日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

日语阅读:日语唐诗三则, 登岳陽楼(岳陽楼に登る)

2006-07-01 11:34   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  昔聞洞庭水 昔聞く洞庭の水

  今上岳陽楼 今上る 岳陽楼

  呉楚東南圻 呉楚 東南に圻け

  乾坤日夜浮 乾坤 日夜に浮ぶ

  親朋無一字 親朋 一字無く

  老病有孤舟 老病 孤舟有り

  戎馬閑山北 戎馬 閑山の北

  憑軒涕泗流 軒に憑れば泗流る

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●読み方

  (がくようろうにのぼる)

  むかしきくどうていのみず

  いまのぼる がくようろう

  ごそ とうなんにさけ

  けんこん にちやにうかぶ

  しんぽう いちじなく

  ろうびょう こしゅうあり

  じゅうば かんざんのきた

  のきによればしりゅうながる

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ○「主題」岳陽楼にのぼり雄大な景観を眺望し詠じた詩。

  ○「詩形」五言律詩。

  ○「年月」七六八(大暦三)年。岳州の作。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ●解説

  雲安を出発キ州に到達した杜甫は、ここに三年滞在した後、舟でこの地を去

  り、三峡を下り湖北省の江陵に至る。さらに公安に移って、その年の暮には、

  湖南省洞庭湖東北岸の町、岳州にたどり着いた。一首は、そのおり、県城の西

  門にそびえる楼で、洞庭湖を一望にしうる岳陽楼に登り、雄大な景観を眺望し

  ながら詠じた詩である。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ●通訳

  昔から洞庭湖の壮観は噂に聞いていたが、思いがけなくも今、岳陽楼にのぼっ

  て、それを眺めわたすことになった。見渡せば、呉楚の地は、ここ国土の東南部

  で、二つにひき裂けて洞庭の湖水となり、はてもなくひろがるその水上に天地が、

  日に夜に浮動している。

  さて、今の私には、親戚朋友から、一字の便りだになく、老病の身には、ただ

  一そうの小舟があるだけだ。便りのないのも道理、今もなお戦争が、関所の置か

  れた山々の北、故郷の地方にうち続いているのだ。それを思いつつ、てすりによ

  りかかっていると、涙が流れ落ちてくる。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ●語釈

  〇呉楚 古くは呉と呼ばれた今の江蘇省のうち揚子江以南の地と、楚と呼ばれた

  今の湖南、湖北の地をさすが、ここでは洞庭湖一帯の地をさしていったものであ

  ろう。〇東南 国土の東南にあたる地方という意味。東と南ではない。〇圻 二

  つにひき裂けること。〇親朋 親戚や友人。〇一字 わずか一字の消息。〇孤舟

  一そうの小舟。〇戎馬 兵馬、戦争のこと。〇閑山 関所をなしている山。

  〇軒 てすり。〇涕泗 めめしい涙ではなく国家の不幸を悲しんで流す、悲愴の

  涙である。

  ●楼?浮?舟?流。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ●杜甫伝記14「天地の一沙鴎」

  成都を去った杜甫は、舟を浮かべて妻子と共に揚子江を下った。杜甫は五十四

  歳、永泰元年(七六五)夏五月のことである。舟はまず嘉州、すなわち今の四川

  省楽山県に寄泊した。そこで杜甫は、自分を慕って訪れた従兄と家族に会い、酒

  食の接待をうけ、長歌、短歌のやりとりをして旅のつれづれを慰めた。ついで立

  ちよった戎州では、長官揚某の酒宴に招かれた。さらに重慶に舟を泊めた後、忠

  州に向けて出発した。忠州には、甥の一人が長官していたが、世話になるのを避

  けて揚子江の辺にある竜興寺に身を寄せていた。

  その頃、さきに成都で急死した厳武の柩が、郷里に帰葬のため舟でこの町を下ってゆくのを涙ながらに見送りつつ、かっての礼遇に感謝した。また江の南岸の

  屏風山には、古代の聖天子の一人、夏の禹王を祭った廟があったので、ここを訪

  ねて詩を賦したり、時には甥の長官の家に招かれて、他郷ながらの楽しみを尽く

  すこともあった。しかし、それもしばらくの間のことであった。

  中秋を過ぎた頃。再び揚子江に舟を放ち一路東向かって揚子江を下った。途中

  経過する揚子江沿いの町々には、晩煙がさかんにおこり、山から湧きおこる雲の

  たたずまいは、去来定まらず、寒そうであった。船旅のなかで、杜甫は幾度か岸

  辺に舟を泊めて「旅夜懐を書す」題した詩を歌った。詩文でしか世にその名を知

  られることない不満を抱きながらも、詩人以外の路を選ぶことの出来ない運命が、

  身の上にも及びつつあったことを、すでに杜甫は自覚し、悟りはじめていたよう

  である。

  ともあれ、杜甫と家族をのせた舟は、秋も深い重陽の節句に近いころ、雲安に

  到達した。ここは現在の雲陽県である。四川省の東部にある揚子江沿いの町であ

  る。ここまで来る途中、揚子江の水の湿気で杜甫は、持病の肺疾に加えて、足の

  痺れがひどくなった。これ以上船旅を続けるのが困難となったので、ひとまずこ

  の町に上陸することにした。

  さいわい県令の厳某が揚子江に臨んだ小閣を提供してくれので、杜甫はこれから

  約半年の間、ここで療養することになった。寓居にあてられた小閣は、後ろは岩

  山であった。前方は万尋の高岸が突っ立つところ、その下を揚子江の碧流が渦ま

  いて流れていた。朝夕そうした景色を眺め病をいやす杜甫は、時に召使いの女を

  呼んで酒壷を運ばせたり、子供達には「文選」を読ませるなどして、旅愁を慰め

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371