日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日本留学 > 正文

日本人の曖昧さの原因

2006-06-03 01:25   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  なぜ日本人は心にもないことを言うのだろうか

  日本人は言葉(ことば)の意味(いみ)を曖昧(あいまい)にして使うことが多い。また自分自身(じぶんじしん)の感情(かんじょう)を曖昧にすることも多い。ここでは日本人が普段(ふだん)何気(なにげ)なく使っている言葉を例に日本人の曖昧さを捉えていく。そして日本人の曖昧さの原因(げんいん)を考える。

  ◆いつも子どもがお世話になっております。

  親が「いつも子どもがお世話になっております」と言うときは、心から感謝(かんしゃ)している場合もある。しかし礼を言う必要はないと感じながら言うときの方が多い。この言葉のそこには2つの重要な観念(かんねん)が秘められている。

  一つは家族に対する行為(こうい)に対しては、自分自身が好意(こうい)を受けたのと同じように、感謝の意を示すべきだという考えである。

  もう一つは、人とのつながりは自覚(じかく)しなくても恩恵(おんけい)を被っているかもしれないから「お世話になる」という関係(かんけい)で捉えるべきだという考えだ。

  ◆ ―どちらへ?

  ―ええ、ちょっとそこまで。

  この言葉は別に行き先を検索(けんさく)するわけではない。だから聞かれた方としても、具体的(ぐたいてき)には答えず「そこ」と言って曖昧にしてしまう。それは相手(あいて)が元気で外出(がいしゅつ)するのを見て喜ぶ気持ちや、忙しそうに出歩くのは何か異変(いへん)があったのかと心配(しんぱい) する言葉から出ているのである。いずれにせよ、この質問は相手の幸せに対する関心を示すものである。しかし大都市ではこの挨拶(あいさつ)に抵抗(ていこう)を感じる人が多くなっている。それはお前には関係がないと思うからである。

  ◆先日はごちそう様でした。

  このときに言う「先日」とは3ヶ月まであることも多い。日本人は食事(しょくじ)をごちそうになったときは、必ず記憶(きおく)にとどめて礼を述べる。そのときに十分に感謝をしたのだから、もう一度お礼を言う必要(ひつよう)はないと思うが、怠ってはいけないものと考えられている。しかしこの言葉の根底(こんてい) には、どちらがお金を払ったかということが問題なのではない。それよりも、前回会って楽しかったという事実(じじつ)を記憶(きおく)しているのが重要なのだ。つまり、同じ経験(けいけん)を分かち合ったことを忘れていないことを示すことなのだ。同じ経験を持ったことの記憶が両者の良い関係を築くのに役立つのだ。

  ◆うちはもっとひどいんですよ。

  日本人はよく自分の不幸(ふこう)を人に向かってこぼす。自分の幸運(こううん)を簡単(かんたん)に認めようとはしないのだ。一つは相手の感情を思いやってのことであろうし、また冷たくされたり敵意(てきい)を持たれたりするのを極度(きょくど)に恐れるからだ。そして聞き手の方でも相手の不運を認めようとはせず、ほめたりうらやんだりするのをやめない。家族について愚痴(ぐち)を言うのは、日本人、特に女性の間でよく見られる。母親はたいてい、うちの子供は行儀(ぎょうぎ)が悪いとか学校の成績(せいせき)が悪いだとか言う。妻は夫のことを怠け者で気が回らないと言う。聞き手に回った者は自分の子供や亭主(ていしゅ)はもっとひどいと言う。こうしたやりとりで、相手も自分も同じような不運で多くの共通点(きょうつうてん)を持つことを確認(かくにん)する。だがすぐに忘れてしまう。話のネタとして、人間関係を作る道具(どうぐ)になっているに過ぎないのだ。

  ◆たいへん結構だと思います。でも間違いかもしれませんが……。

  日本人は人の言うことを批判(ひはん)するときは必ず、賛成(さんせい)しておいてから批判をする人が多い。感情を傷つけることなく批判をするのは非常(ひじょう)に容易 (ようい)ではない。日本語の丁寧(ていねい)な会話では批判をするときには特に時間をかけ気を配ることが必要である。誰かに批判を求められたときは、まずその案を高く評価(ひょうか)する。その後に批判を示す。日本人は相手との関係を損なうことなく意見の言える適切(てきせつ)な瞬間(しゅんかん)を見出そうと考慮(こうりょ)し続けているのだ。

  ◆おつかれさまでした。

  理髪店(りはつてん)で調髪(ちょうはつ)が済むと理容師(りようし)は「おつかれさまでした」と言う。客にとっては椅子にかけて、ぼんやり考え事をするだけでぜんぜん疲れた覚えはないはずだ。疲れたのは理容師自身ではないだろうか。しかしこれは日本式の感謝の挨拶なのである。非礼(ひれい)を詫びたり、いたわりを示すことによって感謝を表明することはよくあることだ。

  日本人の曖昧さの原因

  一、人の感情を傷つけたくない。(嫌われるのを極度に恐れているので感情をあまり出せない)

  二、良い人間関係を築きたい。(人と同じ感情を共有することで人間関係を形成)

  上一篇:  日本の歴史

  下一篇:  日语:空手道

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371