日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日本留学 > 正文

日本茶道の流派

2006-07-28 21:56   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  一般に知名度が高いのが、いわゆる三千家と称される「表千家」「裏千家」「武者小路千家」です。この呼称は三千家の起源に由来します。

  千利休が切腹して果てた後、文禄三年に千家はお家再興が許されます。しかし利休の孫、宗旦は自らは仕官しないで、自分の息子たちの仕官に奔走します。その甲斐あって「表千家」の祖になる千宗左は紀州徳川家に、「裏千家」の祖になる千宗室は加賀前田家に、「武者小路千家」の祖になる千宗守は高松松平家にそれぞれ仕えることになります。

  その後、宗旦は隠退し、不審庵を宗左に譲り、その北裏に今日庵を作りますが、その今日庵も宗室に譲ります。それぞれ後を継いだ不審庵、今日庵が表裏にあったことから、不審庵を「表千家」、今日庵を「裏千家」と称するようになったのです。一方、宗守は官を辞した後、武者小路小川に官休庵を建て、そこで茶道を教授したことから「武者小路千家」よ呼ばれるようになりました。

  宗旦には、息子の他にも宗旦四天王と称される優秀な門人が大勢いました。

  「宗偏流」の祖、山田宗偏もその一人です。江戸において利休正伝の茶法を称して多くの弟子に教授しました。宗偏は吉良上野介邸にも出入りしていので、それを知った赤穂浪士、大高源吾が入門し、茶会の日取りから吉良邸討ち入りの日を決めたという話は、有名です。

  同じく、四天王の一人に数えられることもある松尾宗二の曾孫にあたる宗二が「表千家」の覚々斎宗左に師事し、「松尾流」の祖となります。名古屋地方に茶道を広め、代々名古屋に住んでいます。

  「江戸千家(江戸千家宗家、江戸千家)」の祖、川上不白は「表千家」如心斉宗左のもとで相伝を受け、「七事式」の創案に関わります。また、江戸における千家茶道の普及につとめ、一流を許され江戸千家(江戸千家宗家、江戸千家)と称します。

  「南坊流」は利休の弟子である南坊宗啓、立花実山により伝えられた「南方録」に基づく茶道を実践、家元制度をおかず、師弟相伝により伝えられてきている。

  「速水流」の祖、速見宗達は、「裏千家」又玄斎宗室の門弟で、奥義を極め、一流をなすに至ります。

  時代はもっと下ります。明治期になると、「裏千家」圓能斎宗室の門下で、田中仙樵が「大日本茶道学会」を設立、茶道界に新風を吹き込みます。

  以上が、主な千家の流れです。

  さて、話は利休の時代に戻ります。利休の弟子には7哲をはじめとする多くの大名、武家がおり、利休の亡きあとの茶の湯は武家がリードすることになります。

  利休の茶を武家の茶に改めたのが7哲の一人に数えられる古田織部です。その織部の影響を強く受けている言われるのが「藪内流」の祖、藪内紹智です。紹鴎に茶の湯を学び、その後利休から台子を相伝され、また織部の妹を奥方に迎えるなど、織部とも親しく交わりました。上京に住んでいた3千家を上流というのに対し、下京に住んでいたので下流と呼ばれます。

  織部もまた、謀反の疑いをかけられ、師利休と同様に不遇の死を迎えます。

  織部のあと、茶の湯の名人といわれたのが「遠州流」の祖、小堀遠州です。将軍家光の茶道指南役を勤め、王朝時代の幽玄を融合したその茶風は、利休の「侘び寂び」に対して「綺麗さび」と呼ばれます。遠州は茶道だけでなく、建築?造園にもその才能を発揮しました。

  織部に茶の湯を学び、遠州より台子の相伝を受けた「上田宗箇流」の祖、上田宗箇は、浅野家の重臣でした。浅野家が広島城に移封になったのに従い、現在も尚、広島で普及しています。

  遠州のあと武家の茶道をリードしたのは「石州流」の祖、片桐石州です。石州は千道安の門下、桑山左近に茶の湯を学びます。石州流は、他の流儀と違い世襲的な性格がうすく、多くの門人により諸派にわかれて発展してきました。「宗源派」「怡渓派」「江戸怡渓派」「越後怡渓派」「伊佐派」「鎮信派」「不昧派」「大西派「大口派」「清水派」「野田派」「新石州派」等、多くの派が存在します。

  一方、公家の茶の湯に貢献したのが、「宗和流」の祖、金森宗和です。公武貴紳と親交し、姫宗和といわれ、仁清を指導して茶道具を作らせたと言われます。

  上一篇:  日本事情

  下一篇:  東京タワー

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371