでも一月か二月のある夜、(僕は数え年の五つだった)地震のために目をさました「てつ」は前後の分別を失ったとみえ、枕(まくら)もとの行灯(あんどん)をぶら下げたなり、茶の間から座敷を走りまわった。僕はその時座敷の畳に油じみのできたのを覚えている。それからまた夜中の庭に雪の積もっていたのを覚えている。

  五 猫の魂

  「てつ」は源(げん)さんへ縁づいたのちも時々僕の家(うち)へ遊びに来た。僕はそのころ「てつ」の話した、こういう怪談を覚えている。――ある日の午後、「てつ」は長火鉢(ながひばち)に頬杖(ほほづえ)をつき、半睡半醒(はんすいはんせい)の境にさまよっていた。すると小さい火の玉が一つ、「てつ」の顔のまわりを飛びめぐり始めた。「てつ」ははっとして目を醒(さ)ました。火の玉はもちろんその時にはもうどこかへ消え失(う)せていた。しかし「てつ」の信ずるところによればそれは四、五日前に死んだ「てつ」の飼い猫(ねこ)の魂がじゃれに来たに違いないというのだった。

  六 草双紙

  僕の家(うち)の本箱には草双紙(くさぞうし)がいっぱいつまっていた。僕はもの心のついたころからこれらの草双紙を愛していた。ことに「西遊記(さいゆうき)」を翻案した「金毘羅利生記(こんぴらりしょうき)」を愛していた。「金毘羅利生記」の主人公はあるいは僕の記憶に残った第一の作中人物かもしれない。それは岩裂(いわさき)の神という、兜巾鈴懸(ときんすずか)けを装った、目(ま)なざしの恐ろしい大天狗(だいてんぐ)だった。

  七 お狸様

  僕の家(うち)には祖父の代からお狸様(たぬきさま)というものを祀(まつ)っていた。それは赤い布団にのった一対の狸の土偶(でく)だった。僕はこのお狸様にも何か恐怖を感じていた。お狸様を祀ることはどういう因縁によったものか、父や母さえも知らないらしい。しかしいまだに僕の家には薄暗い納戸(なんど)の隅(すみ)の棚(たな)にお狸様の宮を設け、夜は必ずその宮の前に小さい蝋燭(ろうそく)をともしている。

  八 蘭

  僕は時々狭い庭を歩き、父の真似(まね)をして雑草を抜いた。実際庭は水場だけにいろいろの草を生じやすかった。僕はある時冬青(もち)の木の下に細い一本の草を見つけ、早速それを抜きすててしまった。僕の所業を知った父は「せっかくの蘭(らん)を抜かれた」と何度も母にこぼしていた。が、格別、そのために叱(しか)られたという記憶は持っていない。蘭はどこでも石の間に特に一、二茎(けい)植えたものだった。

  九 夢中遊行

  僕はそのころも今のように体(からだ)の弱い子供だった。ことに便秘(べんぴ)しさえすれば、必ずひきつける子供だった。僕の記憶に残っているのは僕が最後にひきつけた九歳の時のことである。僕は熱もあったから、床の中に横たわったまま、伯母(おば)の髪を結うのを眺(なが)めていた。そのうちにいつかひきつけたとみえ、寂しい海辺(うみべ)を歩いていた。そのまた海辺には人間よりも化け物に近い女が一人、腰巻き一つになったなり、身投げをするために合掌していた。それは「妙々車(みょうみょうぐるま)」という草双紙(くさぞうし)の中の插画(さしえ)だったらしい。この夢うつつの中の景色だけはいまだにはっきりと覚えている。正気になった時のことは覚えていない。

  一〇 「つうや」

  僕がいちばん親しんだのは「てつ」ののちにいた「つる」である。僕の家(うち)はそのころから経済状態が悪くなったとみえ、女中もこの「つる」一人ぎりだった。僕は「つる」のことを「つうや」と呼んだ。「つうや」はあたりまえの女よりもロマンティック趣味に富んでいたのであろう。僕の母の話によれば、法界節(ほうかいぶし)が二、三人編(あ)み笠(がさ)をかぶって通るのを見ても「敵討(かたきう)ちでしょうか?」と尋ねたそうである。

  一一 郵便箱

  僕の家(うち)の門の側(そば)には郵便箱が一つとりつけてあった。母や伯母(おば)は日の暮れになると、かわるがわる門の側へ行き、この小さい郵便箱の口から往来の人通りを眺(なが)めたものである。封建時代らしい女の気もちは明治三十二、三年ころにもまだかすかに残っていたであろう。僕はまたこういう時に「さあ、もう雀色時(すずめいろどき)になったから」と母の言ったのを覚えている。雀色時という言葉はそのころの僕にも好きな言葉だった。

  一二 灸

  僕は何かいたずらをすると、必ず伯母(おば)につかまっては足の小指に灸(きゅう)をすえられた。僕に最も怖(おそ)ろしかったのは灸の熱さそれ自身よりも灸をすえられるということである。僕は手足をばたばたさせながら「かちかち山だよう。ぼうぼう山だよう」と怒鳴ったりした。これはもちろん火がつくところから自然と連想(れんそう)を生じたのであろう。

  一三 剥製の雉

  僕の家(うち)へ来る人々の中に「お市さん」という人があった。これは代地(だいち)かどこかにいた柳派の「五(ご)りん」のお上(かみ)さんだった。僕はこの「お市さん」にいろいろの画本(えほん)や玩具(おもちゃ)などを貰(もら)った。その中でも僕を喜ばせたのは大きい剥製(はくせい)の雉(きじ)である。

  僕は小学校を卒業する時、その尾羽根の切れかかった雉を寄附していったように覚えている。が、それは確かではない。ただいまだにおかしいのは雉の剥製を貰った時、父が僕に言った言葉である。

  「昔、うちの隣にいた××××(この名前は覚えていない)という人はちょうど元日のしらしら明けの空を白い鳳凰(ほうおう)がたった一羽、中洲(なかず)の方へ飛んで行くのを見たことがあると言っていたよ。もっともでたらめを言う人だったがね」

  一四 幽霊

  僕は小学校へはいっていたころ、どこの長唄(ながうた)の女師匠は亭主の怨霊(おんりょう)にとりつかれているとか、ここの仕事師のお婆(ばあ)さんは嫁の幽霊に責められているとか、いろいろの怪談を聞かせられた。それをまた僕に聞かせたのは僕の祖父の代に女中をしていた「おてつさん」という婆さんである。僕はそんな話のためか、夢とも現(うつつ)ともつかぬ境にいろいろの幽霊に襲われがちだった。しかもそれらの幽霊はたいていは「おてつさん」の顔をしていた。

  一五 馬車

  僕が小学校へはいらぬ前、小さい馬車を驢馬(ろば)に牽(ひ)かせ、そのまた馬車に子供を乗せて、町内をまわる爺(じい)さんがあった。僕はこの小さい馬車に乗って、お竹倉や何かを通りたかった。しかし僕の守(も)りをした「つうや」はなぜかそれを許さなかった。あるいは僕だけ馬車へ乗せるのを危険にでも思ったためかもしれない。けれども青い幌(ほろ)を張った、玩具(おもちゃ)よりもわずかに大きい馬車が小刻みにことこと歩いているのは幼目にもハイカラに見えたものである。

[1][2][3][4]

  上一篇:  日语阅读:神道

  下一篇:  日语阅读:友情と恋愛

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时
学员 ajgoq12:
我参加了外语教育网日本语能力测试N1考试辅导课程,很喜欢李菲菲老师的讲课风格。老师授课重点突出,注重日语学习能力的培养,让我受益良多。即将参加考试了,我一定会考出好的成绩。再一次感谢老师,感谢网校!
学员 iehkfn584:
外语教育网日语能力测试网上辅导的李菲菲老师讲得真好,真得很感谢老师。还有网站的高清课件和移动课堂真棒,课程播放流畅,画面清晰,能够随时学习,功能太强大了!
学员 kaku1:
刚上课时觉得课程很多,不知不觉间3个月课就上完了,果然时光易逝啊。这一段时间向李菲菲老师学习了不少东西,从而让我对日语有了更深的了解和体会。虽然课程结束了,但是学习是一辈子的事情。我会继续努力的~~大家也一起加油吧!
学员 yaba1:
一直想找一个学习日语的网校,可以反复听课,因为我不想学哑巴日语。外语网的老师讲得非常好,我很喜欢,打算一直学下去!
学员 liff1:
超喜欢李菲菲老师的日语课!语言简洁流畅不赘述,而且能把枯燥的课程讲得很生动。
学员 lsakld:
日语零起点是我在网校学习的第一个辅导班,以前就知道外语教育网,但当自己真的成为网校学员时,感觉非常好。通过学习类延云老师的课程,为自己打牢了日语基础。以后我会继续在网校学习,为出国做准备。
学员 984jkfjdslhk:
从学习日语零起点,到实用日语,再到新标准日本语,感谢外语教育网一路的陪伴,现在的我已经可以流利地用日语交流了。对于上班族和妈妈级的人来说,网校无疑是最好的学习场所,向各位学友推荐。我要大声说:网校太棒了!
学员 xwpae:
外语教育网课程真得很棒,老师讲得也很好。新标日是很经典的教材,是考试必学的内容,大家都来网校学习一下吧!
学员 xiepam:
眼看着能力考报名就要结束了,一直犹豫要不要报名,今天早上终于下定决心,准备参加今年的考试。N3虽然级别不高,但是,对于我来说已经很有难度了。听了外语教育网的课程,感觉自己能够跟上老师的讲课节奏,日语水平也得到了很大提高。希望今年夏天可以通过考试!
学员 hhaiwp:
是不是因为春天来了,所以漫画家都开始活跃起来,最近的新番真的很多,很喜欢看啊!距离7月份的能力考还有3个月,给自己加油!最亲爱的外语教育网老师,这段时间就要お愿いします!ガンバれ!
版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371