日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日语学习 > 日语读写译 > 正文

日系企業必要な人材

2008-09-25 10:28   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  一、コミュニケーションの重要性

  日本企業で働いてある人々にとって、専門的な知識が擁すると無論非常に重要であるが、組織の中の一員として、若しこの組織の特徴や上司の仕事のやり方、コミュニケーションの方法と思惟慣例など上手く理解できなければ、上司との軋轢が生じることとて、愉快に仕事することができそうもない。

  若し、相手が欧米人の場合、全く違う顔つきですから、思惟方式が違っても認められる。しかし、中国人と日本人が類似な顔つき持ってあるから、沢山の人が双方共通な思惟方式と価値観を擁してあるだと思う。実は、日本人と中国人の間に沢山違い処がある。これも沢山日本上司悩みの源である。それ以外に、中方の社員が不満な情報も常々耳に挟むことがある。それ故、一緒に仕事をする時お互いに理解し合うのは非常に重要なことである。日本人が中国で仕事するうえ、中国の文化と価値観について自らマスターすべきである。一方では、皆さんが日系企業で勤める以上、当企業の特徴と価値観も理解する必要がある。皆さんは日系企業に勤めの時、多数の場合上司は日本人である。私は聞いた中国社員の悩みについて、最も多いのは日本上司との疎通問題である。よく言われるように仕事の 80%は疎通である。いかなる企業にもせよ、疎通が得意であるほうが昇進し早い。日本語ができるかできないによって決まるじゃない。

  疎通の本質は相手に対して、理解と尊重である。沢山の中国ワーカーたち例え仕事ができるとしても、日本人と疎通が堪能ではありません、毎日愚痴溢しの雰囲気に生活している始末だ。これはどれ程遺憾なこと言うまでも無いだろう。逆に、日本上司信用されてるワーカたちが日本人の意図とやり方について上手く理解できてある。日本上司との疎通が上手くできてない源はお互いに相手の価値観と仕事展開の手法があまり理解してない、

  自分の思惟ままに事をやるから。

  欧米企業であろう日系企業であろう、ある一つ組織の中に仕事をする以上、この組織のやり方と価値観を理解すべきである。自分がこの作業環境に当てはまれるよう、これも組織の中で成功を取得の条件である。

  今日、主に日本上司とのコミュニケーションのやり方について、三つの見解に巡って話題を展開する。皆に日系企業の特徴及び企業文化が理解して欲しいです。

  二、報告、連絡、相談

  日系企業独特なコミュニケーションのやりかた内容は「報告、相談、連絡」である。日本語文章中いつも、この言葉の第一番目の字を取って、よく「HOURENSOU」と言われる。この発音はほうれん草の発音と同じ、それが故に覚えやすいし、しゃべり安い。日本では、報告、連絡、相談普通「報連商」と略称してある。将来皆さんが日系企業で勤めると、日本上司もきっと「報連商」をマスターさせるでしょう。申し「報連商」の意味とやり方さえ知らなければ、上司に認められない。沢山の日本人が「中国人が報告、連絡、相談について全然しらない」との文句が耳によく挟んである。一方では、「報告、連絡、相談」がちゃんと上手くやってあれば、上司からの褒めるもっと高めるでしょう。「報告、連絡、相談」は日本人一番重要視なビジネスコミュニケーションのフォーマットである。日系企業で勤めこそ、必ず理解すべきである。日本にでも、「報連商」も基本的な常識である。新人が企業に入って、先ずの勉強もこれですよ。引き続いて「報告、連絡、相談」の内容を簡単に話しましょう。「報告」は仕事の結果とプロセスなどが関係者に告げ知らせる。「連絡」は事実と情報などが関係者に告知する。「相談」はトラブルあった或はトラブル遭う可能性がある時、上司及び仲間たちの意見とアドバイスを聞き取ること。ここに至っては、皆さんはきっとこの点は非常に簡単だと思う、やり難くない。でもルーチンワークの中では、内容と方法把握はちょうど頃合いであることは一定程度の訓練しなければならない。尚且つ日本上司何故このように要求するか理解しなくてはならない。

  例えば、沢山の中国社員が「仕事が上手くやってある、特別に上司に報告しなくてもよいだろう」という考え方が持ってある。或は問題が起こったとき、先ず自分解決し、直ちに上司に言い出すと、如何にも自分が無能に見える」。ですからちょうどよい時に「報告、連絡、相談」しなかった。上司から「仕事はどうだったか?」と尋問してから、やっと「あることはもう遣り遂げました」と報告すると、上司はきっと「終わった、もっと早く報告すべきだ」と怒って文句を言う始末だ。或は問題を発生時、先ず自分試して解決する、どうしても解決できない時、上司に相談し始め、ですから、沢山日本上司「小さいトラブルが発生した時私に相談すれば、私の力量によるとまだ解決できるけど、大きい問題に引き起こしたら、上司の力量じゃ解決し難い」だと感慨してある。

  「報告、連絡、相談」は三つの意味がある。「指定された仕事が完成したら、直ちに報告」;「よくないことも即ちに報告すること」;「仕事中出てくる問題、直ちに報告」このように、仕事中の進展状況逐一上司に報告すること。

  日本上司が常に部下に「報告、連絡、相談」と要求してあるこそ、沢山の中国社員が「本当に面倒くさいですよね、若しかしたら上司が私に不信任なの」と不平を溢してある。しかし、日本上司がこのような頻繁な報告に基いて部下の仕事状態を把握することだ。このような仕事のプロセスの管理は未然防止に役立つし、問題が小さい時に解決にも有益である。日系企業で仕事の基本的な考え方は「よいプロセスしてこそ初めてよい結果を醸し出せる」こもれ、日系企業の上司たち「報告、連絡、相談」だと要求の理由である。

  日本上司から見ると、部下の仕事過程の管理こそ部下に関心を持つ印しである。一方ではこれも上司責任感が持つ表現である。日本企業中部下のミスに対しては、上司が責任を負うべきである。部下のミスに対して責任を負わない上司は日本社会から恥ずべきである奴だと思われている。それが故に、部下に責任を負う印しは、仕事のプロセスを管理するのは日系企業基本的な遣り方である。

  「組織の力量で仕事をする」のが日本人重んじてある。ですから日常的な「報告、連絡、相談」は不可欠な事である。即ち「部下は上司の力を借りて、関係者との頻りに情報交換によって相互間の価値観と思惟方式一致にする」だと思われ;「認識統一、団体精神を強め」。ですから、日系企業で他人と自分の情報を分ち合われる。尚且つ組織の立場に立って問題を思考する人が好評を博してある。

  然し欧米企業においては、社員は必ず自分やる仕事の結果に責任を負うべきである。頻りに上司に報告する人が無能だと思われ、尚且つ社員の責任を追及し、甚だしいに至っては解雇してしまう。これは欧米企業と日系企業各自違う特徴であり、どちらがよし、どちらが悪しの問題じゃ無くて、問題はどちらの企業に選ぶ、自分のコミュニケーションのやり方も当然その企業向けに訂正すべきである。

  三、積極性があること

  コミュニケーションの第二番目肝心な点は「積極性を持つこと」。周知のように、日本文化に「真髄を味得する」という言い方があり、これも商業社会に現している。日本社会は単一な民族であり、相互間の思惟方式はほぼ同じ、言うまでも無く、相手も自分の考え方が理解する。従って、日本上司は通常あまり明確に命令をすることが無し、部下を指導する時、いつも自分のやり方を垂範するほうが多い、日本の商業社会で、「上司の背中を見ながら学ぶ」の言い方がある。これは日本の商業文化中に「部下は自発的に上司に学ぶ、よい部下は上司の意図をよく観察する」美徳だと見なしてある。

  私の印象中では、沢山の中国ワーカは受動的なタイプであり、いつまでも上司の命令を待つに過ぎない。分け与える仕事しかやらない。然し日系企業では能動的に物事を思考する部下だけが上司に認められる。

  例えば、財務人員としては、ルーチンワークを完成するのは言うまでも無い、常にアドバイスを出さなくてはならない。このようにすれば企業の利潤増加の角度で業務を改善する。このようにすると「能力ある社員」だと思われる。そこで社長の立場に立って問題考え技を磨く必要があり、即ち組織の角度で物事の思考習慣を養う。

  上司の角度から問題を見ると、唯目の前と分配される仕事を完成すればよいじゃなくて、それも一身上の進歩にも有益である。

  沢山の中国人が定額以上の仕事をすると、失敗したら逆に損をする。多めにすればするほど、間違いも多い。逆に日本の企業文化このような挑戦精神を提唱し、挑戦失敗だとしても構いません。然し一存で決めてはいけません。若し上司の許可を得ず、失敗してしまうと、上司が怒るべきである。このような状態で、上司が知らないだとしても、上司が「部下に監督力が弱い」部下失敗に責任を持つ。それ故挑戦する前、先ず上司と相談すべきである。

  四、提案の出す方法

  第三点は提案を出す方法である。日本人は改良意識が持ってあり、現状に満足していない、今日は昨日より良い、明日は今日より良い改良に取組んで価値がある。恐らくこれが百年以上歴史の企業があるだろう。豊田自動車の「改良」戦略は世界でも名が知られている。日本上司は部下に改良意識があるということは非常に期待してある。皆さんは将来日系企業で働く時、できるだけ沢山有益な提案を出しましょう。特に財務人員、もっと会社の立場に立って、社長の意図を理解しならが、社長に提案を出しましょう。でも、私も常に中国ワーカが「日本上司に提案を出しても、受け取れなく、日本人が中国人を信用してない」だと嘆い声が聞こえる。

  実は、日本上司に真面目に意見を聞き取られ、必ずコミュニケーションの技を持ちなければならない。第三点は如何に日本上司受け入れるよう、説得力がある提案をだす。

  先ず、日本人の思惟過程を理解しておき、日本人の思惟過程は系統性があり、基本的に言えば未来を予測の基礎から、綿密なリスク分析してから行動を取る。アイディアがあると直ちに行動を取るじゃなくて、やりながら修正する。ですから日本人がある事を決める時間が基本的に長い。一方では一旦始めると進展も早く。二の次、日本人の行動がとっても慎んであり、安易に態度を表明しない。例えば中国人がよく「問題ない」「構いません、できる」と言い、日本人は 100%自信があってから初めて言います。ですから、沢山の中国人に「問題がありますか」と聞かれると、傍からの返事が「問題ない」そうすると、沢山の日本人が万事めでたしめでたしと考えている。将来皆が日本人と一緒に仕事をする時、この点についてもちゃんと留意しなければならない。「問題ない」だと言った以上、まだ何か問題が起こったら、自分の信用を下げる始末だろう。

  提案の二番目の肝心な点は話の内容について、「データー」と外の会社の事例をもって、日本人を説得できる。自分の感覚と想像に従う提案はなんの説得力もなく。

  慎重な行動を取る日本人は全て発生可能性があるリスクを全面的に考え、部下の提案各角度から発問するのは、部下が確かに細かい所まで行き届けるかを確認したい、決して部下の提案に「重箱の隅を楊枝で穿る」ではありません。しかし、沢山の中国人は日本人の「何故」「何故」のが日本人は中国人に対して不信用だと見なしてある。

  上述の如く、日本上司は部下のやり結果に責任を持つ、ですからよく部下の提案内容を熟考する。従って皆が日本上司提案する時、事前に日本人可能出す問題を仮定して、ちゃんと回答をスタンバイしてから提案を出しましょう。若し正確に質問の回答ができれば、上司は「これは部下が綿密な思考してからの計画であり、安心できる」だと考えられてある。若し「問題ない、多分そうだろう」このように質疑を回答すれば、日本上司に不安を感じさせるしかない。

  提案の第三番目肝心な点は自分の態度である。先ず上司から信用されるのが前提である。

  人間なら誰でも自分信用する人の話が聞き取りやすい。上司の信用を得るよう、自分日常の態度が肝心要である。日本人がワーカ態度に対しては非常に重視してあり、さもなくば、提案内容がいくら素晴らしくても、それに相応しい態度がなければ、「このワーカは口だけ」だと見なし、全然信用できないだと思われる。

  日本企業で、ルーチンワークが確かにちゃんとできれば、常に「報告、連絡、相談」、良いヒューマン。リレーションズと調和能力さえもってあれば、上司からの信用が得られる。一方では責任感がない、仕事振りがいい加減であり、我がままな態度では上司の信用が得られません。

  総じて言えば、若し改善意識が擁すれば、積極的の上司に提案を出したり、尚且つ、提案する前、綿密に分析したり及びリスク対策も考慮したり、日本上司から高い評価が貰える。

  五、纏め

  以上日本上司との愉快な付き合いのコツ三つが紹介しました。「報告、連絡、相談」;「積極性」;「上手く提案を出す」。これらを理解したら、皆日系企業で順調に働けるだと信じている。現在、中国に進入する企業は益々増やして行く、日本語分かる財務人員はいつも欠く状態であり、何れの企業とも「日本語分かる財務人員が欲しい」。従って、将来皆が財務知識を身につける上、日本語と日本の文化が理解できれば、将来は有益なことである。

  上一篇:  日本地理之三大

  下一篇:  日本の食文化

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371