日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

日语阅读:渡辺淳一「美しい別れ」

2006-07-01 11:32   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  暮の二十八日には、K子は故郷へ帰り、そのまま札幌へは戻ってこない予定になっていた。

  そのぎりぎりの前日、僕達はまた会ってしまった。

  そしてそこで、僕達はついに激しい喧嘩をした。

  ついに、というのは、前からその兆しがあったからである。

  会いながら、ふとした沈黙の瞬間、僕達は互いに憎んでいるのがわかった。

  言葉にははっきり表さないが、心の中に言葉を押し込んでいた。

  それは、なお愛し合いながら別れざるを得ない、そのことへの怒りと苛立ちが原因であることもわかっていた。

  だが、そのことは、いまさらぶり返したところで仕方がなかった。二人が十分考えたあとで出した結論であった。

  一見、それで納得していた。

  しかし、心のそこではなお納得しきれない、もやもやが押し隠されていた。

  考えてみると、二人は実際以上に、きれいに振舞おうとしていたのかもしれない。

  愛し合っているのに、一緒にいられない。その不満をもっているのに、表面は美しく別れることばかり考えていた。

  「どうせ別れるなら、きれいに分かれましょう」そうな言葉に酔っていた。

  そこに無理があった。

  暮も迫ってぎりぎりになって、その無理が一気にあふれ出た。

  そのときの言い争いは、いまここでは思い出せない。情景はあざやかに思い出せるが、今それを書きたくない。

  多分、僕は彼女の我慢の足りなさをなじり、彼女は僕の身勝手さを責めたはずである。

  言い合っているうち、僕は、「そんなに結婚したいなら、誰とでもしろ」と叫び、彼女は「あなたは卑怯よ」と言い返した。

  今考えると、互いに一理あり、互いに我がままでもあった。

  だが、そのときは二人とも冷静さを失っていた。

  とことん相手を責め、非難した。

  最後に、僕は、「もう、これで君と別れてせいせいする」と叫び、彼女の「私もよ」という声をきいて、外へ飛び出した。

  すでに十二月の末で、街は深い雪に覆われていた。

  その雪道を、僕は酔いと淋しさでふらつきながら、「馬鹿野郎、馬鹿野郎」と叫んだ。

  「あんな奴、苦労して、不幸になればいい」ともつぶやいた。

  だが、それは、まさしく僕が彼女を愛している証拠でもあった。

  罵り、叫び、けなしながら、僕はぽろぽろ涙を流していた。

  何の涙なのか。

  彼女に言い争いで負けた口惜しさか、きれいに別れようとして、できなかった無念さか、最後まで彼女をとらえきれなかった、自分の不甲斐なさへか。

  そのすべてのようであり、そのどれでもないようでもある。

  とにかく僕はその夜、街へ出て、酔いつぶれるまで飲んだ。

  目を開けていられぬほど泥酔し、吐き、床に入り、やがて目が覚めると、窓際に昼近い陽が射していた。

  僕は慌てて、彼女のアパートに電話をしてみたが、彼女は朝早く故郷へ向けて発ったあとだった。

  すでに十二月の三十日で、目にしみる銀世界の中で、僕は彼女の名前を呼んだ。

  僕は美しい別れがないとは思わない。別れは美しく、甘美なものである。

  だが、それはある年月を経て、思い出したときの感傷で、別れそのものの実態とは少し違うような気がする。

  年月というものは、すべてのものを美しくする。それは魔術師のように巧妙で、鮮やかである。

  年老いた人はみな、自分の青春時代を、古きよき時代という。

  八十年代の人は大正を、六十代の人は昭和初期を、そして四十台の人は、あの大戦と、それに続く暗い年代をさえ、よき時代という。

  それはみな過去というベールを透かしてみたときの感傷で、その時点からの見方ではない。

  それは過ぎた青春へのノスタルジイで、その意味で、一方的でナルシスティックなものである。

  だからこそ、ある人が、自分たちの青春が素晴らしかったことをいかに熱心に説明したところで、ほかの世代の人には、何の共感もよばない。

  冷ややかないい方をすれば、自己陶酔としかうつらない。

  恋の別れも、それに近い。

[1][2][3][4][5]
相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371