日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

日语阅读:渡辺淳一「美しい別れ」

2006-07-01 11:32   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  美しい別れ

  別れに、美しい別れというものがあるものだろうか。

  かつて僕自身別れを経験し、また人々の別れを見たり聞いたりするうちに、美しい別れというものが分からなくなった。

  はたして美しい別れというのは、本当に別れであろうか。

  別れというのは、そんなに美しく、きれいごとなのだろうか。

  自分自身に問いかけたとき、かつて一人の女性との別れが頭に甦ってくる。

  その女性のなを、k子とする。

  まだ、医者になりたてのころだったが、私はk子を好きだった。

  職場も近かったし、付き合って一年後から体の関係もあった。彼女のアパートに泊ったこともある。

  このころになると、好きというより、愛しているという言葉が当たっている。

  いや、愛している、という言葉でも足りないかもしれない。

  男と女の行き着く、一つの業のようなところまで逹していた、とでもいうべきかもしれない。

  このk子と、僕は別れた。

  別れるに至った理由は、ここでは触れない。それは互いの事情とわがままも重なっている。彼女は僕に未練が会ったが、それ以上に、私は彼女に未練があった。別れの瞬間の事情から言えば、彼女のほうがむしろさばさばしていた。

  だが、それは別れが一つの既定事実になってからのことで、それまでは互いに恨み、苦しんだ。

  青春のもつ突拍子もない大胆さと、アンニュイが別れを一層複雑にした。

  とにかく、ここで別れるに至った事情を説明しても仕方がない。

  それは当事者にとっては深刻でも、第三者には他愛無いことであったり、過去として見ると、つまらないことであったりする。

  愛のもつれは、当事者だけのものであり、それ以外の人に説明すべきことでもない。

  それに、別れの理由を述べるのが、本稿の目的でもない。

  問題は「別れ」そのものである。

  とにかく、そんなわけで、僕達は別れることになった。それが互いのために最良で、好ましい形だと考えたからである。

  だが、心では決めたが、実際はそうきっぱりはいかなかった。

  「別れよう」というのは一つの決意で、私のすべてが納得したことではなかった。

  少し大袈裟に言えば、頭では納得していたが、体まで納得したわけではない。

  いっとき、私は自分のなかに、二人の自分がいるような気がした。

  K子と別れようとしている自分と、別れたくないという自分、二人がせめぎあい葛藤していた。相対するものが、自分のなかを駆け巡っていた。

  互いに別れると決めてからも、僕達は何度か会った。

  初めは十月の末で、北国の秋はすでに終わりかけていた。

  僕は紺のコートを着て、彼女は白いフードつきのレインコートを着ていた。

  その夜、僕達は行きつけの喫茶店で会い、それから街のレストランへ行った。

  「スコット」といって、札幌では比較的高級なレストランだった。

  そこで食事をしながら、僕達はこれっきりで別れるつもりだった。

  事実、その前に、別れることに話がついて、最後の食事をしようと約束していた。

  当時、僕は無給で、二人で飲んだり食べたりするお金は割り勘だった。

  だが、その夜だけは僕がおごることにした。

  二人の最後の夜くらい、自分でおごりたかったし、三年余りにおよぶ彼女の好意への、お礼の気持ちもあった。

  当時の僕としては、身分不相応な洋食のAコースというのを頼み、よくわからぬままワインも注文した。

  ワイングラスにボーイが注いで去ったあと、僕達はグラスを持って乾杯した。

  「さよなら」というのは照れくさく、「じゃあ」とだけ、いったような気がする。

  そのまま食事をして、仕事のことや、寒くなってきたことを話した。

  その数日前に、西の手稲山には、すでに初雪が振っていた。

  そうした話をしている分には、二人は普段と変わらず落ち着いていた。はたから見ると、仲睦まじい恋人同士が食事をしているように見えたかもしれない。

  僕はふと、このまま二人は淡々と別れるかもしれないと思った。

  この二人の状態が少しずつおかしくなってきたのは、食事が終わりかけ、ワインのボトルを一本飲み干したころからだった。

  お酒に弱い彼女は目のあたりを軽く染め、僕も少し気が大きくなっていた。

  洋食のコッスが終わったところで、私たちは立ち上がった。

  初めの予定では、レストランを出て、そのまま別れるつもりだった。そうすることは、彼女も納得していた。

[1][2][3][4][5]
相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371