日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 文化娱乐 > 正文

天声人语08年08月29日

2008-09-01 08:40   我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

摇摇欲坠的政权

  釣れた釣れた、さあ帰ろうという時に、水の底から「置いてけ~置いてけ~」の声。江戸に伝わる「置いてけ堀」だ。霞が関村の農水堀にも、昨年来、通りすがりの政治家があれこれと置いていった。地位に名誉、将来まで。あの声がまた、聞こえてきた。

  钓到鱼了钓到鱼了!当钓鱼的男子正打算满载而归的时候,突然从河底传来了“留下鱼儿吧……留下鱼儿吧……”这样的声音。这便是流传于江户时代的民间故事《置行渠》。位于霞关村的农水渠,自去年以来,由此经过的政治家就在这一带留下了种种,包括地位、名誉,乃至将来。而那个声音,如今再次响于耳畔。

  農水相、太田誠一氏の政治団体が、家賃いらずの秘書宅を「主たる事務所」と届け出て、事務所費や人件費を計上していた。この支出に実体があるかどうかが問われている。氏を「育てる会」なる団体は、実のところ、どれほど育てたのか。

  太田诚一氏的政治团体将不需交房租的秘书住宅以“主要办事处”的名义进行申报,并且将事务所费以及人工费入帐。但这笔支出究竟是否属实受到质疑,培养官员的政治团体究竟培养了一些什么东西。

  農水相といえば、安倍内閣で「政治とカネ」の鬼門だった。事務所費にしても、多くの政治家が釈明に追われた因縁の費目だ。それを踏まえたはずの、改造内閣の身辺調査。ザルどころか真ん中に大穴である。残り少ない信頼の水が、音を立ててこぼれている。

  说起农林水产大臣,在安倍内阁之中可谓是“政治与金钱”的鬼门关。而事务所费,也是众多政治家被追问,被要求解释清楚的一笔费用。以此作为根据的改造内阁身边调查,发现隐藏在表面的小孔之下的是大漏洞。原本就所剩无几的信赖之水,咕嘟咕嘟地,流淌而去。

  この際、太田氏は堂々と領収書を示し、歯切れよく説明してほしい。口が重い人ではない。中国製ギョーザの中毒事件では「消費者がやかましいから(国内対策を)徹底していく」と言い放った。そう、国民は政治家のカネ繰りにも余計な関心を寄せる、いや、やかましい。

  此刻,真希望太田能够坦荡不惧地拿出收据,然后一字一句地把事情交待清楚。此人原本不是一个沉默寡言之人。中国水饺中毒事件中,他还大肆放言出来“消费者太聒噪了,得进行彻底的国内对策。”是啊,国民对政治家如何筹措资金的多余的关心,确实令人讨厌啊,多聒噪啊。

  耳を疑う「集団レイプをする人はまだ元気があっていい」は5年前。古傷の再録は本意ではないが、大臣という地位を得た後の「生傷」がいけない。選んだ人の眼力も怪しい。

  5年前,因为一句“那些做过集体强暴的人还那么有精神,真好啊”让人们大吃一惊。揭老底实非本意,但是在登上大臣的宝座后,再起“新伤”那可不行。选人者的眼光也很奇怪。

  「安心実現」内閣だという。民の心配ごとが山とある時、危機感を欠いた「慢心失言」内閣では、有権者からおいてけぼりを食らうだろう。秋風に乗り、政権末期のにおいが漂う。

  国会立志组建一个“安定现实”的内阁。当国民的担忧堆积如山时,内阁之中仍有人欠缺危机感地大放厥词,恐怕会被当权者弃之不理了吧。借秋风之势,政权摇摇欲坠的味道,溢满整个日本上空。

  1.置行堀(おいてけぼり、おいてきぼり)は、本所(東京都墨田区)を舞台とした本所七不思議と呼ばれる奇談·怪談の1つで、全エピソードの中でも落語などに多用されて有名になった。「置いてけぼり」の語源とされる。

  江戸時代の頃の本所付近は水路が多く、魚がよく釣れた。ある日仲の良い町人たちが錦糸町あたりの堀で釣り糸を垂れたところ、非常によく釣れた。夕暮れになり気を良くして帰ろうとすると、堀の中から「置いていけ」という恐ろしい声がしたので、恐怖に駆られて逃げ帰った。家に着いて恐る恐る魚籠を覗くと、あれほど釣れた魚が一匹も入っていなかった。

  2.秘書自宅を事務所として多額の経費計上

  2008年8月26日に、政治団体「太田誠一代議士を育てる会」が秘書官の自宅を事務所として届け、2005、2006年の2年間、事務所費計約550万円を含め、合計約2,340万円の経常経費を計上していたことが発覚した。さら8月27日、2000~2002年の3年間にも計2,483万円を計上していたことが分かった。2005、2006年分と合わせ、5年間の合計は4,823万円に上る。秘書官宅には事務所の表札などはなく、通常の民家であった。太田農相は「落選中は議員会館が使えず、東京の活動拠点としてやむなく事務所を借りた」と説明した。

  上一篇:  中国明星简介:古天乐

  下一篇:  中国明星简介:胡兵

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371