日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

『民間信仰』

2008-08-26 11:40   来源:云南外语网       我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  中国のある画家は、その作画の秘訣をつぎのように語った(そしてその秘訣は同様にしばしば日本の画家の手法であった)。「竹を描こうとするとき、十年間、竹を描け、そして自身が一本の竹となって竹を描け、このようにして描くとき、竹に関連する一切を忘却せよ。間違いない技術はすでに手にはいっているのでいまはただ天来の興に身を任せるのだ。」自身が竹となること、竹を描くとき竹と同一化したことさえ忘れること、これは竹の禅ではなかろうか。これは画家自身のなかにもあれば竹のなかにもあるところの、「精神の律動(りつみつく)的な動き」とともに動くことである。彼に必要とするところは、この精神をしっかり把握して、しかもこの事実を意識しないことである。これこそ長い精神鍛練をへて始めてえられるはなはだ困難な仕事である。

  東洋人は、その文明の初期から、芸術と宗教の世界でなにか成しとげようと欲するばあいいには、まずこの種の修業に専心するように教えられてきた。それを禅の言葉にあらわせば、すなわち「一即多、多即一」である。

  「一即多、多即一」は、禅における、世界を直観して把握した表現であって、認識論ではない。その句は、まず「一」と「多」という二概念に分析して、両者の中に「即」をおくのではない。ここで分別を働かしてはならない。「一即多、多即一」というのは、それだけで絶対の事実を完全に叙述したものと理解すべきである。

  禅の最もふつうの言葉に「柳は緑、花は紅」というのがある。ここではひとつの特殊の世界を、そのまま説いている。この世界を、また、「竹は直く、松は曲がっている」と表現しても、同じである。体験の諸事実がそのままに受け取られる。その体験は絶対である。これを分析して認識論を打ち樹てようとするひとは、そのとき禅を離れる。

  日本の芸術、のみならず文化の最もいちじるしい特性となる、非均衡性、非対称性、大胆な省略、単純性、わび、さび、その他の観念は、みなすべて「一即多、多即一」という禅の真理ときわめて深いかかわりがある。

  たとえばここに枯枝の上に止った鳥の図がある。そこでは一本の線、一抹の影、一個のます塊も無駄にされず、自然が豪華に繰りひろげたゆたかな夏の繁茂を、ふたたび巻きおさめんとする秋の日の寂しさをわれわれに示してあまりある。それは人の気分を多少物思わしげにさせるが、内的生活に注意をむける機会を与える。もし、内省の眼が十分に聞けるときは、画面はそのなかに蓄えられてある豊富な宝を、惜しみなくわれらの眼前にひろげる。このとき日本人は、わびと呼ばれるものを鑑賞していることになる。はびとは、日常の言葉でいえば、ソローの丸太小屋にも似た小屋に起臥して、裏の畠から摘んだ蔬菜の一皿で満足することであり、静かな春の雨の蕭々(しょくりかえし)たる音に耳を傾けることである。わびは、日本人が、生命を外からではなく内から把握する方法のひとつをあらわしている。

  日本人の心の長所の一つは事物を論理的や哲学的に推理せず、最深の真理を直接的につかみ、これをまざまざと現実的に表現することにある。

  この芸術的感性は、慣例(こんべんしょなる)的な法則から孤絶するという効果を生む。ふつうなら一本の線一つの塊(ます)、平衡(ばらんしんぐ)翼(ウィンク)を予期するところに、それがない。しかもその事実が予期しない快感を心中に喚び起す。それらはあきらかに短所や欠陥であるにかかわらず、そうは感じられない。事実、この不完全そのものが完全の形になる。いうまでもなく、美とはかならずしも形の完全を指していうのではない。この不完全どころか醜というべき形のなかに、美を体現することが日本の美術家が得意の妙技(とりうく)の一つである。そして、この不完全の美に、古色や古拙味(原始的無骨さ)が伴えば、日本の鑑賞家が賞美するところのさびがあらわれる。

  上一篇:  『忘れられた日本』

  下一篇:  照葉樹林帯の固有信仰

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371