日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

はじめの一冊

2008-09-09 09:30   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  ある晩、酔った父が「フランダースの犬」の絵本を土産に帰ってきた。

  「開けてみなさい。」と言ったくせに、開けて喜ぶ私の顔を見るや、「もう寝なさい。読むのはあした。」と二階に追い払われた。私と妹はたいてい八時になると自分で着替えて、「おやすみなさい。」を言って寝ることになっていた。大人には大人の時間があるらしかった。もっとも父が寿司折りなどを土産に遅く帰るとき、「起きといで。」と母に体を揺すられ、深夜の饗宴となることもあった。それは夢のような時間だった。きっとこの日も、喜ぶ顔だけが見たくて無理やり揺り起こされたに違いない。

  翌朝、私はうんと早く目が覚めた。それでも明るかったから、きっと夏であったのだ。東側の窓からは朝の光がさしのぞいていた。枕元には「フランダースの犬」。本をそうっと布団に引っ張り込み、寝ている家族を起こさないように静かに絵本を眺めた。

  ネロとパトラッシの物語.大きな銀色のミルクの缶を載せた荷車、フランダースの村はずれから、壊れかけた風車の見える小麦畑の牧場を越えて、木靴を履いた少年と犬は力を合わせて牛乳を運ぶ。目指すはアントワープ。(注:Antwerp ベルギー北西部の港湾都市)

  そこにはフランダース出身の偉大な画家ルーベンスの聖画が教会堂に飾られている。ネロはその絵が見たい。だけれど絵には覆いがかけられ、観覧料を払わないと見られないのだ。「ああ、ぼく、あれがみられさえしたら、死んでもいいんだがなあ。」

  ネロの切望、これは子供だけに許された生きることへの熱望である。がむしゃらに、一つことに向かって子供は突っ走る。これがしたい、あれが見たい、読みたい、食べたい、と。

  その願いがかなえられない。私はネロと一緒になってルーベンスの絵が見たいと焦がれた。なろうことなら私はアンドワープに行って、ネロのために白い布を引きはぐって見せてあげたい。

  入ったばかりの幼稚園で、先生が、「フランダースの犬」の紙芝居を読んでくださっていた。話は大体分かっていたのだけれど、父の買ってきた絵本は、それよりずっと絵も細かく、筋も詳しかった。裕福な粉屋の娘アロアにはちょっと嫉妬した。アロアに自分を感情移入するよりは、ネロをめぐる恋敵のように感じたのだ。"

  幼児がそんなことを考えるのか、と思うかもしれない。でも私はページュ色のスモックを着て刺繍つきのハンカチを胸にぶら下げた幼稚園のH君に恋情を抱いたのもはっきりと覚えている。遠足で手をつないだり、長い滑り台をつながってすべり、小さいな運動靴のカカトが触れてドキドキしたことも。図書室の、裏が緑のラシャで表が黒いサテンのカーテンに隠れた私を、いつ彼が見つけてくれるかと待ち受けていたことも。

  つぶらな黒い瞳の、首筋の細そうなネロは、彼に似ていたのかもしれない。あんなに絵が上手なのに、絵の具が買えないなんて。黒と白でしか絵が描けないなんて……。こういうとき女の子の読み方はすぐ母性的、無限包容的な読み方になってしまうのか、と今思うとうんざりするくらい、私はネロに同情した。前後九年目に生まれた私には少なくとも、ネロのような物質の不足やつらい労働は縁のないものだったが、本で出会って想像することはできた。

  胸が痛む、とよく形容するけれども、こんなときは本当に胸のあたりが痛くなるものだ。アロアの父コゼツ氏に放火犯人と間違われたネロ、それなのに彼の財布を拾って届けたネロ。そして、絵のコンクールにはねられたネロは、ついにパソラッシとルーペンスの絵を見るのだ。そして幼稚園の紙芝居によると、絵を見た喜びに満足したネロとパトラッシは疲れてすやすやと眠り、翌朝、目覚めてまた元気に木の車を引っ張って、ぬらに帰るはずであった。たしかそうなっていた。

  な、なんということだろう。

  「とうとう見たんだ!おお、神さま、十分でございます。」

  月の光のもとキリストを描いた憧れの名画が一瞬浮かんだとき、ネロは叫ぶ。そして犬の体をかたく抱く。

  「ぼくたちはエスさまのお顔を拝めるだろうよ――あの世で。そしてエスさまも、ぼくたちも離ればなれにはなさるまい。」

  あくる日、アントワープの人々は、教会堂の中で凍え死んだふたりを見つけた。ネロは青ざめた顔をし、口もとにはほほえみさえたたえていた。死んでも二人は離れず、村の人々は一つの墓に葬った。

  ワッと私は泣いた。

  嘘じゃないか。死なないことにした紙芝居の作者もめでたしめでたしの結末を口をぬぐって読んでくれた幼稚園の先生も嘘つきだ。私はわんわん泣いた。家の人がびっくりして起き出し、そして夏の一日が始まった。

  上一篇:  推薦状の依頼

  下一篇:  推薦状の依頼(中)

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371