日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

『祖先崇拝』

2008-08-26 11:42   来源:云南外语网       我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  祖先崇拝とは、祖先を崇拝すること、または祖先に対する崇拝の情である。その感情を多くの日本人は懐いている。少なくとも、この事実、ないし感情に反逆するのは通常でないとされる。しかし、その崇拝の心意はいかなる内容か、また自分の祖先は誰であるかを確定できるものは、きわめて少ない。この奇妙な現象は、どこから生じたものだろうか?

  日本の祖先崇拝は、「家」という社会的契機と、祖霊という宗教的との複合によって成立する。家は、いわゆる家族とは異なり、その中に夫婦の関係を二つ以上含み得るし、また一つも含まなくても成立し、しかも家は世代を超えて存続して行く。家の概念はその内部に、1、直系の血縁親子とその家族(祖父母、父母、子夫婦、孫夫婦など)、2、傍系血縁の親子とその家族(兄弟の夫婦、甥姪の夫婦など)、3、直系で血縁のない者とその家族(夫婦養子、奉公人家族など)、4、傍系の非血縁者とその家族(先代からの譜代奉公人家族など)の全部または一部を、同時に、または異時に含み得る。

  血縁の断絶は、そのまま家の断絶を意味しない。断絶が予想される場合には、非血縁の養子によって家が継がれ、また、いちど家が断絶しても、縁者を立ててその再興が企てられることがある。このように、「家派永続させられなければならない」という要請は、日本人の強力な当為である。

  祖先崇拝は、通俗的には、血統相続を地盤として成立するかのように考えられやすい。しかし、それでは、「祖先」が母系をさしおいて父系的にのみ辿られる理由、また或る「祖先」にもさらに親があったはずだが、それは「祖先」として認識されていない――という事実を解釈できない。家は、或る時点における創設によってはじまり、これを統率する家長としての権利?義務を相続することが、家の相続の基本である。それに副次的に血縁尊重の観念が寄り添っているために、外見的に血統相続と見えるのである。

  「家は永続させられなければならない」という当為の根拠は、家の始原という事実ないし観念にかかわり、それが子孫の重大な関心と尊重の対象であることに基いている。家の創始者は絶対的な価値を持った者でなければならない。それ故その存続は絶対的なもの戸して主張される。祖先崇拝の成立する根拠は、じつにここにある。およそ家の成員のすべては、祖先を崇拝せねばならず、これを否定するものは所属の家に対する反逆?背徳となる。それが日本の倫理であり、信従するか否かが個人の自由意志に委ねられる特定の宗教などとは根本的にちがうところである。

  皇室や藤原氏などを除けば、数十世代を超えて、家を創立した人物を明確にたどれるばあいはすくない。しかし、現在の家をになう家族にとって、いつの時代にか、その家を創立した祖先のあったことは疑いのないことで、それゆえ常民の祖先は、霊魂としてのそれである。家の創始者の明らかな場合でも、後に述べる日本人固有の霊魂観念と複合して、祖先崇拝は実生活のうえでは宗教的な祖霊信仰?祖先信仰という形をとる。

  つぎに、家が拡大してできた共同体である、いわゆる同族団の性格を見よう。地縁による家連合には、組結合と同族結合があるが、前者では家々は平等の資格で横に結合されるのに対し、後者では本家を中心として、それと分家とが縦の統属関係に結ばれるのが著しい特徴である。そして後者は、多くのばあい、まず姓と家紋とを共通し、農業の経営。労働組織における共通、財産の一部の共有をはじめとして、その結合は生活の全面を覆う。

  同族団は家同士の関係として、世代を超えて存続する。分家は、二?三男以下による、いわゆる血縁分家の場合がふつうであるが、その外に非血縁者(忠実な奉公人など)の分家も珍しくない。また、始めは血縁分家として成立したものでも、世代を重ねるにしたがい血縁はしだいに薄くなるが、同族団構成の原理には変化がない。同族団は、拡大されたひとつの家と看做すことができる。

  さて、家と祖先崇拝との不可分な関係は、ひとまわり規模を大きくして、そのまま同族団にもあてはまる。同族祭祀におけるいちじるしい特徴は、つぎのふたつである。第一に、祭られる霊格(神または仏)は多種多様であり、祭の方式は同族団の数だけあるほどそれぞれにちがっている。にもかかわらず、第二に、つぎの点でまったく共通している。この祭の参加は、同族以外の者には厳しく遮断される一方、同族にとってはそれが権利であるとともに、また義務でもある。

  同族神は、稲荷とか八幡とか、さまざまの神や仏の名で呼ばれる。そして、たとえば稲荷が同族神のばあい、たとえ同族の中に稲荷信仰を持たない者があっても、それを理由に祭に不参することは許されない。同様に、いかに稲荷信仰のあついものでも、同族でないものは、その祭に参加することは許されない。こうした現象が起きるのは、同族神の本体は、同族の祖先と考えられるからである。つまり、「祖先」は「尊敬さるべきもの」であれば足りるのであって、その性能は問われない。したがって、それは容易に他の神格、仏格、その他の霊格と習合して、同様祭祀に宗教的外装を与えるのである。

  このように、「祖先」が家(ないし同族団)を創始した具体的な始祖や列祖の人格とかかわりなく崇敬の対象になるのは、日本常民の霊魂観――死者の霊魂は時と共に清くなり、個別性を脱却して、やがて神聖な「祖霊」としての全一性に昇化していく――と深いかかわりがある。

  そのことを強く暗示するものとして、両墓制がある。一般の幕制は、埋葬した上に石碑幕を立てる(単幕制)のであるが、古制とされる両幕制では、埋葬地とは別の場所に石碑を立て、これをもっぱら弔祭の場とする。遺族の「埋め幕」詣(けい)りは、一定の時期で打ち切られるのが普通である。つまり、埋め幕で、なお若干の忌穢(いみけがれ)と個性をもちながら祭られているうちに、死霊はそこから次第に昇化して祖霊と融合し、その結果、やがて詣(けい)り幕で祭られるようになる。

  両幕制とともに、死霊から祖霊への転位をさらによく示すのは、死後の年忌法事が三十三回忌(五十回忌のところもある)に至ると、トムライアゲと称してその後の法事を打ち切る制度である。この時、死霊は清まってカミになるのである。

  このように「祖霊」は、実体性のない、非個別性的な存在であるから、それが「祖先」として祭られる時、特定の神や仏によって容易に替される。

  死霊から清まった祖霊の鎮まる他界は、何よりも穢れた俗生活界から隔離された聖浄境でなければならない。日本の常民は古来、山をその場所と考えてきた。諸国の霊場と呼ばれる名刹の多くが、ことさら山地に建てられているのは、きわめて注目すべき事実である。また、葬送と関係の深い地名が、全国的に多く山地に存し、詣(けい)り幕や同族神の祭場が、一般に多くは山にちかい高みに設けられているのも、山に祖霊がこもるという観念を示唆している。

  いつもは山にあって子孫の生活を見守っている祖霊は、盆と正月に子孫のもとを訪ねて、よろこび語らうものとせられた。今では、盆は濃厚な仏教的着色を蒙り、かつ後々の暦の変化によって、七月十五日を中心とした本来の姿とはいちじるしく違ったものになっている。正月も、普及した文字暦の力によって、一月十五日を中心した本来の姿から、元旦中心の姿に変移した。それに応じて、今では年始め行事の性格をつよめている。しかし、それらの後次的要素に混って、盆と正月も、ともに外から家を訪ねて来る者を迎え祭る行事であるという、対応の一致を見出すことができる。正月には松、盆には花が祖霊の依代(よりしろ)となるが、祖霊はともに山から迎えなくてはならぬものとされている。迎えた祖霊は一定の祭場でもてなされ、火によって送られる。両行事は、また稲作の開始される春と、収穫の終わる秋の満月の日に、互いに対応して存在している。

  上一篇:  照葉樹林帯の固有信仰

  下一篇:  『民間信仰』

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时
学员 ajgoq12:
我参加了外语教育网日本语能力测试N1考试辅导课程,很喜欢李菲菲老师的讲课风格。老师授课重点突出,注重日语学习能力的培养,让我受益良多。即将参加考试了,我一定会考出好的成绩。再一次感谢老师,感谢网校!
学员 iehkfn584:
外语教育网日语能力测试网上辅导的李菲菲老师讲得真好,真得很感谢老师。还有网站的高清课件和移动课堂真棒,课程播放流畅,画面清晰,能够随时学习,功能太强大了!
学员 kaku1:
刚上课时觉得课程很多,不知不觉间3个月课就上完了,果然时光易逝啊。这一段时间向李菲菲老师学习了不少东西,从而让我对日语有了更深的了解和体会。虽然课程结束了,但是学习是一辈子的事情。我会继续努力的~~大家也一起加油吧!
学员 yaba1:
一直想找一个学习日语的网校,可以反复听课,因为我不想学哑巴日语。外语网的老师讲得非常好,我很喜欢,打算一直学下去!
学员 liff1:
超喜欢李菲菲老师的日语课!语言简洁流畅不赘述,而且能把枯燥的课程讲得很生动。
学员 lsakld:
日语零起点是我在网校学习的第一个辅导班,以前就知道外语教育网,但当自己真的成为网校学员时,感觉非常好。通过学习类延云老师的课程,为自己打牢了日语基础。以后我会继续在网校学习,为出国做准备。
学员 984jkfjdslhk:
从学习日语零起点,到实用日语,再到新标准日本语,感谢外语教育网一路的陪伴,现在的我已经可以流利地用日语交流了。对于上班族和妈妈级的人来说,网校无疑是最好的学习场所,向各位学友推荐。我要大声说:网校太棒了!
学员 xwpae:
外语教育网课程真得很棒,老师讲得也很好。新标日是很经典的教材,是考试必学的内容,大家都来网校学习一下吧!
学员 xiepam:
眼看着能力考报名就要结束了,一直犹豫要不要报名,今天早上终于下定决心,准备参加今年的考试。N3虽然级别不高,但是,对于我来说已经很有难度了。听了外语教育网的课程,感觉自己能够跟上老师的讲课节奏,日语水平也得到了很大提高。希望今年夏天可以通过考试!
学员 hhaiwp:
是不是因为春天来了,所以漫画家都开始活跃起来,最近的新番真的很多,很喜欢看啊!距离7月份的能力考还有3个月,给自己加油!最亲爱的外语教育网老师,这段时间就要お愿いします!ガンバれ!
版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371