日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语文法 > 正文

国际商务日语讲座(1上)

2006-07-29 14:46   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  テキスト

  マーケティングと市場調査マーケティングは、市場を発見し、創造し、開発し、発展させ、維持することに大きな意義がある。この点については、マーケティングの場が国内市場であろうと、海外市場であろうと、根本的には変りがない。市場は人間がいないところには成り立たないが、人間が集団として存在するところには必ずできる。しかし、マーケティング活動を実施するには、まず、市場をその対象としてとりあげるかどうかについて価値判断をしなければならない。

  価値判断という観点から市場をみれば、ある商品に対する購買意欲が強いか、代金支払能力が優れているか劣っているかによって分類することができる。

  1.市場A――ある商品に対して購買意欲が強く、代金支払能力にも優れている。このような市場は、有効需要がある顕在市場である。

  2.市場B――ある商品に対して購買意欲が強いが、代金支払能力は劣っている。このような市場は、このままでは潜在市場であるが、支払条件の緩和、信用の供与等に上って市場を顕在化することができる。

  3.市場C――ある商品に対して購買意欲が弱いが、代金支払能力は優れている。このような市場は、このままでは潜在市場であるが、当該市場に適合する商品の開発、広告?宣伝等の販促によって市場を顕在化することができる。

  4.市場D――ある商品に対して購買意欲が弱く、代金支払能力にも劣っている。このような市場は、市場としての魅力の乏しい潜在市場で、少なくとも当分の間は顕在化する可能性がない。

  以上4つの市場のうち、当面、効率のよいマーケティング活動の実施のみを意図するならば、市場は市場Aのみ限定されるが、工夫?努力によって市場の拡大をねらうならば、市場Bまたは市場Cもマーケティング活動の対象となしうる。このような考え方は、海外市場のみならず国内市場の場合にも適用できるだろう。

  どの市場をマーケティング活動の対象としてとりあげるかという価値判断を行うには、その前提として、市場自体についての調査を必要とする。海外市場の場合には、単に距離や時間に隔たりがあるだけではなく、その市場の種々の条件、たとえば政治、経済、文化、民族、言語、価値観等がわが国と異なるため、これによって生ずる情報理解の隔たりが大きいことを認識すべきである。

  市場調査の内容は、多くの商品に共通している一般的調査項目と、個々の商品について特に調査を必要とする個別的調査項目に分けられる。

  1. 一般的調査項目(1) 地理――①市場の気候および面積(経済的面積)②商工業地域の分布(2) 社会――①人口および人口増加率②宗教?人種構成?言語?教育水準(3) 政治――①歴史的な政治動向②現政府の構成と安定性③諸外国との関係(通商ブロック?共同体メンバー、競争国との間の通商航海条約、対外援助等)④わが国との関係(通商航海条約?貿易協定、対外援助等)

  (4) 経済――①経済規模?経済成長②経済政策(経済開発計画、産業助成政策等)③産業構造(農林および水産業、鉱工業等)④雇用?賃金?物価⑤財政?金融(財政構造?財政規模、金融機関?金利等)⑥為替?貿易?国際収支、貿易構造、わが国との貿易等)

  2.個別的調査項目これは商品によって異なり、一概に論ずるわけにはゆかないが、工業製品を輸出する場合を例にとれば、市場の流通制度、商品の需要見通し、商品の競合状況などが、一般的に最も重要な個別的調査項目となるだろう。

  文書

  新製品の商況についての照会状

  1. 新製品「△△」についての件拝啓新緑の候、貴店ますますご盛業のこととお喜び申し上げます。

  さて、今春売り出しました新製品「△△」につきましては、貴店にも多大の販売協力をいただいて感謝しております。

  つきましては、新製品の販売状況、お客様や貴店のご意見など、総合的な結果を製品の改良などに役立ててまいりたく存じますので、なにとぞご協力くださいますようお願い申し上げます。同封の調査票に必要事項をご記入のうえ、ご返送いただければ幸甚に存じます。

  まずは、取り急ぎご照会まで。

  上一篇:  日语一二级惯用句型8

  下一篇:  国际商务日语讲座(1下)

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371