日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

日语阅读:ユーモア

2006-07-10 01:18   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  現在、三十一歳.そして独身。周囲の友達は順序よく結婚していきます。

  そんな状況故にか、母は私が独りであることを心配します。そんな時、私は男なのだから気にしなくても良いではないかと返しますが、母は過剰な心配をします。

  子供の都合など考えず勝手に心配するのが親の勤めと諦めた私は、そんな母を放っておきました。しかし母は、私を放ってはおきませんでした。

  「それじゃ、ここにサインをお願いします」

  伝票にサインして荷物を受け取ると、配送業者さんはそそくさと帰りました。

  私は玄関で小包を見ながら、どうしたものかと考えます。送り主は母でした。

  母からの郵送物で蜜柑以外が届くのはかなり珍しいことです。だからこそ、この箱を開けたくて仕方ないのですが開けられません。それは何故か、説明しましょう。

  この小包、大きさにしてビデオテープを十本程束ねた大きさなのですが、妙に軽いのです。中身を入れるのを忘れたのではないだろうかと思わずにはいられない程に軽いのです。左右に振ってみるとカサカサと紙切れか緩衝材が動くような音がします。

  私の知的探求心がくすぐられ、箱を開けたい衝動に駆られます。しかし開けてはならないのです。母直筆、封印の呪文が施されているからです。箱に直接、開けないようにと記されたその筆跡は、紛れもなく母のものでした。数年振りとはいえ忘れはしません。私に送りつけながら開けてはならないという何とも理不尽な策に、当たり前の疑問を抱きます。

  目の前に置かれた謎の箱は、神様の手によって封印され、中身をさらす事なく時を彷徨うのです。誰も見ることのない幻の世界へ誘う箱。そう、まさにパンドラの箱です。もう一度、予知不可能な困難が収められたパンドラの箱を見ます。私に向かって開けないようにと封印されています。そこで私は考えます。

  私が駄目というのならば、他の人だったら良いのでしょうか。いや、それでは一休さんのとんち問答でしょう。諦めて神様の封印に従います。しかし目の前にあるパンドラの箱を開けたくて仕方なく、それはまるでギリシャ神話に登場するティタン神族エピメテウスの気分です。

  ギリシャ神話に登場するパンドラの箱は、結局のところ開けられます。確かに神様が用意した罠かも知れません。開けた事により、まがまがしいもの、人に災いをなすもの、苦しみや悲しみ、それらが一気に溢れ出すかも知れません。

  しかし開けずにはいられないのです。それが人間というものです。さあ、箱を開けようではありませんか。そして新しい世界へ――.プルルルルー.気分良くギリシャ神話のエピメテウスに成りきっているところへ電話がかかってきました。まったく失礼な電話です。私を誰だと思っているのでしょう。

  「もしもし、私よ。荷物届いた?」

  電話の向こうから聞こえる声は、私にパンドラの箱を送りつけた母、ゼウスでした。

  「か、神様ではありませぬか」

  「何言ってるの」

  「あ、いや、こっちの話。この箱をどうしろと?」

  「神戸に住んでいる友達のところに持って行って欲しいのよ」

  「だったら直接送ればいいじゃない」

  「会いたいんだってさ。その箱はただの理由付け」

  「?」

  「じゃぁね」

  話の主導権を握る前に電話を切られました。

  パンドラの箱の中身、神様の行動、神戸の友達、全てのキーワードは謎に包まれています。しかしまだ迷宮入りしている訳ではありません。全ての答えは神戸にあるのです。私は神様からお聞きした住所に向かって車を走らせたのです。

  カーナビに導かれながら辿り着いたとある住宅街。その一角に建つ洋風の建物の前に車を停めました。表札には佐伯と記されています。この名字に覚えがあるのですが、それが何処の誰かは思い出せませんでした。

  パンドラの箱を抱えながら佐伯家のベルを鳴らすと、若い女性に名前を聞かれます。私は自分の名前と訪れた理由を伝えました。すると気のせいか彼女の声が明るくなりました。

  自宅に向かい入れられ、応接室のような部屋に招かれます。私はソファーに腰掛け、神様のご友人である主を待ちました。すると主らしき方と先程の女性が目の前に現れます。私は立ち上がり社交的な挨拶を交わします。そして神様からの重要であるかどうかは分からないパンドラの箱をお渡しします。すると主の佐伯様は一笑します。

  「本当に持ってきたんだ」

  「はい?」

  佐伯様は事情を事細かく説明をして下さいました。そして佐伯様との関わりを知りました。

  「さ、佐伯さんって、あの佐伯さんですか」

  「思い出してくれた?」

  「はい、思い出しました。正直忘れてました。すみません」

  「仕方ないよ、もう二十年位経ってるからね」

  我が神様は人間界で音楽教師なる仕事をしているのですが、この佐伯様というのも同職で、一時期クラシック界の道を極めたお方なのです。私が幼い頃、神様と佐伯様が一緒にピアノを弾いていた記憶が蘇ります。そしてその時、傍らに佇む私ともう一人女の子がいました。その子の名前は確か――.「私、桜です。覚えてます?」

  そう、桜です。

  「うわっ、大人びちゃって。分からなかったよ」

  そして懐かしい話で盛り上がり、夕食までごちそうになります。懐かしい方々との再会で私の閉ざされた記憶が徐々に蘇ります。それはまるで氷がゆっくりと溶けていくような感覚でした。

  佐伯様の奥さんの手料理を食べながら私は疑問を解決すべく質問します。

  「ひとつだけ聞かせて下さい。あの箱には何が入ってるんですか?」

  すると桜も問いかけます。

  「そうよ、あの箱を見ながら笑ってたじゃない。何が入っているの?」

  食後のコーヒーが出されて、皆でそれを頂きます。そして、テーブルの上に置かれたパンドラの箱は、佐伯様の手によって開けられます。佐伯様は笑みを浮かべながら、パンドラの箱に手を入れます。一体何があるのか、神話のように不幸な事が起こるのか、私は身構えました。すると二枚の写真が出てきました。

  「写真、ですか?」

  「そうだよ。ほら、二人とも見てごらん」

  私と桜は一緒に眺めます。その写真はとあるピアノコンクールの時のスナップでした。私と桜が舞台の上で一緒にピアノを弾いている写真です。

  「懐かしいねー」

  桜は目を細めながら写真を眺めます。確かに懐かしくてたまらない写真ですが、何故にこのような箱で送られてきたのか疑問でなりませんでした。

  「うちのオフクロは何故こんな箱で送ってきたんでしょうね。私はまるでパンドラの箱かと」

  私の台詞を遮るように佐伯様は笑い出しました。私と桜はきょとんとします。

  「ごめん。パンドラの箱に仕立てようって言ったのは君のお母さんだよ。でも気付いていたんだね」

  「いや、気付いてた訳じゃなくて、まるでパンドラの箱だなぁと思っただけですよ」

  結局、神様の悪戯と判明して全ての謎は解けました。神様の考える事を見事に見抜いた私もなかなかの存在、いえ、神かも知れません。しかし神様の悪戯はこれで終わってはいませんでした。

  窓に目を向けると、暗幕を降ろした風景に変わっていました。もうそろそろ帰らないと失礼だと思い、その旨を伝えると、桜が先程の二枚の写真の一方を私に手渡します。その写真を見てみると、幼い頃の私と桜が、ブランコの前で指切りをしている姿が写っていました。

  「この約束、覚えてる?」

  「約束?」

  私は過去の記憶を引っかき回しながら、それらしい事を思い出そうと努力するのですが、どうしても思い出せません。いえ、忘れてます。政治家が良く使う、記憶にございませんという状況です。すると佐伯様は言います。

  「桜は忘れずにずっと覚えてるんだよ」

  私の記憶から消え去った約束とはいったい何なのか、さっぱり分かりません。

  そこで私なりに考えてみます。子供の他愛もない約束と言えば。ま、まさか、結婚? しかしその可能性大です。このシチュエーションがそう言っています。

  そうと分かれば茶化さなければなりません。真面目な受け答えを待っているとも思えませんし、そんな事を言うと取り返しの付かない状況に陥ります。

  私は桜の肩に手をかけて、おもいきり真面目な顔をして言います。

  「あの約束、忘れてないよ。すぐにでも結婚しよう」

  私と桜が必死に笑いを堪えていると佐伯様は高らかに笑い出しました。それにつられて私達も笑います。

  自宅にたどり着いて今日の出来事を神様に報告すべく電話しました。

  「佐伯さんに会って来たよ」

  「懐かしかったでしょ。桜ちゃん、食べ頃だった?」

  「年頃って言えよ。よくよく考えてみると二十年位経ってるもん、考えてみれば当たり前か」

  「今日の再会はお見合いを兼ねてたんだけど、ちゃんとした格好で行った?」

  「うそ、ただの懐かしい再会じゃないの?」

  「約束はちゃんと守らなきゃ」

  「でもプロポーズしちゃったよ」

  「そこまで話が進んだの?」

  「冗談だよ。それはさておき全てオフクロの策略だと聞いたよ。殺すっ!」

  「怖いわぁ、この子」

  「全然怖がってないじゃん」

  神様に確かめたところ、結婚の約束を言い出したのは桜で、私はそれに答えたという事だそうです。

  「ねぇねぇ、おおきくなったら、わたしとけっこんしてくれる?」

  「うん、するよ」

  「じゃ、やくそくね」

  このようなところではないでしょうか。その約束を神々に利用され、私と桜は玩具にされたのです。いえ、桜も私を陥れたのです。もしかすると、そのため幼い頃に約束を交わしていたのかも知れません。尤も、後に謝りの電話をかけてきたことは評価に値しますけれども。

  軽はずみな約束はしないこと、そして、誰かが仕組んだ罠は身近に存在すること。そんなことを思わせる、少し甘酸っぱい出来事でした。

  問題1.作者の言った神様は誰でしょうか。

  お母さんです。

  問題2.箱のなかには何がありますか。

  私と桜の写真です。

  問題3.結果はお母さんの予想通りですか。

  いいえ、そうではありません。

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371