日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 文化娱乐 > 正文

日语报刊选读124

2006-07-13 21:29   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  三洋電機は,発振 波長405nmの青紫色半導体レーザと同660nmの赤色半導体レーザ,同785nmの赤外半導体レーザを1つのパ ッケージに格納した,いわゆる3波長レーザを開発 した。3波長レーザの開発発表はソニーに続き2社目で ある。

  「Blu-ray Disc」や「HD DVD」といった次世代光ディスク装置の大半 は,現行DVDや同CD系の媒 体にも対応すると見られている。それを実現するには,次世代用の青紫,DVD用の赤,CD用の赤 外の3つの光源が必要だ。この3光源をそれぞれ別パッケージの半導体レーザで用 意していては,それぞれに対応する光学部品で光ヘッド内がいっぱいになって しまう。3波長レーザがあれば,かなりの光学部品 を共用でき,部品点数を大幅に削減できる。 ハ イブリッド型の構造を採用

  三洋電機が開発した3波長レーザは,主に3つの点でソニーの開発品と似ている。第1には, いずれのレーザも高出力である点だ。CD,DVD,次世代光ディスクの3世代の媒体を,いずれも記録および再生が可能で ある。三洋電機の開発品におけるパルス発振時の定格光出力は,青紫色レーザ が120mW,赤色レーザが170mW,赤外レーザが220mWと高い。光ヘッドの光利用効率などによって異な るが,三洋電機はそれぞれの光出力をCD,DVD,次世代光ディスク媒体に対する記録速 度に換算して48倍速,12倍速,4倍速相当とする。ソニーの開発品の光出 力は,それぞれ120mW,150mW,200mWだった。

  第2の共通点は,3種類の 半導体レーザ素子の一体化方法にある。三洋電機は今回,青紫色レーザ素子の 上に赤色レーザ素子と赤外レーザ素子をそれぞれ載せる,いわゆるハイブリッ ド型の構造を採用した。ソニーも同様の構造を採る。

  第3の共通点は,青紫色レーザの基板材料に GaNを使うところである。三洋電機はこれま でもGaN基板を使う高出力の青紫色半導体レーザ を開発してきた。このGaN基板は,ハイブリッド型の3波長レーザで優れた特性を発揮する。それは,半 導体レーザで発生した熱をヒートシンクに逃がす役割である。GaNは,ヒートシンク材料並みに高い熱伝導率を持つ ことを利用する。青紫色レーザ素子の上に実装した赤色レーザや赤外レーザで 発生する熱が逃げやすく,熱がこもらない。 青 紫色レーザの発光点を中心に配置

  一方で,相違点は半導体レーザの発光点の配置にある。ソニーが開発した3波長レーザは,青紫色レーザの発光点の直上に赤 色レーザの発光点を配置し,赤外レーザの発光点はズラした形だった。これに 対して三洋電機の配置は,青紫色レーザの発光点を中央にして,その左右にそ れぞれ赤色レーザと赤外レーザの発光点を置く。

  こうすると,青紫色レーザの発光点の直上にp型電極 を設けることができ,電極構造が簡素になる。n型電極 を共通化した,一般的なカソード·コモン結線で使える。青紫色レーザ から赤色レーザ,または赤外レーザまでの発光点の間隔は約110μm.赤色レーザと赤外レーザの発光点の間隔は約220μmとなっ ている。

  译文对照:

  三洋电机开发出了将振荡波长分 别为405nm的蓝紫色半导体激光、660nm的红色半 导体激光、785nm的红外半导体激光集成在同一个封装内的3波长激光器。继索尼之后第2家宣布开发出3波长激光器。

  无论是“蓝光光盘”还是“HD DVD”规格,新一代光驱大都还要支持 现有的DVD和CD光盘。为实现这一功能,就需要有新一代规格使用的蓝紫 色、DVD使用的红色和CD使用的红外这三种光源。如采用三种光源分别封装的半导 体激光器,则还要分别配备相应的光学元件,使得激光头内部非常拥挤。若采用 3波长激光器的话,许多光学元件都可以实现共用,从而大 幅减少元件的数量。 采用混合 型结构

  三洋电机开发的3波长激光 器与索尼产品相似之处主要有3点:第一 是输出功率都很大。对于CD、DVD、新一代光盘,都可以进行刻录 和播放。三洋电机开发的产品其脉冲振荡时的额定输出功率为:蓝紫色激光为120mW、红色激光为170mW、红外激光为220mW.尽管激光头的光利用效率等有所差异,但三洋电机产品 的光输出功率在换算成CD、DVD、新一代光盘的刻录速度后,分 别相当于48倍速、12倍速、4倍速。索 尼产品的光输出功率则分别为120mW、150mW、200mW.

  第二个共同点在于3种半导体激光元件的一体化方法 .三洋电机此次将红色激光元件与红外激光元件分别配置在蓝紫色激光元件的上 面,采用了所谓的混合型结构。而索尼也同样采用了同样的结构。

  第三个共同点是蓝紫色激光器的底板材料均采用了GaN.三洋电机此前就一直在开发使用GaN底板的大功率蓝紫色激光器。这种GaN底板在混合型的3波长激光器上显示出了良好特性。因为它可以起到将半导 体激光器产生的热量传导至散热片的作用。GaN具有与散热材料相媲美的高性能热传导率。蓝紫色激光元 件上面安装的红色激光器与红外激光器产生的热量比较容易散发,不会聚集起来 . 以蓝紫色激光器发光点为中心进 行配置

  但另一方面,在半导体激光 器的发光点配置方面却不一样。索尼开发的3波长激光器是将蓝紫色激光器发光点的正上方作为红色激 光器的发光点,与红外激光器的发光点错开。而三洋电机的配置则是以蓝紫色激 光器发光点为中心,将红色激光器与红外激光器的发光点分别配置在左右。

  这样一来,就可以在蓝紫色 激光器的发光点正上方设置p型电极, 简化电极结构。n型电极采用普通的阴极共用接线 法。蓝紫色激光器发光点到红色激光器以及红外激光器发光点的间隔约< SPAN lang=EN-US style="FONT-SIZE: 13.5pt">110μm.红色激光器与红外激光器的发 光点间隔约220μm.

  上一篇:  日语报刊选读122

  下一篇:  日语报刊选读123

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371