日语辅导热招
您的位置:外语教育网 > 日语 > 日本留学 > 正文

日本留学之饭团需要加热吗

2010-09-09 17:41   来源:外语教育网       我要纠错 | 打印 | 收藏 | | |

  日本留学之饭团需要加热吗——你知道在日本留学时便利店的饭团是否需要加热吗?现在就和外语教育网一起来看看日本留学之饭团需要加热吗,让你知道更多的生活常识。

  私は生まれてからずっと東京に住んでいます。コンビニのおにぎりが大好きで、買った回数は計り知れず。つい先日、会計レジに梅のおにぎりを出したところ、店員さんが一言「温めますか?」と聞いてきました。「え?」と一瞬耳を疑った私は「あ、いいです」とすぐさま断わりましたが、やはり温めてもらえばよかった…と保守的な自分にちょっとした嫌悪感を覚えたことがあります。ともかく、おにぎりを温めるかと聞かれたのは、これが生まれて初めての経験でした。

  我出生以来一直住在东京。因为非常喜欢便利店的饭团,数不清买了多少次了。就在前几天,把梅子饭团递给收银时,店员问我:“要加热吗?”“嗯?”当时我以为自己听错了,然后随即就拒绝了:“啊,不用了。”但过后觉得还是加热了好呢…一时有点儿讨厌保守的自己。话说,这是我有生以来第一次被问饭团要不要加热。

  このように東京に住んでいれば、おにぎりを温めるか?と聞かれることは滅多にありません。とはいえ、それが日本全国の常識と考えるのは、東京者の傲慢(ごうまん)というもの。教えて!gooにも、おにぎりを温めるか、否かについての質問がありました。

  住在东京,很少像这样被询问要不要加热饭团。但日本全土都这么做的话,就是东京人的傲慢了。【教えて!goo】上也有人问要不要加热饭团的相关问题。

  「コンビニおにぎりを温める文化について」

  “关于便利店饭团加热文化”

  質問者は埼玉県在住で、今まで「温めるか?」と聞かれたことはほとんどないそうですが、九州出身者に「温めない関東は変」と指摘され、「みなさんの地域のコンビニではいかがですか?」と質問したところ、様々な地域から回答が寄せられました。

  提问者现居住于琦玉县,好像没被问过“需不需要加热饭团?”,被九州出身的人指出“不加热饭团的关东很奇怪”,于是发帖询问“大家所在地的便利店如何?”收到了居住在不同地区的人的回答。

  「北海道在住ですが、コンビニでおにぎりを購入したときは必ず「温めますか?」と聞かれますね」(fuugaさん)

  “我在北海道,在便利店买便当必定会被问‘要加热吗?’”(fuuga)

  「主に群馬県と栃木県で生活してます。おにぎりの種類に関係なく、「温めるか?」と聞かれます」(ikadevilさん)

  “我主要在群马县和枥木县生活。不论买什么种类的饭团,都会被问‘要加热吗?’”(ikadevil)

  「愛媛県です。おにぎりの種類により聞かれます。マヨネーズ系やいくら・生明太子などは言われません」(tarankoさん)

  “我住在爱媛县。会根据饭团的种类询问。蛋黄酱系列和鲑鱼籽饭团、生鱼籽饭团之类的就不会问。”(taranko)

  北海道では「おにぎりあたためますか」というテレビ番組もあるぐらい常識のようです。

  北海道甚至有“饭团要加热吗?”的电视节目。

  ■20年以前は、どこの店でも「温めますか?」と聞いていた

  ■20年前,哪儿的便利店都会问“要加热吗?”

  実際にコンビニで働いていた方の意見も。

  实际上,在便利店工作过的人也发表了意见。

  「都内の某コンビニでバイトしていたときは、特に「温めますか?」という事を伺うような教育は受けていませんでした。ただ、「温めてください」とお客様から言われる事があったので、言われる前に伺うという風潮でした」(arukamunさん)

  “我曾在都内一家便利店打工,当时没有被特意培训要问客人需不需要加热。只是有客人要求过‘请给我热一下’,因此形成了在客人要求之前先问一声的风潮。” (arukamun)

  「最初のころは(今から20年くらい前)、どこの店でも「温めますか?」って言っていたと思います」(konojiさん)

  “我觉得最初(20年前),哪儿的店都会这么问。” (konoji)

  少なくとも東京では、おにぎりを温めるといったマニュアルはなさそうです。とはいえ、20年前はあったという意見もあり、サービスを試行錯誤するうちに行わなくなったのかも知れません。温めるかと聞かれることがあるのは、そのお店独自のサービスということになりそうですね。私は比較的寒い地域が多いのかな?と思っていましたが、

  至少东京没什么加热饭团的指南,但也有人指出20年前有,可能在服务尝试的过程中去掉了。看来询问需不需要加热好像是那家店独有的服务呢。那么比较寒冷的地区会不会比较多呢?

  「(テレビ番組で)実際に沖縄の町中でインタビューして、みなさんは「え?全国どこでも温めるんじゃないの?」って逆に驚いてました」(amisukeさん)

  “(电视节目)在冲绳街上进行了实际采访,那儿的人反而比较吃惊:‘唉?不是全国各地都加热吗?’” (amisuke)

  と、沖縄のコンビニではおにぎりを温めるのが常識らしく、暑い寒いは関係なさそう。やはり、おにぎりを温めるサービスの有無は地域によって異なるようです。温めるなんて考えもしない地域もあれば、温めるのが当然と思っている地域もある。東京で温めないからといって、それを全国的な常識だと思うのは、やめたほうがいいかもしれませんね。私は次に温めるか?と聞かれたら、絶対温めてもらおうと思っています。

  看来,冲绳的便利店一般会加热饭团,好像和天气冷热没有什么关系。饭团加热服务果然还是和地域有关系,有些地区压根儿就不会考虑这个问题,也有地区认为加热再正常不过。不要再因为东京不加热就认为这是全国的常识了。下次再被问,我一定请他们给加热。

  推荐阅读:

  日本文化之老黄历 
  与杜拉拉一起游遍日本伊豆
  日本风情之小镇小吃
  日本留学申请再提前
  日本留学前的合理规划

相关资讯:
网站导航:
 四六级 指南 动态 经验 试题 资料  托福 指南 动态 经验 留学 备考
 雅思 指南 动态 机经 经验 辅导  公共英语 指南 动态 备考 试题 辅导
 日语 就业 辅导 留学 考试 报考  法语 资料 文化 考试 留学 辅导
 韩语 入门 口语 阅读 留学 文化  西语 辅导 资料 考试 留学 风采
日语0-N2 级直通车 系统讲解考点,轻松应对考试
课时数:20课时
日本语能力测试N1 解读命题特点,稳步提升能力
课时数:20课时
日本语能力测试N2 解题命题精髓,成功征服考试
课时数:15课时
日本语能力测试N3 揭秘答题技巧,直达高分成绩
课时数:15课时
日本语能力测试N4 剖析做题技巧,全面提升能力
课时数:6课时
日本语能力测试N5 提炼考试精华,逐步精通日语
课时数:3课时

外语教育网(www.for68.com)是北京东大正保科技有限公司(CDEL)旗下一家大型外语远程教育网站,正保科技成立于2005年7月,是国内超大型外语远程教育基地,上榜“北京优质教育资源榜”--“百万读者推崇的网络教育机构”。


公司凭借雄厚的师资力量、先进的网络视频多媒体课件技术、严谨细致的教学作风、灵活多样的教学方式,为学员提供完整、优化的外语课程,既打破了传统面授的诸多限制,发挥了网络教育的优势,也兼顾面授的答疑与互动特点,为我国培养了大量优秀的外语人才。


为了满足学员学习不同语种、不同阶段的学习需求,网站开设了包括考试英语、行业英语、实用口语以及小语种在内的百余门语言学习课程,涵盖英语、日语、韩语、俄语、德语、法语、西班牙语、意大利语、阿拉伯语等主要语种,供学员自由选择。此外,网站还拥有各类外语专业信息和考试信息20余万条,是广大学员了解外语类考试最新政策、动态及参加各语种培训的优质网站。


北京东大正保科技有限公司成立于2000年,是一家具备网络教育资质、经教育部批准开展远程教育的专业公司,为北京市高新技术企业、中国十大教育集团、联合国教科文组织技术与职业教育培训在中国的唯一试点项目。


公司下属13家行业远程教育网站,业务涵盖了会计、法律、医学、建设、自考、成考、考研、中小学、外语、信息技术、汉语言教学等诸多领域,拥有办公面积8000多平米,员工近千人,公司年招生规模达270万人。由于正保远程教育(China Distance Education Holdings Ltd., CDEL)在中国互联网远程教育行业内的绝对优势和强大影响力,正保教育模式一直被广大投资人所追捧。2008年7月30日,公司在美国纽约证券交易所正式挂牌上市(股票交易代码:DL),是2008年唯一一家在美国纽交所上市的专业从事互联网远程教育的中国企业。


版权声明
   1、凡本网注明 “来源:外语教育网”的所有作品,版权均属外语教育网所有,未经本网授权不得转载、链接、转贴或以其他方式使用;已经本网授权的,应在授权范围内使用,且必须注明“来源:外语教育网”。违反上述声明者,本网将追究其法律责任。
  2、本网部分资料为网上搜集转载,均尽力标明作者和出处。对于本网刊载作品涉及版权等问题的,请作者与本网站联系,本网站核实确认后会尽快予以处理。
  本网转载之作品,并不意味着认同该作品的观点或真实性。如其他媒体、网站或个人转载使用,请与著作权人联系,并自负法律责任。
  3、本网站欢迎积极投稿
  4、联系方式:
编辑信箱:for68@chinaacc.com
电话:010-82319999-2371