日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

『庶民の発見』

2008-08-26 11:31   来源:云南外语网       我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  「金が欲しくてやる仕事だが、いい仕事ではない。冬、川の中でやる仕事は泣くにも泣けないほど辛い。子供は石工にしたくない。しかし、私は一生この仕事でくらす積りだ。知らぬ土地をあるいて、何でもない田の岸などに、見事な石の積み方をしてあるのを見ると、心を打たれることがある。自分もけっしてくずれないいい仕事をしよう、と思う。よい仕事をしておくと、たのしい。親方の請負仕事で、経費の関係で手を抜くこともあるが、そんな仕事をしたあとは、雨が降ったとき崩れはせぬか、と夜も眠れぬことがある。前の者がわるい仕事をしておくと、あとからやるものもついザツな仕事をするものだ。いい仕事をしておけば、雨の降った晩でも、オレのやった仕事は少々の水では崩れぬという自信でやすらかに眠れるし、あとから来て仕事をするものも、きっとその気持ちをうけついでくれるものだ。」

  石工たちの話は平凡だが、この人たちは彼らなりにひとつの人生観を持っていた。こういう気持ちが世の中を押しすすめているのだ、と私は思った。「いい仕事をしてひとに賞められた時ほどうれしいものはない。しかし、賞められなくても、いい仕事はしたいもあのだ」とも彼らは言った。

  誰に命令されたのでもなく、彼らは自分の仕事をつうじて、自ら自分に命令することのできる尊さを学んでいた。権威のまえには素直でも、権力には屈しない。もっともおそろしいのは権威であり真理であることを、彼らは無意識の中に持っている。そして、それらの総合が目の前にある「かたちのある文化」なのだと思う。

  私の故郷の、瀬戸内海の大島の家には、音戸の漁師がよくやってくる。食料の足りなかった戦後、はじめアナゴを持ってきて、イモとかえてくれ、、とやってきた。家にもなかったので、親戚(しんせき)にたのみ安く分けてやった。それから親しくなった。私が、手漕ぎの船では漁も少なかろうから、金をためてモーターにしなさい、とすすめたとき、彼は「稼ぎが少なくて……」と言っていた。海に魚の減ったことが大きな痛手だった。あるとき、また、「久しく米を食べていないので、少しくれないか」と、カゴの中にアナゴとハゼをもって来た。あとで見ると、ハゼは*尾を切ってあった。エサにするためのものなのだ。かえすのも何か心にかかるので、息子にミソ·ショウユなどの食料をさらに持たせ、夜は風呂をわかしておくからはいりに来い、と言わせた。しかし、漁師は来なかった。雨になった夜を船の中で寝たことだろう。

  それから久しく経ち、突然彼がやってきてたくさんアナゴをおいていった。お礼に来たのだ、と食料を取ろうとしなかったが、米やイモをあげた。「じつはモーターにしまして……」と、彼は言った。私がいっしょに浜に出ると、新しい船がそこに着いていて、船には漁師の妻がにこやかに乗っていた。彼はその船を私に見せたかったのだろう。船はエンジンをかけて沖に出ていった。私はこんな漁師の働いてくれている海を心からなつかしく思っている。

  「解説」

  本書は、一九五○年代の後半から一九六○年にかけて発表された論稿を中心に収録したもので、八章からなる前半の四章は著者が見聞きし接してきた庶民たちの生き方について書いたものが集められている。ここでの論点は、「日本の農山漁村は昔から貧しく、人々はその貧しさの中で精いっぱい生きて来たし、と同時に貧(ひん)をそれほど苦にしなかった。それは彼らなりに困難を克服して生きて来、またそれをわかりあう仲間が周囲にいたからだ」ということである。これに対して第五章以下では、そのような生活をうちたてるために、人々はどのような考え方を持ち、次の世代をどのように教育したか、また次の世代がどのようにうちつぎ発展させて来たかということについて述べられている。

  さきの農民、石工たち、そして漁師の話には、長いあいだくりかえされてきた貧しさとのたたかいにやぶれることなく強く生きてきた民衆の姿が浮彫りにされている。人が人を信じあえる平和を前提として、貧しい村に生まれた人々は自分の生活を、また自分の村を少しでもよくしようとする。そういった民衆の中にある生きるためのエネルギーとその生き方を著者は発見した。

  著者は、日本の民俗学の先駆者である柳田国男、渋沢敬三に触発され、一九四○年から三十年以上、日本中の農山漁村をくまなくあるき、その見聞きと調査を記録しつづけるとともに、とくに貧しい山村や離島の開発の相談役として力を尽くした。

  そのように民衆を愛し民衆をよく知っている著者が、今日の日本人に忘れ去られている、あるいは気づかれていない日本の民衆の姿について、本書で教示している点は多い。

  第二次大戦後、日本人が精神的にも物質的にも荒廃した状態から立ち直り高度成長を遂げて来た原動力は、貧しい中で生活を少しでもよくしようとするこのような村人たち、そして踏まれても踏まれてもそれにたえて成長しようとする雑草のような根づよさを持つ村人たちのエネルギーそのものであったことを、本書は語っている。

  上一篇:  俳句における不同調の美学

  下一篇:  『日本語の論理』

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371