日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日本语能力测试 > 复习指导 > 正文

日本语能力测试1级读解练习 5

2006-07-13 19:11   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  次の文章を読んで後の問いに答えなさい答えは、1,2,3,4から最も適当なものを一つ選びなさい。

  東海道新幹線の「のぞみ」は東京と大阪の間を二時間半で突っ走る。「ひかり」より三十分近く短縮ということになった。午前六時東京発の下り列車は「明のビジネス超特急」と呼ばれているそうだ。

  同乗記を読み①面白いような悲しいような心地になった。乗客の八割は背広姿にかばんを提げた会社員風の男たちだという。五時ごろには起きたはずだ。発車とともに弁当を買い、そそくさと朝食。富士山が大きく見えるころには大半が就寝。「窓の外を見ても速すぎる。食うものを食って寝るだけ」だそうな。

  乗務員も忙しい時間との闘いだ。車内販売の女性は外の風景をみて、それを時間の流れの目安西ながら仕事をした。今度はそれで目算が狂う。そこで景色は見ないことにした。速さの感覚に慣れた「ひかり」に乗務すると、②ほっとするそうだ。そうだろう。

  ③そうではあろうが、人々は、ふしぎなもので「のぞみ」にもまだ、いつのまにかなれるに違いない。どこまで忙しさに慣れてゆけば、人間は気がすむのだろうか。便利なものができ、④それに順応でくるのは結構だが、人間が道具に使われることにはならないか。

  ⑤浅見祐三賛から聞いた話を思い出す。浅見さんは東京の牧師さんだ。長年インドネシアはスマトラ島のランプン州に住んで伝道をしていた。ある時急いで三ヶ所に書類を届けなければならぬ用事ができた。五十がらみのスプリアデさんが仕事を買って出た。

  自転車で三ヶ所、二十キロほどを回る。帰って来た彼が、なぜか静かで、ぼんやりしている。具合でも悪いのかと、わけをきくと、こう言ったそうだ。「速く回りすぎました。身は帰って来たんですが、魂がまだ帰ってきていないんで。」

  私たちの戦後をも見ずに全力疾走、まだ走っている。

  速すぎて、魂を置き忘れたりしなければ良いが。

  問1「面白いような悲しいような心地になった」とあるが、なぜそのような気持ちになったのか。

  1「のぞみ」が二時間半で東京と新大阪の間を走るから。

  2乗客が景色も見ずに、弁当をたべたらすぐ寝てしまうから。

  3乗務員が時間と闘って、車内販売をしているから。

  4「のぞみ」の速度にいつか人が慣れてしまうだろうから。

  問2②「ほっとするそうだ」とあるが、それはなぜか。

  1外の景色で時間の目算立つから。

  2車内販売が暇になるから。

  3ゆっくり外の景色が見られるから。

  4乗客の大半が眠ってしまうから。

  問3③「そう」が指す内容として最も適当なものはどれか。

  1食べるものを食べて寝るだけということ。

  2外の景色が見られないということ。

  3「のぞみ」にはほとんど会社員しか乗らないということ。

  4速さにまだ慣れないということ。

  問4④「それ」が指す内容して最も適当なものはどれか。

  1時間

  2忙しさ

  3人間

  4外の景色

  問5⑤「浅見祐三さんから聞いた話」とあるが、この話に対する筆者の気持ちはどれか。

  1三ヶ所、二十キロを回るだけで、疲れるようではいけない。

  2自動車で回らなければならないのは、不便で仕方がない。

  3日本は交通機関が発達していて便利だ。

  4日本はすべてのものが速すぎる。

  問6筆者はどのような気持ちからこの文章を書いたと思うか。

  1便利さの代償に人間らしさを失わないようにすることが大切だ。

  2忙しさに追われて病気にならないように注意が必要だ。

  3さらに便利な社会をつくるために努力を続けなければならない。

  4道具によって仕事の時間が短縮されても、時間の大切さは変わらない。

  二  次の文の論点および問題となる事実について答えよ。

  日本は1960年代の高度成長を経て、国民総生産はアメリカにつぎ自由世界第二位となり、日本経済の動向が他国の経済に大きな影響を及ぼす「経済大国」となった。1970年以降も、国内的にはさまざまな困難を抱えながらも、世界全体からみれば、インフレも沈静化しつつあるうえに失業率も相対的に低く、非産油国中数少ない大幅な黒字国となっているという点で厳しい国際経済情勢のもとで、日本経済は比較的恵まれた状態にあるといえる。それにもかかわらず国際経済社会の中でその役割を十分に果たしていないというのが、1970年代の先進国による対日批判の背景である。

  経済大国といっても資源の大半を海外に依存している事情を考えると、わが国が発展途上国などへの経済/技術援助を積極的に果たすことは、国際通貨問題の根本的原因となっている国際収支の不均衡の是正に貢献し、同時にエネルギー資源を中心とする資源の安定供給体制を確立することに役立つであろう。このことが達成される時、今日の不安定な国際経済は少なくとも安定化への第一歩を踏み出すことになろう。そのためには、例えば大幅な黒字を減らすために輸入制限を逐次徹廃するなど、対外的な要請を優先してそれによって生じる国内の摩擦を最小限にとどめるための措置を講ずるといったことがもとめられよう。国際経済の現状は不確定であり、好ましい状態にあるとはいえない。現状を改善していくためには、日本を含む先進国間の協力は不可決である。こうした発想の転換こそが、日本経済の国際化ということの真の意味であろう。

  (1)この文が、論じている問題は何か。

  1国際貿易摩擦の解消

  2日本経済の成功の原因

  3先進国間の経済協力の必要性

  4国際経済における日本の役割

  (2)次の中から、現在の状況に当てはまらないものを選べ。

  1日本は輸入に対する制限をもうけてる。

  2世界経済はインフレや高い失業率などの問題を抱えてる。

  3国際経済はまだ不安定ではあるが、安定化へ向かい始めている。

  4国際収支の不均衡の是正が、国際経済における課題の一つとなっている。

  三  次の文の論点および問題となる事実について答えよ。

  このような眼は日本人にはないのである。僕は一度もこのような眼を日本人に見たことはなかった。その後も特に意識して注意したが、一度も出会ったことがない。つまり、このような憎悪が、日本人にはないのである。「三国志」における憎悪「チャタレイ夫人の恋人」における憎悪、血に飢え入ッ裂きにしてもなおあき足りぬという憎しみは日本人にはほとんどない。昨日の敵は今日の友という甘さが、むしろ日本人に共有の感情だ。およそ仇討ちにふさわしくない自分たちであることを、おそらく多くの日本人が痛感しているに相違いない。長年月にわたって徹底的に憎み通すことすら不可能にちかくせいぜい「食いつきそうな」眼つきぐらが限界なのである。

  伝統とか、国民性とよばれるものにも、時として、このような欺瞞が隠されている。およそ自分の性情にうらはらな習慣や伝統を、あたかも生来の希願のように背負わなければならないのである。だから、昔日本に行われていたことが、昔行われていたために、日本本来のものだということは成り立たない。外国において行われ、日本には行われていなかった習慣が実は日本人にふさわしいこともありえるのだ模倣ではなく、発見だ。ゲーテがジェクスピアの作品に暗示を受けて自分の傑作をかきあげたように、個性を尊重する芸術においてすら、模倣から発見への過程は最もしばしば行われる。インスピレーションは、多く模倣の精神から出発して、発見によって結実する。

  キモノとは何ぞや。洋服との交流が千年ばかり遅かっただけだ。そうして、限られた手法以外に、新たな発見を暗示する別の手法が与えられなかっただけである。日本人の貧弱な体躯が特にキモノを生み出したのではない。日本人にはキモノのみが美しいわけでもない。外国の恰幅のよい男たちの和服姿が、我々よりも立派に見えるにきまっている。

  (1)1~4はこの文章の直前にあったと考えられる内容は1~4のうちどれか、最も適切なものを一つ選べ。

  1昔の日本人が長い年月の間憎しみを持ちつづけて仇討ちをした話

  2キモノは日本の伝統であるので、現代の日本人が着物を着ないのは伝統の軽視であるという意見

  3外国人が激しい憎悪を込めた眼月をしたのを見た経験

  4外国人の男たちの立派な姿と個性的な眼つき

  (2)筆者の主張を1~4の中から一つ選べ。

  1昔からその国で行われていたことがその国の人々に最も適している。

  2昔からその国で行われていたことがその国の人々に最も適しているとは限らない。

  3昔から行われていたことや、その国で行われていることは尊重すべきである。

  4昔から行われていたことや、その国で行われていることは模倣ではなく発見である。

  解答

  一  問1-2   問2-1   問3-4    問4-2

  問5-4   問6-1

  二  問1-4   問2-3

  三  問1-3   問2-2

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371