日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

《十二国记》月之影·影之海(上)第一章(1)

2007-03-20 18:24   来源:沪江论坛       我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  故事介绍:中屿阳子是一名普通的高中少女,除了学习成绩优秀,似乎没有什么太多的特点。虽然在学校里谈笑风声过着似乎一成不变的生活,但阳子的心中却始终存在着一个一直挥之不去的阴影:她每天晚上都会做一个令人十分不安的梦,在那里有一个她所不知道的世界,以及各种令她惊恐万分的景象。而她只有拼命惊醒才能逃离这个可怕的梦境。

  这样的恐惧每天都在发生,让阳子陷入了巨大的痛苦中,然而某天,在阳子的面前忽然出现了一名高大的金发青年凯奇,不由分说地将阳子强行带往了异世界。在凯奇的挟制下,惊诧不已的阳子根本无法作出任何反应或挣扎。她隐约觉得凯奇的出现和自己经常做的梦有着莫大的关系,这种异样的好奇心甚至超过了她的恐惧。

  很快阳子被无尽的黑暗所包围,这黑色的天幕似乎连光线都无法射入,充满了异样的透明及稠密感,她也渐渐失去了知觉。当阳子醒来时,出现在眼前的是从未见过的浩瀚大海,广阔而神秘。阳子忽然明白,自己已经已经来到了另外一个时空的世界,而此时独自一人的自己,则不得不在这陌生的世界中生存下去。把自己带来此处的凯奇不知在何时已经离开,她在这个世界中唯一的线索,就只有他的名字。

  无家可归的阳子漫无目的地在异世界里游荡,然而这个世界实在是太陌生,完全是一个和她以往的世界观和人生观完全不同的空间,迷茫的阳子几乎失去了回家的信心和勇气。就在她万念俱灰时,在她面前忽然出现了一个百姓穿着和建筑风格极其类似古代日本的小村庄,一下子令她慌乱的心平静下来。

  似乎事情并不像她所想象的那么简单,在询问村民有关这个世界的事情时,阳子心中浮现出一丝不安和恐惧。在陌生的异世界里,一切都充满着谜和未知的事物,阳子不得不独自面对残酷的命运……

  月の影 影の海(上) 十二国記

  月之影·影之海第一章

  一章

  1

  |漆黒《しっこく》の|闇《やみ》だった。

  一片漆黑。

  彼女はその中に立ちすくんでいる。

  她惊恐地伫立其中。

  どこからか高く澄んだ音色で、|滴《しずく》が水面をたたく音がしていた。ほそい音は闇にこだまして、まるでまっくらな|洞窟《どうくつ》の中にでもいるようだが、そうでないことを彼女は知っていた。闇は深く、広い。その天もなく地もない闇の中に、薄く|紅蓮《ぐれん》のあかりがともった。闇のかなたに炎でも燃えさかっているように、紅蓮の光は形を変え、踊る。

  某处传来高昂而清脆的音色,那是水滴敲打在水面的声音。黑暗里有着微弱的回声,让人以为似乎是身处在完全黑暗的洞窟里,但她知道并非如此。

  黑暗好深邃、好……巨大。在这天与地都不存在的黑暗中,出现一抹淡淡的鲜红色光晕,鲜红的光在变形、舞动,仿佛黑暗的彼方有火焰在燃烧。

  赤い光を背にして無数の影が見えた。|異形《いぎょう》の獣の群れだった。

  逆着红光,可以看见数不清的影子,是一群异形怪兽。

  こちらはほんとうに|踊《おど》りながら、あかりのほうから駆けてくる。|猿《さる》がいて|鼠《ねずみ》がいて鳥がいる。さまざまな種類の獣の姿をしていたが、どの獣もどこかがすこしずつ図鑑で見る姿とはちがっていた。しかもそのどれもが、実際の何倍も大きい。赤い獣と黒い獣と青い獣と。

  它们从亮光之处边跳边朝这边跑来。虽然看起来是各式各样的动物,有猴子有老鼠有鸟,但每一种都和她在图鉴上看过的模样有些差异,而且这些赤兽、黑兽与青兽,每一只都比实际上的动物大了好几倍。

  |前肢《まえあし》をふりあげ、小走りに駆ける。あるいは跳躍し、宙を旋回し、まるで陽気な祭の行列でも近づいてくるようだった。陽気といえば陽気には違いなく、祭といえば祭にはちがいない。

  它们高高挥舞着前脚,小跑步过来,一边还跳起来在半空中转圈圈,仿佛是热热闹闹的迎神庙会队伍正在接近。不过说它是热闹却又和热闹不太一样,说它是迎神队伍却又和迎神队伍大不相同。

  異形の者たちは犠牲者をめがけて走っているのだ。|生《い》け|贄《にえ》を血祭りにあげる歓喜に、小躍りしながら駆けてくる。

  这些异形是朝着牺牲者的方向往前冲,它们是为了即将在血祭中献上贡品而欢喜,所以才蹦蹦跳跳地跑过来。

  その証拠に殺意が風のように吹き付けてきていた。異形の群の先頭まで、もう四百メートルもない。どの獣も大きく口を開けて、声はいっさい聞こえなかったが、歓声を上げているのだと表情でわかる。声もなく足音もなく、ただ洞窟で水がしたたるような音だけがつづく。

  证据,就是杀意正随风吹袭而来。这群异形中跑在最前头的已经离她不到四百公尺了,每只野兽都咧开大嘴,虽然听不到任何声音,但可以看出它们欢呼的表情。没有叫喊声也没有脚步声,只有类似水滴滴落在洞窟里的声音持续回荡。

  彼女は駆けてくる影をただ目を見開いて見つめていた。

  她所能做的只是睁大眼睛,注视着逼近的影子。

  ──あれが、来たら殺される。

  ──等它们来了,我就会被杀。

  そう理解できても、身動きできない。おそらくは|八《や》つ|裂《ざき》にされ、|喰《く》われるのだろうと思ったが、まったく体が動かなかった。たとえ体が動いたにしても、逃げる場所もなく戦う方法もない。

  心里虽然明白,却动弹不得。明明知道自己可能会被四分五裂、会被吃掉,身体仍然动也不能动。然而就算身体可以动,也无处可逃、无法对抗。

  体の中で血液が逆流する気がする。その音が耳に聞こえるような気がする。それはひどく|潮騒《しおさい》に似ていた。

  她觉得体内的血液在逆流,甚至觉得可以听到逆流的声音,那就像是汹涌的波涛声。

  見つめるあいだに、距離は三百メートルに縮まった。

  眼看着距离已经缩小到三百公尺了……

  |陽子《ようこ》は飛び起きた。

  阳子惊醒了过来。

  こめかみを汗がつたう感触がして、目に強い酸味を感じる。あわてて何度もまばたきをして、そうしてやっと深い息をついた。

  她感觉到汗水沿着太阳穴流下,眼睛酸得要命,于是赶忙拼命地眨眼,接着才终于深深地喘了口气。

  「夢……」

  “是梦……”

  声に出したのは確認しておきたかったからだった。ちゃんと確認をして、自分に言い聞かせていないと不安になる。

  她发出声音想要确认一下。她一定要好好的确认一下,要是听不见自己的声音,她会觉得很不安。

  「あれは、夢なんだ」

  “只是个梦。”

  夢に過ぎない。たとえそれが、このところひと月にわたって続いている夢だろうと。

  不过是个梦,不过是个最近连续作了一个月的梦罢了。

  陽子はゆっくりと首をふる。部屋のなかは厚いカーテンのせいで暗い。枕元の時計を引き寄せてみると、起きる時間にはすこし早かった。体が重い。手を動かすのにも足を動かすのにも|粘《ねば》りついたような抵抗を感じた。

  阳子缓缓地甩甩头。房间里因为厚窗帘的缘故而暗暗的,拿起枕头旁的时钟一看,离该起床的时间还很久。身体很沉重,连想要动一动手脚都觉得有困难,好像被黏住了一样。

  あの夢をはじめてみたのはひと月ほど前だった。

  第一次作那个梦大约是一个月之前的事。

  最初はたんなる闇でしかなかった。高くうつろに水滴の音がして、まっくらな闇のなかに自分がただ一人でたたずんでいる。不安で不安で動きたくても身動きができない。

  起初只有一片黑暗。耳边传来水滴进空洞中的尖锐声音,她则孤伶伶地伫立在伸手不见五指的漆黑中,心中充满不安,身体想动却动弹不得。

  闇の中に|紅蓮《ぐれん》のあかりが見えたのは、同じ夢が三日続いた後だった。夢のなかの陽子は、あかりのほうから|怖《こわ》いものが来ることを知っていた。ただ闇のなかに光がある、それだけの夢に悲鳴をあげて飛び起きて、それを五日も続けたころに影が見えた。

  同样的梦连续作了三天之后,黑暗中开始出现鲜红的光晕。梦中的阳子知道,有很可怕的东西将从光的那一边过来。她连续五天因为这个黑暗中出现光的梦而尖叫着从床上跳起来,然后她看到了影子。

  最初は赤い光のなかに浮かんだシミのように見えた。何日か同じ夢を見るうちに、それが近づいてくるのだとわかった。それがなにかの群れだとわかるまでに数日がかかり、異形の獣だとわかるまでにさらに数日を要した。

  一开始看起来像是漂浮在红光中的脏东西,等到好几天都梦到同样的梦之后,她才发现那东西正在靠近;等她明白那是某种成群的东西时,又花了几天;然后再经过数日,她才知道那是异形怪兽。

  そうして、と陽子はベッドの上のぬいぐるみを引きよせた。

  阳子将床上的绒毛娃娃拉到身边。

  ──もうあんなに近い。

  ──已经离我很近了。

  ひと月をかけて地平線からの距離を連中は駆けぬける。おそらく明日か、明後日には陽子のそばにたどりつく。

  那群东西花了一个月从地平线那端跑过来,恐怕明、后天就会抵达阳子身边了。

  ──そうしたら、自分はどうなるのだろう。

  ──那样的话,我该怎么办?

  そう考えて陽子は頭をふった。

  想到这里,阳子甩甩头。

  ──あれは夢だ。

  ──那是梦。

  たとえひと月続いていても、ましてや日ごとにすすむ夢でも、夢は夢でしかないはずだ。

  就算连续作了一个月,而且内容每天都有一点进展,梦仍然只是梦。

  言い聞かせても不安は胸を去らない。鼓動は速くて、耳の奥で血液が駆け巡る潮騒のような音がしている。荒い呼吸がのどを|灼《や》いた。しばらくのあいだ陽子は、すがるようにしてぬいぐるみを抱きしめていた。

  即使试着这样说服自己,还是无法拂去胸中的不安。心脏快速鼓动,耳朵深处仿佛能听见血液如潮浪奔腾的声响,沉重的呼吸灼烧着喉咙。阳子抱着填充娃娃好一阵子,像是在寻求依靠。

  寝不足と疲労で重い体をむりに起こして、制服に着がえて下に下りた。なにをするのもひどくおっくうで、おざなりに顔を洗ってダイニング?キッチンに行く。

  她撑着睡眠不足又疲倦的身躯勉强起床,换上制服下楼去,做什么都觉得提不起劲的,随随便便地洗个脸就走进了餐厅。

  「……おはよ」

  “……早安。”

  流しにむかって朝食の用意をしている母親に声をかけた。

  她向面对着流理台正在准备早餐的母亲打声招呼。

  「もう起きたの? 最近早いのね」

  “起来啦?最近都很早嘛!”

  母親は言って陽子をふりかえる。チラリと投げられた視線が陽子に止まって、すぐに|険《けわ》しい色になった。

  她的母亲边说边回头看阳子,随意的一瞥停留在阳子身上,立刻变成了很严厉的表情。

  「陽子、また赤くなったんじゃない?」

  “阳子,是不是又变红了?”

  一瞬、なんのことを言われたのかわからずに陽子はきょとんとし、それからあわてて髪を手で|束《たば》ねた。いつもならきっちり編んでからダイニングに顔を出すのだが、|今朝《けさ》は眠る前に編んだ髪をほどいて|櫛《くし》を入れただけだった。

  阳子原本没听懂这句话是什么意思,呆了一下子,接着才赶忙用手将头发束起来。以往她都会先把头发绑好才到餐厅来,今天早上却将睡前绑好的头发解开,只插了一个发梳。

  「ちょっとだけ染めてみたら?」

  “是不是染一下比较好?”

  陽子はただ頭をふった。ほどけた髪がふわふわと|頬《ほお》をくすぐった。

  阳子只是摇摇头,披散下来的蓬松发丝轻轻擦过脸颊。

  陽子の髪は赤い。もともと色が薄いうえに、日に焼けてもプールに入ってもすぐに色が抜けてしまう。背中まで髪を伸ばしているが、伸ばすと毛先の色がぬける。おかげでほんとうに脱色したような色になってしまっていた。

  阳子的头发是红色的,原本颜色就很浅了,只要一被太阳晒或泡在游泳池里还会退色。她的头发现在留到背上,发梢的颜色变得很淡,因此看起来就像真的去染过一样。

  「でなきゃ、もっと短く切る、とか」

  “不然的话,要不要再剪短一些?”

  陽子は無言でうつむく。うつむいたまま大急ぎで髪を編んだ。きっちり三つ編にすると、すこしだけ色が濃く見える。

  阳子不发一语地低着头,默默地迅速将头发编起来。编成整齐的麻花辫之后,颜色看起来就比较浅了。

  「誰に似たのかしら……」

  “你这到底是像谁啊?”

  母親は険しい顔でためいきをついた。

  母亲表情冷冷地叹了口气。

  「このあいだ、先生にも聞かれたわよ。ほんとうに生まれつきなんですか、って。だから染めてしまいなさい、って言ってるのに」

  “上次你们老师也问过我,你这到底是不是天生的?所以我才觉得你干脆把头发染一下好了。”

  「染めるのは禁止されてるから」

  “可是我们不准染发。”

  「だったらうんと短く切れば? そうしたら、すこしはめだたなくなるわよ」

  “那剪短一点好了?这样起码不会那么明显。”

  陽子はうつむく。母親はコーヒーを入れながら、冷たい口調でつづけた。

  阳子不说话,母亲则一边倒着咖啡,一边用冷淡的口气继续讲。

  「女の子は|清楚《せいそ》なのがいぢはんいいのよ。目立たず、おとなしくしてるのがいいの。わざわざ目立つよう、はでな格好をしているんじゃないか、なんて疑われるのは恥ずかしいことよ。あなたの人間性まで疑われてる、ってことなんだから」

  “女孩子家最重要的还是整洁朴素,不要太显眼,要老实一点。我知道你不是故意要引人注目,不是要打扮得很招摇,但被人家怀疑总是很丢脸的,因为人家甚至会因此而怀疑你的人格。”

  陽子は黙ってテーブルクロスを見つめる。

  阳子沉默地盯着桌布。

  「その髪を見て不良だと思うひともいると思うの。遊んでる、っておもわれるのもいやでしょ。お金をあげるから、帰りに切ってらっしゃい」

  “我猜一定有人看到你的头发,就以为你是不良少女。你也不希望自己被人家当成太妹吧?我给你钱,放学后就去剪一剪。”

  陽子はひそかにためいきをつく。

  阳子偷偷地叹气。

  「陽子、聞いてるの?」

  “阳子,听到没有?”

  「……うん」

  “……嗯。”

  答えながら窓のそとに目をやった。ゆううつな色の冬空が広がっていた。二月なかば、まだまだ寒さは厳しい。

  她一面回答一面将目光投向窗外。颜色忧郁的冬季天空非常辽阔,二月过了一半,天气依旧严寒。

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371