日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日本留学 > 正文

お正月の由来

2006-08-11 17:52   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  お正月とは日本古来のご先祖様を敬う祖霊信仰と結びついています。

  年の初めに天からそれぞれの家に降りてくる「歳神様(としがみさま)」をお迎えし、五穀豊饒を願う行事で、飾り付けや習慣にもそれぞれそのことに関係したいろいろな意味があります。歳神様は若年さんや年徳様とも呼ばれ昔の日本に関係の深い穀物霊、つまり農耕の神様です。  「2pA)|++ 和风日语 www.jpwind.com 更多资源 更好服务 ++a$Io8C'」

  「日本人は12月25日からたった5日間でキリスト教→仏教(年末の除夜の鐘)→神道を通過する」なんてちょっとイジワルなことを言われたりもしますが、もともと万物に神が存在する八百万(やおよろず)の神を信仰する日本人なら当然のこと。そのベースにはご先祖様を敬う気持ち、これは意識的か無意識にかかわらずほとんどの日本人は持っている感覚といえるようです。

  また、日本人と農耕は切っても切れない関係、お正月はその点からいうと最も日本人らしい行事といえるかもしれません。初詣ももともとは氏神様の祀られた神社にお詣りしてご先祖様のご加護を願うものだったそうです。

  2  正月の行事?風物

  門松と注連飾り(しめかざり)

  門松は歳神(様々な福をもたらす神)を迎えるための憑代(よりしろ)である。常緑の松は強い生命力の象徴であり、不老長寿の象徴である。地方によっては松に代わって榊、竹、椿などを用いることもあるが、いずれも常緑という点で「長寿の象徴」ということに代わりはないようである。

  門松は年末に飾り、歳神を迎え正月六日(あるいは七日)にこれを外すことから、この日までを松の内という。この間、家に飾った門松に歳神が宿っているのであるから、神の宿る聖なる場所として俗界との境界に注連縄を張る訳であるが、それが正月の注連飾りの原型である。

  みんなきちんと意味のあるものなのである(書いていて自分で感心してしまった)。

  お年玉と鏡餅

  大晦日に訪れた歳神は、人々に新たな生命力?福をもたらす。この生命力?福を「魂」といい、歳神によって与えられる魂なので「歳魂(としだま)」と言う。さて、この歳魂を具現化したものが餅(それも丸い餅)。

  丸餅を神棚に祭り、歳神の霊力(歳魂)をその丸餅に得、これを家人一人一人に分け与えて食し、霊力を体に取り込むという考えがあり、これが「お年玉」の元ではないかと言われる。鏡餅に関しては、「神棚に祭った丸餅」が始まり。そのうち、いろんな縁起物を添えて今の形に。

  お節料理

  「お節(おせち)」といえば、今では正月の料理という意味で使われることが多いこの言葉、元々は「御節供(おせっく)」の略。季節の節目に神に供えるものということで「節供」である(今は節句と書くことが多いが、本来は節供)。

  お節料理は三が日あるいは松の内までに大切な人を招いてもてなす料理でもあり、この饗応自体を「お節」あるいは、「お節振舞」と言ったそうだ。

  お節料理は、目出度い材料を用いた「晴れの料理」。また、火を使わないで食べることの出来る料理でもあり、年中忙しい竈の神様と女性を休めるための料理とも言われるが、その辺の感覚は薄らいできたようにおもう(どうかな?)。

  七草

  「せり?なずな?ごぎょう?はこべら?ほとけのざ?すずな?すずしろ」と並ぶ春の七草。正月七日には、この七草を炊き込んだ七草粥食べると無病息災で一年を過ごせるとか。

  ここから先は「人日の節供」で書くことにしよう(まだ書いてない???)。

  注:その後、無事に書きました。こちらから読めます。

  小正月(公の正月と民間の正月)     元日から十四日までを「大正月」、十五日からを「小正月」と呼ぶことがある。

  都市部では大分廃れてきているが、地方では小正月の行事がかなり残っているようである。この小正月、どうやら古代の正月の名残らしい。

  小正月は別名女正月とも言われ、年末年始忙しくたち働いた女性たちのための行事とも言われる。

  小正月については、いろいろとおもしろい話しもあるので、また別の機会に一話書いてみようと思う。詳しくはそのときに。

  盆と正月

  「盆と正月が一緒に来たよう」という言葉があるが、まさに盆と正月は日本の年中行事の双璧をなす重要行事。そして、実は双子の様な行事なのです。

  小正月の項で書いたように、古い正月は1月15日。そしてお盆は7月15日(旧暦)。

  ちょうど半年を隔てた日付で、行事の内容も大変類似したものが多い。現在では盆は仏教色が強く、正月は神道色の強い行事となっているが、これは仏教が広がって以後のことで、昔はどちらも先祖の霊を祭る大切な行事。今でも正月に墓参りをする地方は多い。

  上一篇:  弁当

  下一篇:  食道

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371